鈴木洋美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 洋美
Hiromi Suzuki
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-11-14) 1978年11月14日(38歳)
出身地 埼玉県熊谷市
ラテン文字 Hiromi Suzuki
身長 186cm
体重 72kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ヒロ
ポジション MB
指高 243cm
スパイク 300cm
テンプレートを表示

鈴木 洋美(すずき ひろみ、1978年11月14日 - )は、日本の元プロビーチバレー選手、元インドアバレーボール全日本代表選手。埼玉県熊谷市出身。ニックネームはヒロ

来歴[編集]

父・母・姉がバレーボールをしていた影響で、小学校4年生から始める。中学校時代に身長は180cmを超え、春日部共栄高校時代は、世界ユース選手権日本代表に選ばれ優勝に貢献した。※兄は野球。

1997年イトーヨーカドーに入社。1998年全日本代表初選出。同年世界選手権に出場したが、怪我のため出番はほとんど無かった。1999年ワールドカップでは開幕からサーブ、スパイクに活躍し、日本快進撃の立役者となり「シンデレラガール」と呼ばれた。

2001年、イトーヨーカドーの廃部に伴い武富士へ移籍。2002-2003年第9回Vリーグで準優勝に貢献。2003年度には主将を務めた。

2006年、武富士に籍を残しビーチバレーに転向。2007年レオパレス・ウィンズへ移籍。同年5月、浦田聖子とのペアでジャパンツアー第2戦東京大会でビーチ転向後初優勝。

2008年10月、レオパレス・ウィンズからフリーへ転向。浦田聖子とのペアも解消。

2009年シーズンは、元全日本代表の田中姿子とペアを組む。

2010年1月、公式ブログで引退を発表した。

2011年11月に結婚した[1]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
熊谷富士見中→春日部共栄高等学校イトーヨーカドー(1997-2001年)→武富士(2001-2006年)→レオパレス・ウィンズ(2007-2008年)→フリー(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ そねっちの好きに言わせて!!(ブログ・2011年11月23日)

外部リンク[編集]