この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

二見梓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二見 梓
Azusa Futami
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-05-15) 1992年5月15日(26歳)
出身地 神奈川県三浦郡葉山町
ラテン文字 Azusa Futami
身長 181cm
体重 68kg
選手情報
所属 ビーチバレー
愛称 アズサ
ポジション MB
利き手
スパイク 295cm
テンプレートを表示

二見 梓(ふたみ あずさ、女性、1992年5月15日 - )は、日本ビーチバレー選手、元インドアバレーボール選手。東レ・エンジニアリング所属

来歴

神奈川県三浦郡葉山町出身。メグカナ(栗原恵大山加奈)に憧れて、中学1年からバレーボールを始める。県内の強豪校である大和南高校に進学し、2009年の春高バレーではベスト8。また国体では東九州龍谷高校をあわやというところまで苦しめベスト4入り、その笑顔とあいまって注目を集めた。同年、ユース代表に選出された。2010年にこれまでのセンターからウィングスパイカーにコンバートされて、主将としてチームを牽引した。

2011年4月、プレミアリーグ東レ・アローズに入部し[1]、2012年1月22日の対久光戦でプレミアデビューを飾った[1]。その後、レギュラーラウンド終盤でスタメンを獲得すると、同シーズンのファイナルでも活躍し、2年ぶり4回目のリーグ制覇に貢献した。

2012年9月、第3回アジアカップ女子大会の日本代表メンバーに選出された[2]

2015年5月29日、インドアバレー選手としての現役引退が発表された[3]

現在は東レエンジニアリングに勤める傍ら、本格的にビーチバレー選手として活動を始め、2020年東京オリンピックを目指すことを表明している[4]

2017年2月にアメリカ合衆国フォートローダーデールで開催されたビーチバレー・ワールドツアー長谷川暁子とペアを組んで出場したが[5]、予選敗退に終わった[6]

同年8月に開催されたビーチバレージャパン長谷川暁子とペアを組み、メジャー初優勝を果たした[7]

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
町立南郷中大和南高校東レ・アローズ(2011-2015年)
  • 全日本代表
    • ユース代表 - 2009年
    • シニア代表 - 2012-2013年

脚注

  1. ^ 東レ株式会社プレスリリース -「東レアローズ 女子バレーボール部への新人選手の入部について」 Archived 2013年5月1日, at Archive.is
  2. ^ 日本バレーボール協会. “第3回アジアカップ女子大会全日本メンバー”. 2012年9月5日閲覧。
  3. ^ 東レ・アローズ. “二見梓選手の勇退について”. 2015年5月29日閲覧。
  4. ^ 本日7.1〜 二見梓Twitter 2016年7月1日付
  5. ^ FIVBビーチバレーボールワールドツアー2017 フォート・ローダデイル大会に女子4チームが出場”. 日本バレーボール協会. 2017年2月13日閲覧。
  6. ^ FIVBビーチバレーボールワールドツアー2017 フォート・ローダデイル大会 日本勢は予選敗退”. 日本バレーボール協会. 2017年2月13日閲覧。
  7. ^ 「月刊バレーボール」2017年10月号 96ページ

参考文献

  • 月刊バレーボール 2010年2月号 38-39ページ

外部リンク