この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

黒後愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒後 愛
Ai Kurogo
東レ・アローズ  No.13
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-06-14) 1998年6月14日(20歳)
出身地 栃木県宇都宮市
ラテン文字 Ai Kurogo
身長 180cm
体重 70kg
血液型 B型
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 アイ
ポジション WS
指高 237cm
利き手
スパイク 306cm
テンプレートを表示

黒後 愛(くろご あい、女性、1998年6月14日 - )は、日本バレーボール選手である[1]V.LEAGUE Division1の東レ・アローズに所属している[2]

来歴

栃木県宇都宮市出身。バレー一家に生まれ、父は宇都宮大学女子バレーボール部監督で同教授の黒後洋(1965年 -)[3][4][5][6]、5歳年上の姉も選手で國學院大學栃木高等学校時代は、春の高校バレーに出場、宇都宮大学に進みバレーボールを続けた[7]

両親と姉の影響で小学3年次よりバレーボールを始める[8]市立若松原中学校2年次には全日本中学選抜に選出された。3年で出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、栃木県代表チームは2回戦敗退[9]ながら優秀選手賞を獲得している[10]

下北沢成徳高校進学後、2014年6月には東京オリンピックの強化選手であるTeam COREのメンバーに選出された[11]。2015年には全日本ユース代表に選出され、2015年8月に開催された第14回世界ユース女子選手権大会に出場し、ベストサーバーに選出された[12]。国内大会では2015年の春高バレーでベスト8、2016年の同大会では優勝の原動力となりMVPを獲得した[13]。5月に開催された第65回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では、グループ戦敗退ながらデンソーにフルセット勝ちし[14]若鷲賞を受賞した[15]。同年夏のインターハイでも優勝の原動力となり、ベスト6及び優勝選手賞を獲得した[16]

翌2017年の春高では、下北沢成徳の大会二連覇に大きく貢献してMVPに耀いた[17]。同月、V・プレミアリーグ東レ・アローズは黒後の入団内定を発表した[2]。同年3月、全日本メンバーに登録され[18]、同年9月に開催された2017年ワールドグランドチャンピオンズカップの出場メンバーに登録された[19]

2017年10月22日のVプレミアリーグ開幕戦(対トヨタ車体クインシーズ戦)にスタメン出場して、13得点(スパイク12得点、ブロック1得点)をあげてVプレミアデビューを果たした[20]。2017/18シーズンのレギュラーラウンドでは、東レの攻守の中心として活躍し、最優秀新人賞を獲得した[21]

2018年 世界選手権の前哨戦ネーションズリーグで国際大会デビューを果たしチームトップの点を挙げた。

球歴

  • 全日本ユース代表 - 2015年
  • 全日本ジュニア代表 - 2016年-
  • 全日本代表 - 2017年-

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[23]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2017/18 東レ 21 80 699 236 33.8% % 11 0.14 315 24 % 12.0% 664 54.2% 271
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 東レ・アローズ. “東レアローズ女子バレーボール部への新人選手入部について”. 2017年1月27日閲覧。
  3. ^ 「2018世界バレースペシャルBOOK RED A GO! GO!」、『月刊バレーボール』(2018年11月号臨時創刊)、日本文化出版 pp. 14
  4. ^ 宇都宮大学ホームページ(課外活動)
  5. ^ 宇都宮大学(研究者総覧)
  6. ^ good time
  7. ^ 「2018世界バレースペシャルBOOK RED A GO! GO!」、『月刊バレーボール』(2018年11月号臨時創刊)、日本文化出版 pp. 10
  8. ^ 【目指せ!アジア大会の頂点】(3)バレー・黒後愛、春高のスターから20歳日本のエースに”. サンケイスポーツ (2018年8月16日). 2018年11月16日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “JOCジュニアオリンピックカップ 第27回全国都道府県対抗中学校バレーボール大会 決勝トーナメント戦結果”. 2016年11月22日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “JOCジュニアオリンピックカップ 第27回全国都道府県対抗中学バレーボール大会 特別表彰選手”. 2016年11月22日閲覧。
  11. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月26日閲覧。
  12. ^ FIVB. “STATISTICS”. 2015年8月17日閲覧。
  13. ^ フジテレビ. “第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会 受賞一覧”. 2016年1月10日閲覧。
  14. ^ 第65回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 女子グループ戦結果”. 日本バレーボール協会. 2017年4月8日閲覧。
  15. ^ 第65回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 特別表彰選手(女子)”. 日本バレーボール協会. 2017年4月8日閲覧。
  16. ^ 『月刊バレーボール』2016年9月号 15ページ
  17. ^ 春高バレー2連覇の下北沢成徳エース 黒後愛(くろご・あい)さん18歳”. sankei.com. 2017年2月13日閲覧。
  18. ^ 2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年3月24日閲覧。
  19. ^ 全日本女子メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年8月25日閲覧。
  20. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構. 2017年10月21日閲覧。
  21. ^ 2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果”. Vリーグ機構. 2018年3月25日閲覧。
  22. ^ 代表エース候補 膨らむ夢 Vリーグ 宇都宮出身・黒後愛選手”. 東京新聞 (2018年3月22日). 2018年11月16日閲覧。
  23. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月21日閲覧。

外部リンク