山内美加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山内 美加
YAMAUCHI Mika
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-10-07) 1969年10月7日(48歳)
出身地 秋田県由利郡大内町(現由利本荘市
ラテン文字 YAMAUCHI Mika
身長 182cm
体重 69kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ミカ
ポジション WS
指高 231cm
利き手
スパイク 317cm
ブロック 294cm
テンプレートを表示

山内 美加(やまうち みか、現姓:藤本(ふじもと)、1969年10月7日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。秋田県由利郡大内町(現由利本荘市)出身。ニックネームはミカ

来歴[編集]

秋田県立由利高等学校卒業後、1988年ダイエーバレーボール部に入部。徐々にレギュラーに定着し、1990年代に入ってチームの上昇と共に注目を集め、1995年第1回Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)では、ダイエー悲願の初優勝に大きく貢献した。

1990年代、世界で主流になってきたバックアタックを、日本人で打ちこなせる選手がほとんどいない中、当時の監督アリー・セリンジャーがパワフルなスパイクを打つ彼女の素質と適性を見抜き、計画的なトレーニングを行った結果、最高到達点317cmという当時の日本人女子選手最高の高さを身につけるとともに、バックアタッカーとして開花し日本のエースへ成長した。欧米流のブロードジャンプに整ったフォームから、レフト、ライト、センターどこからでもバックアタックを打つことができた。

1997年に結婚し現役引退。同年10月10日、グリーンスタジアム神戸で行われた「オレンジアタッカーズファン感謝DAY」において、引退セレモニーが行われた[1]。現在はバレーボールの解説やバレー教室の指導者として活躍している。

人物・エピソード[編集]

  • 1995年4月11日にダイエーと国内[2]プロ契約第1号を締結している。契約金はなく、年俸はミレヤ・ルイスなどの外国人選手なみと発表された[3]
  • 夫は元プロ野球選手(オリックス)の藤本俊彦[4]。2児の母となり、娘二人はともに年代別日本代表候補のバスケットボール選手である[5]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
出羽中 → 由利高等学校ダイエー(1988-1997年)
  • 受賞歴
    • 1991年 - 第25回日本リーグ 猛打賞、ベスト6
    • 1992年 - 第26回日本リーグ 猛打賞、ベスト6
    • 1993年 - 第27回日本リーグ 敢闘賞、ベスト6

写真集[編集]

  • Mika 1988-1997 山内美加写真集(1997/04 日本文化出版)ISBN 4890840184

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 1997年12月号 90ページ
  2. ^ 日本人選手が国外でプロ契約した事例では、大林素子吉原知子がイタリアでプロ契約している
  3. ^ JVA Volleyball 1995年5月号 8ページ (財)日本バレーボール協会刊
  4. ^ 月刊バレーボール 1997年7月号 50ページ
  5. ^ “両親とも元トップアスリート U-19代表バスケ美女を直撃”. 日刊スポーツ. (2017年5月26日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/206054