杉山加代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉山 加代子
Kayoko Sugiyama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-10-31) 1961年10月31日(56歳)
出身地 茨城県稲敷郡阿見町
ラテン文字 Kayoko Sugiyama
身長 180cm
体重 68kg
血液型 B型
選手情報
愛称 スギ
ポジション WS
指高 227cm
利き手
スパイク 313cm
ブロック 295cm 
 
獲得メダル
オリンピック
女子 バレーボール
1984 ロサンゼルス バレーボール
テンプレートを表示

杉山 加代子(すぎやま かよこ、現姓:加藤(かとう)、1961年10月31日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。1984年ロサンゼルスオリンピックバレーボール女子銅メダリスト。

来歴[編集]

茨城県稲敷郡阿見町出身。自衛隊職員の父親をもち、スポーツ一家に生まれる。メキシコオリンピック銀メダリストの笠原洋子は親戚。

県下のバレーボール伝統校であった竜ヶ崎二高へ入学するとエースポジションを任され、インターハイグループ戦で名門の博多女子商業と渡り合い大活躍した。

1980年に日本リーグの日立に入部。以後、チームや全日本の中心選手として長く活躍した。1984年ロサンゼルスオリンピックバレーボールでは銅メダル獲得に大きく貢献した。

人物・エピソード[編集]

阿見小学校在学中はTVアニメ(サインはVアタックNo.1)の影響でバレーごっこに興じ、「日本一のアタッカー」を夢見る。垂直跳び75cmの秘密はここが原点かもしれないと杉山は述懐している。阿見中学に入学すると170cmの長身をかわれてバレーボール部に入部し本格的にバレーボールを始めた。

高校進学が決まると、父親から「急に伝統校の激しいトレーニングをすると必ずケガをするから、足腰を鍛えなさい」とのアドバイスを受け、毎日父や弟とともに3kmのランニングで鍛えたという。

全国高校強化合宿で訪れた日立の山田監督(当時)から、「努力すれば道が開けるからしっかりやりなさい」とのアドバイスを受け、「いつかオリンピック」を心に抱き、日立入りを決めたという。

球歴[編集]

  • 所属チーム
阿見町立阿見中学校竜ヶ崎二高日立(1980-1990年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1981年 第14回日本リーグ 新人賞
    • 1982年 第15回日本リーグ ベスト6
    • 1983年 第16回日本リーグ ベスト6
    • 1984年 第17回日本リーグ ベスト6
    • 1985年 第18回日本リーグ ベスト6
    • 1986年 第19回日本リーグ ベスト6
    • 1987年 第20回日本リーグ 殊勲賞、猛打賞、ベスト6
    • 1989年 第22回日本リーグ ベスト6

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール1978年6月号 82-83ページ

外部リンク[編集]