高橋有紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 有紀子
Yukiko Takahashi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-11-12) 1967年11月12日(51歳)
出身地 長野県須坂市
ラテン文字 Yukiko Takahashi
身長 168cm
体重 55kg
選手情報
愛称 ユッコ
ポジション S
利き手
スパイク 315cm
ブロック 307cm
テンプレートを表示

高橋 有紀子(たかはし ゆきこ、現姓:鬼頭、女性、1967年11月12日 - )は、日本の元バレーボール選手、ビーチバレー選手、バレーボール指導者である。長野県須坂市出身。ニックネームはユッコケイブロス所属。

来歴・人物[編集]

中学時代はエースアタッカーとして全国大会で優勝。八王子実践高校ではセッターに転向し、同級生の大林素子らと春高バレー準優勝、国体優勝を経験した。

1986年日立に入社。ルーキーイヤ-の第20回日本リーグでは、レギュラーセッターの中田久美の故障によりレギュラーに抜擢され、前人未踏のリーグ6連覇に大きく貢献し[1]、自らもベスト6賞・新人賞の2冠に輝いた。1988年ソウル五輪に出場している。

1989年日立を退社し、富士通長野を経て1990年小田急に入社。1992年バルセロナ五輪に出場後、ビーチバレーに転向した。

初めてビーチバレーが五輪種目に採用された1996年アトランタ五輪では日立・小田急の同期だった藤田幸子とペアを組み5位に入賞した。藤田の引退後は、佐伯美香とペアを組み2000年シドニー五輪では4位に入賞した。

オリンピックインドアで2回、ビーチバレーで2回の4大会連続出場し、全てにおいて入賞を果たした唯一の日本人女子バレーボール選手である。また、日本の女子選手として夏季オリンピックに4大会連続して出場したのは高橋が最初である。

現在でも選手として大会に参加する一方で、テレビ中継等の解説業も行っている。2008年北京五輪でもビーチバレー競技の解説を務めた。

2009年から4年間、ビーチバレー女子ジュニア監督を務め、アジアツアーU-21選手権で史上初となる銀メダル獲得に導いた[2]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
墨坂中→八王子実践高等学校日立(1986-1989年)→富士通長野(1989-1990年)→小田急ジュノー(1990-1992年)→ビーチバレー(1993年-)

エピソード[編集]

  • 既にビーチバレーに転向していた1995年、第1回Vリーグで入替戦回避に向けて必死の戦いを続けていた小田急ジュノーの選手として試合に出場し、一時的にインドアに復帰していた事がある(高橋の復帰はこのリーグ限り)。出場機会はピンチサーブ等、決して多くは無かったが、最終的にチームは入替戦を回避した(6位)。

脚注[編集]

  1. ^ Vリーグ機構. “第20回日本リーグ 【優勝】日立”. 2013年3月20日閲覧。
  2. ^ 『ビーチバレーボールスタイル』2013年6月 Vol.17 50-51ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]