この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

内田暁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 暁子
(旧姓内田)
Akiko Uchida
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-11-30) 1985年11月30日(32歳)
出身地 東京都江東区
ラテン文字 Akiko Uchida
身長 173cm
体重 64kg
血液型 O型
選手情報
所属 ビーチバレー
愛称 キョウ
ポジション WS
指高 223cm
利き手
スパイク 290cm
テンプレートを表示

内田 暁子(うちだ あきこ、現姓:長谷川、女性、1985年11月30日 - )は、日本の元バレーボール選手、ビーチバレー選手。東京都江東区出身。ニックネームはキョウプレミアリーグNECレッドロケッツに所属していた。現在はNTTコムウェア所属[1]

来歴

友達に誘われて小学校4年生よりバレーボールを始める。文京女子中・高校を経て、青山学院大学に進学。2006年、大学5冠達成に貢献。第5回東アジア地区バレーボール選手権大会において活躍した。

2007年には主将を務め、関東大学リーグにおいてMVPやベストスコアラーなどを獲得。同年6月に行われたバンコクユニバーシアード大会において5位入賞に貢献した。2009年7月のユニバーシアードベオグラード大会にも出場した。

2008年、NECレッドロケッツに入部。2008-09Vプレミアリーグで4シーズンぶりの四強進出に貢献した。2011年度からチームの副主将、2012年度から主将を務めている[2]。2012年のVサマーリーグで2連覇に大きく貢献した。2012/13Vプレミアリーグではレギュラーラウンド1位の好成績を残し、続く第62回黒鷲旗大会で準優勝を果たした。

2013年5月、ビーチバレー選手の長谷川徳海と結婚[3]

2014年6月、NECを勇退し[4]、同年11月にビーチバレー選手としてJVAビーチバレーボール強化指定候補選手に選出された[5]

2015年7月に開催されたJVAビーチバレーボールシリーズA行橋大会で永田唯とのペアで、同シリーズの初優勝を果たした[6]

2018年アジア競技大会で夫婦そろって日本代表に選ばれる[1]

球歴

  • 所属チーム履歴
東川小(大島中央エンジェルス)→文京学院大学女子中→文京学院大学女子高校青山学院大学NECレッドロケッツ(2008-2014年)
  • ユニバーシアード代表 - 2007年、2009年

脚注

  1. ^ a b ““異色”選手たちが意気込み 射撃の親子、ビーチバレーの夫婦/アジア大会”. サンケイスポーツ. (2018年8月13日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180813/spo18081320070009-n1.html 2018年8月14日閲覧。 
  2. ^ NECレッドロケッツ. “NEC女子バレーボール部新体制および勇退選手・スタッフのお知らせ”. 2012年11月16日閲覧。
  3. ^ 月刊バレーボール 2013年10月号 121ページ
  4. ^ NECレッドロケッツ. “NEC女子バレーボール部 2013年度勇退選手・スタフのお知らせ”. 2014年6月2日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “JVAビーチバレーボール強化指定候補選手”. 2014年11月20日閲覧。
  6. ^ 日本バレーボール協会. “男子は村上斉/高橋巧組、女子は長谷川暁子/永田唯組が優勝! 2015JVAビーチバレーボールシリーズA行橋大会”. 2015年7月13日閲覧。

参考文献

外部リンク