この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鍋谷友理枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鍋谷 友理枝
Yurie Nabeya
デンソー・エアリービーズ  No.15
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-12-15) 1993年12月15日(25歳)
出身地 神奈川県川崎市
ラテン文字 Yurie Nabeya
身長 176cm
体重 55kg
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
愛称 レイ
ポジション WS
指高 224cm
利き手
スパイク 302cm
ブロック 288cm
テンプレートを表示

鍋谷 友理枝(なべや ゆりえ、1993年12月15日 - )は、日本の女子バレーボール選手。V.LEAGUE Division1のデンソー・エアリービーズに所属している[1]

来歴

神奈川県川崎市出身、東京都大田区育ち。両親はともに青山学院大学バレーボール部の出身で、父は法政二高時代に春高バレー準優勝、大学でエーススパイカーとして活躍し、卒業後は実業団のNTT東北でプレーした。母も八王子実践高時代にセッターとして春高バレー準優勝の実績を持ち(1年上に大林素子)、大学4年時にキャプテンとして関東1部リーグ初優勝に貢献した[2][3]。バレーボール一家に生まれ、小学3年からバレーボールを始めた[4]

淑徳SC中から大分の東九州龍谷高校に進学。3年時には主将として第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会優勝の原動力となり、自らも最優秀選手賞を獲得した[5]

2011年12月、デンソー・エアリービーズに入団が決定し[6]、2012年3月のファイナルラウンド3位決定戦(対岡山戦)でプレミアデビューを飾った。

2012年9月、第3回アジアカップ女子大会の日本代表メンバーに選出された[7]。同年11月25日の対JT戦でリーグ戦デビュー。16得点(アタック11、ブロック3、サービスエース2)を挙げ、チームの逆転勝利に貢献した[8]

2013年10月の第1回世界U23女子バレーボール選手権に日本代表として出場し[9]、銅メダル獲得に貢献した。

2016年リオデジャネイロ五輪に出場(5位)。

2018/19シーズンからデンソーでゲームキャプテンを務める[10]

2019年4月の代表合宿中に顔面にスパイクを受け右眼球内から出血し、全治1ヶ月の「網膜振盪症」と診断された。同年6月のネーションズリーグから、右目の保護のためゴーグルを着用してプレーしている[11]

エピソード

  • コートネームは「レイ」。高校の先輩だった川原麻実(元JTマーヴェラス)のコートネームが「レイ」で、打ち方や仕草が川原に似ていたことから同じコートネームになった[12]
  • デンソーのチームメイト大竹里歩とは幼なじみ。大竹の父(大竹秀之)と鍋谷の父は法政二高当時のチームメイトで、卒業後も家族ぐるみの付き合いをしていた。
  • 音楽は母の影響で角松敏生をよく聴き、母とコンサートに行くこともある。他にはTUBEサザンオールスターズDEENWANDSなど90年代頃の音楽が好きで、「周りのチームメイトはついてこれないみたいです。流してると「レイだね」ってすぐにバレます」と語っている[12]
  • 座右の銘は「前へ ただひたすら 前へ」。「前へ」の精神で長年明治大学ラグビー部を率いた北島忠治と親交があった亡き祖父の教えで、勝負の時には父から「前へ!」とメールが届くという[13]

球歴

所属チーム

受賞歴

  • 2016年 - 愛知県スポーツ顕彰、西尾市体育賞顕彰[14]

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[15]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2011/12 デンソー 0 0 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0 内定選手
2012/13 28 72 590 168 28.5% % 15 0.21 222 6 2.70% 11.2% 435 54.9% 189
2013/14 チャレンジリーグの為、記録を記載せず。
2014/15 21 80 524 182 34.7% % 25 0.31 325 10 3.08% 10.9% 413 55.0% 217
2015/16 21 80 610 226 37.0% % 37 0.46 295 12 4.07% 13.7% 625 55.5% 275
2016/17 チャレンジリーグIのため、記録を記載せず
2017/18 21 80 750 285 3800% % 17 0.21 322 28 % 15.8% 427 58.8% 330
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ デンソー・エアリービーズ. “鍋谷友理枝”. 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ OB鍋谷氏・OG藤森さんの長女、リオ五輪代表
  3. ^ アメブロ「モトコレ! 大林素子official blog」. “「春高の」アメブロ”. 2012年1月9日閲覧。
  4. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 89ページ
  5. ^ 第64回全日本高等学校選手権大会 男子は大村工業、女子は東九州龍谷が高校日本一! - 日本バレーボール協会”. 日本バレーボール協会 (2012年1月9日). 2012年8月1日閲覧。
  6. ^ デンソー・エアリービーズ. “デンソー女子バレーボール部への新人選手の加入について”. 2011年12月19日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “第3回アジアカップ女子大会全日本メンバー”. 2012年9月5日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報 - デンソーエアリービーズVSJTマーヴェラス”. 2012年11月25日閲覧。
  9. ^ FIVB. “TEAM COMPOSITION”. 2013年10月13日閲覧。
  10. ^ 2018年度 新体制について”. デンソー・エアリービーズ (2018年6月7日). 2018年8月19日閲覧。
  11. ^ 中田久美ジャパン逆転勝ち!ゴーグルの鍋谷がけん引
  12. ^ a b デンソー・鍋谷友理枝インタビュー
  13. ^ 前へ ただひたすら前へ バレーボール 鍋谷友理枝 - Denso
  14. ^ デンソー・エアリービーズ. “鍋谷友理枝選手の表彰について(2016.11.28)”. 2016年11月28日閲覧。
  15. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月19日閲覧。

参考文献

  • 月刊バレーボール2012年2月号 24-25ページ(日本文化出版刊)

外部リンク