石田京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田 京子
Kyoko Ishida
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-07-12) 1960年7月12日(57歳)
出身地 大阪府大阪市
ラテン文字 Kyoko Ishida
身長 177cm
体重 65kg
血液型 A型
選手情報
愛称 キッコ
ポジション センター
指高 225cm
利き手
スパイク 295cm
 
獲得メダル
オリンピック
女子 バレーボール
1984 バレーボール
テンプレートを表示

石田 京子(いしだ きょうこ、現姓:野口、1960年7月12日 - )は、日本の女子元バレーボール選手、現指導者。

来歴[編集]

大阪府大阪市出身。薫英高校を経て、日本リーグの日立(当時)に入部。

1984年度の第18回日本リーグでは、江上由美三屋裕子らが抜けた日立を主将として率い、21戦全勝の完全優勝を遂げ、自らもスパイク賞とベスト6に輝いた[1]。このあともリーグ連勝記録を前人未踏の88まで伸ばした殊勲者のひとりである。

一方、1982年に全日本に招集され、1984年ロサンゼルスオリンピックに出場、銅メダルを獲得した。

1985年11月4日一枚の写真フジテレビ)に出演。

信州大学教育学部生涯スポーツ課程を卒業後[2]、同大学経営大学院イノベーション・マネジメント専攻修了[2]。同大学非常勤講師などを経て[2]、現在、長野大学社会福祉学部教授[2]、同大学女子バレーボール部監督[3]、長野県バレーボール協会強化委員[4]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
薫英高校日立(1979-1987年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本バレーボール協会. “バレーリーグ40年 - 歴史を力に”. 2011年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 長野大学 - 教員紹介
  3. ^ 2011年度第30回東日本バレーボール大学選手権大会 公式プログラム31ページ(閲覧日:2011-12-1)
  4. ^ 長野県バレーボール協会役員

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1986年1月号臨時増刊 101ページ

外部リンク[編集]