横山友美佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 友美佳
YOKOYAMA Yumika
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-03-02) 1987年3月2日
ラテン文字 YOKOYAMA Yumika
身長 189cm
体重 74kg
選手情報
ポジション WS
スパイク 303cm
ブロック 294cm
テンプレートを表示

横山 友美佳(よこやま ゆみか、1987年3月2日 - 2008年4月17日)は、日本の元バレーボール選手。中国北京市生まれ。山梨県甲府市出身。

来歴[編集]

小学校3年生より体力強化のためにバレーボールを始める。10歳の時、甲府市へ移住し、その後日本国籍を取得。甲府市立城南中から下北沢成徳高校に入学。1学年先輩の木村沙織と共に将来を嘱望され、高校1年生時に春高バレー準優勝を経験。

2004年、高校2年生で全日本代表に初選出。アテネオリンピックには出場できなかったが、7月に開催されたワールドグランプリに最年少メンバーとして出場した。同年9月、アジアジュニア選手権準優勝。

その後、2005年3月に発症したがん治療のため、国立がんセンター中央病院へ入院し院内の都立墨東養護学校(現東京都立墨東特別支援学校)いるか分教室へ転校。2006年4月早稲田大学教育学部に入学するも、がん再発のため6ヶ月で自主退学した。

2008年4月17日横紋筋肉腫のため死去。21歳没。

2010年10月25日TBS系列で、横山の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された[1]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
甲府市立城南中学校下北沢成徳高等学校

人物・エピソード[編集]

  • 尊敬する選手は、高校の先輩であった大山加奈
  • 実妹もバレーボール選手であり、ユース日本代表にも選出されている。
  • 親友である木村沙織は何度もお見舞いに訪れたという。(月刊バレーボール2008年6月号)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 相武&比嘉でドラマ化 バレー日本代表“絆の物語” スポーツニッポン 2010年9月20日閲覧

外部リンク[編集]