ヨーコ・ゼッターランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピック
女子 バレーボール
1992 バレーボール

ヨーコ・ゼッターランド(Yoko Karin Zetterlund、日本名・堀江陽子(ほりえ ようこ)、1969年3月24日 - )はアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市出身のスポーツコメンテーター・元バレーボールアメリカ代表選手。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業、鹿屋体育大学大学院体育学研究科修士課程修了。身長179cm。血液型はB型。

日本体育協会理事、日本バスケットボールリーグ理事、(社)日本プロサッカーリーグ理事、有限会社オフィスブロンズ取締役社長。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事[1]

来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコで生まれる。母親の堀江方子は元バレーボール日本代表選手。1975年6歳の時、母とともに日本に移住。文京区立第十中学校に入学、部活動として本格的にバレーボールを始める。1983年全日本中学選手権で優勝、ベスト6を獲得。

高校は母親がヘッドコーチを務める中村高校に入学。全東京メンバーとしては、国体優勝、中村高校では春高バレーインターハイで3位入賞を果たし、全日本ジュニアメンバーとして、アジアジュニア選手権での優勝を経験した。

高校卒業時には、複数の強豪実業団チームが獲得に動き一躍脚光をあびるが、1987年早稲田大学人間科学部スポーツ科学科へ入学した。女子バレー部に入部し、当時関東大学リーグ6部最下位にあったチームを2部優勝まで導く。しかし当時バレー界では、進路至上主義[2]が非常に強く、卒業後の実業団バレー選手への道は閉ざされてしまう。このため、全日本代表としてのオリンピック出場を断念し、出生地であるアメリカ国籍を選択する[3]

大学卒業直前の1991年2月に単身渡米し、アメリカナショナルチームトライアウトを受験し合格。大学卒業後はフジテレビに入社[4]するが4月に再渡米し、ナショナルチームでの活動を本格的に始動。1992年バルセロナオリンピックに出場し銅メダル獲得。続く1996年アトランタオリンピックにも出場し[5]アメリカナショナルチームで7年間活躍した。

同年、実業団チームの東芝シーガルズへ入団。翌1997年にダイエー・オレンジアタッカーズとプロ契約しVリーグでプレー。 休部予定であったダイエーの3年ぶり2度目の優勝に大きく貢献し、ベスト6を獲得した。 1998年日本バレーボール界初のプロチームとなった オレンジアタッカーズでプレーし、1999年の皇后杯黒鷲旗(全日本選手権大会)で2連覇。これらの大会でもベスト6を受賞した。1999年5月、現役を引退。

引退後はスポーツコメンテーターとして、テレビ、ラジオ、雑誌をはじめ、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆などで活動。

2009年10月より、鹿屋体育大学大学院体育学研究科に入学。同大学の東京サテライトキャンパスに2年間通学し、2011年9月修士課程修了。

2007年3月 - 2011年3月日本バレーボール協会理事、2007年8月 - 2012年3月日本バスケットボールリーグ理事、2010年7月 - 2014年1月(社)日本プロサッカーリーグ理事を務めた。

2012年5月、小中学生を対象に「ヨーコ・ゼッターランドバレーボールクラブ」を開設した[6]

2013年1月、嘉悦大学女子バレーボール部の監督に就任することが発表された[7]

副業として、ストレッチ枕の開発を行う。

人物・エピソード[編集]

  • 父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ。
  • 漫画『オリンピックの世紀』にて、アトランタオリンピック出場までの生涯は、漫画化された。
  • 現役引退の理由のひとつは、当時Vリーグが女子のみ外国籍選手排除の方針を決めた事である[1][8]
  • 2004年3月、有限会社オフィスブロンズを設立。自らが所属、取締役社長となった。
  • 2001年Jリーグの専門番組である「Jリーグナイト」のアシスタントとして起用された時には、サッカーやJリーグに関する知識は全くなかったが、数々のスタジアムやキャンプ地訪問などでその見識を深めた。中でも同年のシーズンでJ1(1部)昇格を決めたベガルタ仙台のファンになり、番組降板後も市民後援会へのコラム寄稿や選手に対するセミナー講師の担当[2]などで良好な関係を維持している。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
中村高等学校→早稲田大学アメリカナショナルチーム(1991-1996年)→東芝シーガルズ(1996-1997年)→ダイエー・オレンジアタッカーズ(1997-1999年)

受賞歴[編集]

学生時代
アメリカ代表
実業団・Vリーグ
  • 1996年 第26回実業団リーグ(優勝、昇格)
  • 1998年 第4回Vリーグ(優勝、ベスト6)
  • 1998年 第47回黒鷲旗全日本選手権(優勝、ベスト6)
  • 1999年 第48回黒鷲旗全日本選手権(優勝、ベスト6) 

出演[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  2. ^ トッププレイヤーになる為には、高校卒業と同時に実業団入りするのが一般的であり(三屋裕子佐藤伊知子のように大学経由の著名選手も存在はする)、バレーボールが弱いチームへ入ることは意味がないと言われていた。
  3. ^ ゼッターランドは「生地主義」をとるアメリカ生まれのため、アメリカ国籍で6歳の時に日本に母親と移住。当時、日本の国籍法では「父親が日本人であれば子は日本国籍を有することができる」と定められており、母親が日本人であるゼッターランドは日本国籍を取得することができなかった。 その後、国籍法の改正により「両親のいづれかが日本人」であれば日本国籍を取得することが可能となり、ゼッターランドは高校2年時に日本国籍を取得し、二重国籍となる。 日本では22歳までにいずれかの国籍を選択することと定められていたため、22歳でアメリカ国籍を選択し、同時に日本国籍を離脱。現在に至るまでアメリカ国籍のみを保有している。
  4. ^ フジテレビには2年間籍を残していた。
  5. ^ 同大会では1次リーグで日本とも対戦し、セッターとして出場してアメリカの逆転勝利に貢献した。
  6. ^ 月刊バレーボール 2012年6月号 129ページ
  7. ^ 嘉悦大監督にヨーコ・ゼッターランドさん2013年1月8日閲覧
  8. ^ 当時、女子バレーボールでは、外国人排除に当たり、定住外国人(日本人とのハーフや、出生以来ほとんど海外生活の実態がない選手を含む)への配慮を行わなかったとされる。一方、通名(日本名)使用で、かつ出自を公表していない在日コリアンなどの選手の扱いは明らかにされていなかった。

外部リンク[編集]