この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大貫美奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大貫 美奈子
Minako Onuki
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-10-15) 1972年10月15日(46歳)
出身地 東京都葛飾区
ラテン文字 Minako Onuki
身長 173cm
体重 67kg
血液型 B型
選手情報
愛称 ミナコ
ポジション S
指高 229cm
利き手
スパイク 300cm
ブロック 297cm 
テンプレートを表示

大貫 美奈子(おおぬき みなこ、1972年10月15日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。東京都葛飾区出身。ニックネームはミナコ

来歴

小学校3年生よりバレーを始める。共栄学園高校2年生時に春高バレー出場。1989年世界ユース選手権では日本選手としてただ一人の個人賞(レシーブ賞)を獲得する。

1991年NECレッドロケッツに入団。 第1回Vリーグから出場しており、第10回Vリーグ(2003-04年)終了時点で連続出場セット数が700を超え、特別賞を受賞。1998年の世界選手権において正セッターとして出場した。1999年のワールドカップでは控えに回ったが、ライト兼ピンチサーバーで活躍する試合もあり、全日本の切り札となった。2001年のグラチャンにはライトの控えながら、要所で起用され、最終戦のアメリカ戦は自身のサービスエースで試合を決着させ、日本を銅メダルに導いた。第6回Vリーグの全勝優勝をはじめ、第9回、第11回大会で優勝を経験するなどNECの中心選手としても長年活躍した。2007年4月、Vリーグ出場試合が武富士バンブー足立留美と共に女子選手歴代1位の275試合(当時)となり、リーグ40回大会を記念し創設された『Vリーグ特別表彰制度』で長期活躍選手として特別表彰された。

2008年2月2日、東レアローズ戦において、Vリーグ初の通算1000セット出場を達成した。記録に表れている通りのタフさから鉄人の異名を持っていた。

2008年5月、現役引退。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
東金町ビーバーズ→金町中学校→共栄学園高等学校NECレッドロケッツ(1991-2008年)
  • 受賞歴
    • 1991年 - 第40回黒鷲旗全日本選手権 若鷲賞
    • 2002年 - 第8回Vリーグ サーブ賞
    • 2003年 - 第9回Vリーグ ベスト6
    • 2004年 - 第10回Vリーグ 特別賞
    • 2005年 - 第11回Vリーグ ベスト6
    • 2007年 - プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

外部リンク