カマンベールチーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カマンベールチーズ
カマンベールチーズ
製造工場(北海道)

カマンベールチーズ: Camembert cheese)は、フランスカマンベール: Camembert)原産のチーズのひとつ。AOC取得が1983年と遅かったため、カマンベール自体はもはや法的に保護された名称ではなく、世界各地で生産されている状態となっている(種類も参照)[1][2]

概要[編集]

軟質チーズの表面に白いカビ(学名:Penicillium camembertiPenicillium candidum。生物種としての Penicilliumはアオカビ[3][4])を生やして熟成させる。チーズの女王とも呼ばれる。1791年頃にマリー・アレルによって発明された。コクとうまみがあり、赤ワインとよく合い、料理にもよく使用される。日本国内では、殺菌して熟成が進まないようにしたパック入りや缶入りのものが多く出回っている。

チーズケーキの材料として使用されることもある。

種類[編集]

出典[編集]

  1. ^ 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、38頁。ISBN 4-16-660182-2 
  2. ^ 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、132頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  3. ^ カビ対策マニュアル 基礎編-文部科学省
  4. ^ ミニ講演 「食べ物のカビの世界」 - 神奈川県衛生研究所
  5. ^ a b 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、133頁。ISBN 978-4-560-09202-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]