半保護されたページ

丸山亜季 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸山 亜季
Aki Maruyama
岡山シーガルズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-10-06) 1990年10月6日(30歳)
出身地 滋賀県愛荘町
ラテン文字 Aki Maruyama
身長 157cm
体重 50kg
血液型 B型
選手情報
所属 岡山シーガルズ
愛称 クミ
役職 事務局
ポジション L
指高 200cm
利き手
スパイク 235cm
ブロック 255cm
テンプレートを表示

丸山 亜季(まるやま あき、女性、1990年10月6日 - )は、日本の元バレーボール選手。滋賀県愛荘町出身。ニックネームはクミ

来歴

バレーボールをしていた姉の影響で小学3年からバレーボールを始める。近江高校時代は一年生の時からレギュラーで試合に出場。同級生に小熊凌祐がいる。インターハイ等を経験し、2009年4月岡山シーガルズ入部。2010-11Vプレミアリーグからレギュラーとして活躍している。2011-12プレミアリーグでは4年ぶりの四強入りを果たした。2012-13プレミアリーグは正リベロに定着し、チーム歴代最高の3位に大きく貢献した。

2013年4月、全日本女子メンバーに初選出された[1]2016年、再び全日本に選出され、同年のリオ五輪世界最終予選ワールドグランプリに出場した。

2020年5月、チームの副キャプテンに就任[2]

2021年、2020-21シーズン終了をもって現役引退[2][3]。トップリーグで戦うのに必要な気持ちを維持するのが難しくなったとコメントを残している[3]。引退後は事務局スタッフになり営業や広報など様々な業務に取り組む[2][3]

プレースタイル

小柄な身体を俊敏に動かし、攻めに貢献するリベロ。やわらかいタッチの受け手に優しいレシーブを上げる。

球歴

  • 全日本代表 - 2013年、2016年

所属チーム

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[4]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2010/11 岡山 25 82 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 356 66.9% 0
2011/12 21 82 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 325 64.0% 0
2012/13 28 113 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 354 68.6% 0
2013/14 28 107 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 368 60.9% 0
2014/15 21 77 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 270 69.6% 0
2015/16 21 84 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 221 67.9% 0
2016/17 21 65 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 217 64.1% 0
2017/18 チャレンジリーグIのため、記録を記載せず
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ 日本バレーボール協会. “2013年全日本女子”. 2013年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c 丸山 亜季選手 現役引退のお知らせ”. 岡山シーガルズ (2021年4月21日). 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c “シーガルズ丸山亜季、現役引退へ 元日本代表 12シーズン守りの要”. 山陽新聞. (2021年4月21日). https://www.sanyonews.jp/article/1122041 2021年4月28日閲覧。 
  4. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年2月1日閲覧。

外部リンク