この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

位田愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

位田 愛
Ai Inden
JTマーヴェラス  No.5
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-04-03) 1987年4月3日(31歳)
出身地 三重県四日市市
ラテン文字 Ai Inden
身長 173cm
体重 63kg
血液型 A型
選手情報
所属 JTマーヴェラス
愛称 アイ
ポジション WS
指高 226cm
利き手
スパイク 292cm
ブロック 275cm
テンプレートを表示

位田 愛(いんでん あい、女性、1987年4月3日 - )は、日本バレーボール選手。三重県四日市市出身。ニックネームはアイVプレミアリーグJTマーヴェラスに所属。

来歴

両親がバレーボールをしていた影響で、中学校1年生からバレーを始める。津商業高校時代は、春高バレーインターハイに出場した。

2006年、JTマーヴェラスに入団。2006/07Vプレミアリーグでは、ワンポイントサーバーや試合後半に出場し、チームのリーグ準優勝に貢献した。

2008年、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバーに選出された。

2009年、2008/09Vプレミアリーグにおいてレギュラーポジションを獲得。同リーグではサーブレシーブ成功率5位にランク入り。同年7月より1年間主将を務めた。

2010年、2009/10Vプレミアリーグには全試合出場、チーム2度目の準優勝に貢献。また第59回黒鷲旗大会でも準優勝を果たした。同年9月、中国・太倉市で開催された第2回アジアカップに全日本代表メンバーとして出場。

2010/11Vプレミアリーグでは初優勝を達成、第60回黒鷲旗大会にはスタメンに復帰してリーグとの2冠を果たした。2012年5月の第61回黒鷲旗大会では、優勝に大きく貢献し黒鷲賞(MVP)、ベスト6を獲得した[1]

2012/13シーズンでは、2012年12月の練習中に右膝前十字靭帯と右膝外側半月板を負傷し、長期リタイアを余儀なくされた[2]

2013年12月8日、西尾市総合体育館で行われた2013/14Vプレミアリーグ日立リヴァーレ戦で約1年ぶりの復帰を果たす。しかし1か月後の2014年1月19日、大田区総合体育館で行われた岡山シーガルズ戦にて再び右膝前十字靭帯を損傷、リタイアを余儀なくされる[3]。この間の出場はわずか8試合13セット[4]皇后杯を含めても10試合)に留まった。

2017年5月1日、JTは位田が31日付けで退部すると発表した[5]

球歴

所属チーム

受賞歴

  • 2009年 - 第51回近畿総合選手権 敢闘賞
  • 2012年 - 第61回黒鷲旗大会 黒鷲賞、ベスト6

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[6]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2006/07 JT 24 53 172 53 30.8% % 5 0.09 124 3 2.42% 6.3% 224 77.2% 61
2007/08 27 92 208 58 27.9% % 11 0.12 181 10 5.52% 11.1% 286 68.9% 79
2008/09 27 89 542 187 34.5% % 14 0.16 230 8 3.48% 9.4% 807 73.1% 209
2009/10 28 99 722 257 35.6% % 35 0.35 321 9 2.80% 11.8% 614 59.7% 301
2010/11 20 21 45 12 26.7% % 2 0.10 34 0 0.00% 8.1% 59 57.6% 14
2011/12 21 80 730 201 27.5% % 28 0.35 269 9 3.35% 11.6% 531 60.3% 238
2012/13 6 7 0 0 0.0% % 0 0.00 10 0 0.00% 7.5% 3 33.3% 0
2013/14 8 13 22 12 54.5% % 1 0.08 6 0 0.00% 4.2% 6 83.3% 13
2014/15 チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2015/16
2016/17 21 40 83 27 32.5% % 1 0.03 87 2 % 11.3% 92 63.0% 30

人物・エピソード

幼少期は体が弱く、スイミングスクールに通って鍛えたという。次第に身体も強くなり、背泳ぎの選手として活躍した。中学生の大会で訪問した津商業高校で同校に憧れ、JOC杯カップの県代表に選出されるなどの実績をつみ、同校へ進学する[7]

JT入団後は、竹下佳江菅山かおるなど全日本経験者がいる恵まれた環境で練習に打ち込むことができたと述懐している[7]

KUROBEアクアフェアリーズチャレンジリーグ)に所属していた位田愛(いだ めぐみ)は、同姓同名(読みは異なる)の別人である。

2009年、2010年のJT企業CM(バレーボール篇)に出演した。

背番号

  • 12(2006年 - 2007年)
  • 15(2007年 - 2009年)
  • 5(2009年 - )

脚注

  1. ^ 日本バレーボール協会. “第61回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 特別表彰選手”. 2012年5月7日閲覧。
  2. ^ JTマーヴェラス. “位田愛選手について”. 2013年1月11日閲覧。
  3. ^ JTマーヴェラス. “位田愛選手について”. 2014年2月26日閲覧。
  4. ^ 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構. “選手別記録”. 2014年2月26日閲覧。
  5. ^ オヌマー・シッティラック選手、位田愛選手、安藤典莉子選手、中村亜友美選手、高橋昌美選手退部のお知らせ”. JTマーヴェラス. 2017年5月1日閲覧。
  6. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年1月30日閲覧。
  7. ^ a b 月刊バレーボール 2012年4月号 102-105ページ

外部リンク