この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

津雲博子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津雲 博子
TSUKUMO Hiroko
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-09-11) 1970年9月11日(48歳)
出身地 広島県広島市安佐南区
ラテン文字 TSUKUMO Hiroko
身長 175cm
体重 65kg
血液型 B型
選手情報
愛称 リン
ポジション L
指高 223cm
利き手
スパイク 295cm
ブロック 285cm
テンプレートを表示

津雲 博子(つくも ひろこ、現姓:吉川、1970年9月11日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。広島県広島市安佐南区出身。ニックネームはリン

来歴

小学校からバレーボールを始め、広島商業高校2年生の時国体出場。1989年クラボウに入社。しかしチームは廃部となり、カネボウへ移籍も再びチーム解散。

1993年NECレッドロケッツに入団しライト・レフトプレイヤーとして活躍。キャプテンも務めた。1997年全日本代表初選出。同年ワールドグランドチャンピオンズカップで新設(試験採用、翌年正式採用)された、全日本リベロ第1号となる[1]

1998年世界選手権1999年ワールドカップなどで活躍。ワールドカップでは、ベストサーブレシーバーとベストレシーバーの個人タイトルを獲得し、世界No.1リベロと称された。 2000年シドニーオリンピックは予選で敗退し、オリンピック出場はならなかった。

NECでは、Vリーグ(プレミアリーグ)1996年1999年2002年と3度の優勝に貢献した。2002年、前全日本女子監督(前・NEC監督)の吉川正博と結婚。2004年、現役引退。現在は社業の傍ら、春高バレーコーチングキャラバンなどで、後進の指導に当たっている。2児の母。   

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
広島商業高等学校クラボウ(1989-1991年)→カネボウ(1991-1992年)→NECレッドロケッツ(1992-2004年)
  • 受賞歴
    • 1997年 第4回Vリーグ レシーブ賞
    • 1998年 第5回Vリーグ レシーブ賞、サーブレシーブ賞
    • 1999年 第6回Vリーグ レシーブ賞
    • 2003年 第10回Vリーグ ベストリベロ賞

脚注

  1. ^ 同じく試験採用だった前年、1996年ワールドスーパーチャレンジでは、中村和美ユニチカ・フェニックス)がリベロを務めた。