南条あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なんじょう あや
南条 あや
本名 鈴木純
生年月日 (1980-08-13) 1980年8月13日
没年月日 (1999-03-30) 1999年3月30日(18歳没)
出生地 東京都世田谷区
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 153cm
血液型 О型
職業 ネットアイドルフリーライター
ジャンル メンタルヘルス
活動期間 1998年 - 1999年
配偶者 なし

南条 あや(なんじょう あや、1980年8月13日 - 1999年3月30日)は東京都世田谷区出身のメンタルヘルスネットアイドルフリーライター。「南条 あや」はハンドルネームであり、本名は「鈴木純(すずき じゅん)」である。成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)卒。

生涯[編集]

高校3年生の頃に町田あかね(薬事ライター)のウェブサイト「町田あかねのおクスリ研究所」(現在閉鎖)上に「精神病と向精神薬に関する体験談募集」に対してメールを送ったところ、その文才が評価されたことから1998年5月28日1999年3月17日まで日々を綴った日記を公開し始める(実際の公開は自身が行っていたわけではなく、日記の文章をEメールで町田に送信し、その日記メールを受信した町田が南条あやの日記として「町田あかねのおクスリ研究所」内にアップロードしていた)。サイトの独立前は日記の下部に、毎回町田のコメントが記載されていたが、独立後はコメント部分が削られている。

心に病を抱えた内容を吐露した日記は同好の士を中心に多くの人々から支持を集め、ファンクラブも結成されるまでに至る。また、当時はメールマガジン方式の会報を不定期発行していた。趣味の一つのカラオケに友人を誘ってはよくカラオケボックスに出掛けたり、リストカットの衝動を抑えるために献血に精を出していた。

しかし、卒業式を終えて20日後の1999年3月30日正午ごろ、一人でカラオケボックスに入店し、その後3時間の間に向精神薬を大量に服用し昏睡状態で病院に搬送される。蘇生処置をするが、その後死亡。まだ18歳の若さだった。しかし、本人は薬物にたいしての知識が十分あり、服用した薬も致死量には満たなかった。そのため、本人に明確な死の意思があったかは不明。未だに推定自殺とされているが、司法解剖の結果、日常的に繰り返した自傷行為により、心臓の弁に穴が空いていたことが結果としての死に結びついた。20歳になったら年上の恋人結婚することになっていたが、彼女の死によってかなわぬものとなった。葬儀にはファンも参列し、葬儀に行けなかったファンらはネット葬を行った。

代表作としてに『終止符』(死の前に恋人にメールで送られた)、著書に下記『卒業式まで死にません』がある。

人物[編集]

3歳の頃に両親が離婚。母親は名古屋市再婚し、一度は母親に引き取られ義父らと暮すが、折り合いの悪さもあって後にイタリアンレストランを経営する父親に引き取られ、都内のアパートで父子2人の環境で育つ。小学校を卒業するまでにいじめ不登校を経験。小学校時代の同級生からのいじめから逃れるため地元の中学校へは行かず、私立中学校に進学したが、そこでもいじめを受けた。

中学1年生の頃からはリストカットをするようになり、晩年には慢性化していた。高校3年生だった1998年7月27日から1998年10月2日まで大学附属病院精神科閉鎖病棟へ入院する。通学していた学校の制服を非常に気に入っており大切にしていた。自身のウェブサイトでもそのセーラー服姿を公開している。

プロフィール(1998年当時の本人作成のものから)[編集]

メディアへの登場[編集]

誌面[編集]

  • GON!(ミリオン出版)“通院日記” 1998.6
  • GON!(ミリオン出版)“入院日記” 1998.11
  • 別冊宝島宝島社)“おかしいネット社会”インタビュー 1999.1
  • 別冊宝島(宝島社)“自殺したい人々”ネットアイドル遺稿 1999.5
  • テレパル小学館火曜ファイルの番組紹介、サイト紹介 1999.8
  • 新潮社)9月号 (自称)婚約者の寄稿文掲載 2000.8
  • 週刊金曜日(株式会社金曜日)サイト取材 2000.11.10
  • www イエローページ(エーアイ出版)サイト掲載 2001.4.11

テレビ番組[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]

[ヘルプ]