この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大竹里歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大竹 里歩
Riho Ohtake
デンソー・エアリービーズ  No.12
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-12-23) 1993年12月23日(24歳)
出身地 神奈川県横浜市
ラテン文字 Riho Ohtake
身長 182cm
体重 65kg
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
愛称 リホ
ポジション MB
指高 235
利き手
スパイク 306cm
ブロック 299cm
 
獲得メダル
グラチャン
2013 女子バレーボール
テンプレートを表示

大竹 里歩(おおたけ りほ、女性、1993年12月23日 - )は、日本バレーボール選手。Vプレミアリーグデンソー・エアリービーズに所属。

来歴

神奈川県横浜市出身。実父は全日本で活躍した大竹秀之[1]。弟(大竹壱青)もバレーボール選手[2]

茅ヶ崎東小6年[3]の時に山下ジュニアでバレーボールを始める[4][5]

東京の淑徳SC中から下北沢成徳高校に進学。3年次には主将として第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会において優勝した東九州龍谷高校をあわやというところまで追い詰め、3位入賞の原動力となり優秀選手賞を獲得した[6]

2011年12月、デンソー・エアリービーズに入団が決定し[7]、2012年3月のセミファイナルラウンド(対東レ戦)でプレミアデビューを飾った。

2012年4月、全日本メンバーに追加登録された[8]。同年9月、第3回アジアカップ女子大会の日本代表メンバーに選出された[9]

2013年モントルーバレーマスターズに出場、同年8月のFIVBワールドグランプリにてアルジェリア戦でスタメン出場、続くトルコ戦では11得点をあげる活躍で勝利に大きく貢献した。

2014年6月、東京オリンピックの強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[10]

エピソード

デンソーのチームメイト鍋谷友理枝とは幼なじみで中学時代のチームメイトでもある。実父と鍋谷の父は法政二高当時のチームメイトで、卒業後も家族ぐるみのつきあいをしていた。

親交のあった松平康隆の直筆「負けてたまるか」の色紙がお守り代わりで、春高バレー直前に訃報に接して思いを新たにしたという[11]

所属チーム

球歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[12]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2011/12 デンソー 0 0 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0 内定選手
2012/13 28 45 209 86 41.1% % 14 0.31 163 5 3.06% 11.4% 5 80.0% 105
2013/14 チャレンジリーグの為、記録を記載せず。
2014/15 21 77 448 168 37.5% % 42 0.55 215 4 1.86% 8.7% 7 42.9% 214
2015/16 21 80 509 179 35.2% % 55 0.69 166 4 2.41% 13.3% 7 85.7% 238

脚注

  1. ^ SANSPO. “大竹の父・秀之さん「成長した」/春高バレー”. 2012年3月26日閲覧。
  2. ^ SANSPO. “「全日本」DNAサク裂!東亜学園・大竹Jr.3年ぶりVだ/春高バレー”. 2014年1月23日閲覧。
  3. ^ 小5からという報道もある。 (松平さんに届け!大竹娘1勝/高校バレー - 日刊スポーツ 2012年1月7日
  4. ^ スポーツ報知 2013年9月9日6面 「伝説のオリンピアン2020年への金言」
  5. ^ スポーツ報知. “19歳・大竹、リオ第一歩!父と親子五輪出場だ”. 2013年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月12日閲覧。
  6. ^ 月刊バレーボール 2012年2月号 21ページ
  7. ^ デンソー・エアリービーズ. “デンソー女子バレーボール部への新人選手の加入について”. 2012年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月19日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “2012ロンドンオリンピック世界最終予選 全日本女子エントリーメンバー20名発表”. 2012年4月18日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “第3回アジアカップ女子大会全日本メンバー”. 2012年9月5日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  11. ^ msn産経ニュース. “下北沢成徳・大竹里歩 松平氏に捧げる最高のプレー”. 2013年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月26日閲覧。
  12. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2016年2月1日閲覧。

参考文献

  • 月刊バレーボール2012年3月号 44-46ページ(日本文化出版刊)

外部リンク