この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

益子直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

益子 直美 Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1966-05-20) 1966年5月20日(52歳)
出身地 東京都葛飾区
身長 175cm
体重 58kg
血液型 A型
テンプレートを表示

益子 直美(ますこ なおみ、 1966年5月20日 - )は、日本のタレントスポーツキャスターで、元バレーボール全日本代表選手。東京都葛飾区出身。株式会社サイン所属。

来歴

現役時代

テレビアニメ『アタックNo.1』の影響で、地元の金町中学校に入学と同時にバレーボールを始める。2年生の時に葛飾区大会で優勝し、3年生ではチームの主将になり、東京都選抜に選ばれる。

1982年、地元の共栄学園高等学校に進学。1984年第15回春高バレーでは、バックアタックと、ジャンピング・ドライブサーブを武器に、八王子実践高等学校の連勝記録(当時)を106で止め、準優勝に輝く。同年、高校3年生で全日本代表メンバー入り。「下町のマコちゃん」のニックネームで、大林素子らと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻した。

1985年イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。1990年斎藤真由美らと共に、第23回日本リーグで念願の初優勝に貢献。1991年度には主将を経験した。その後も全日本代表メンバーとして活躍するも、オリンピックには出場できなかった。

1992年、現役引退。

引退後

現役引退後はテレビ局から1992年バルセロナオリンピックの出場選手の事前合宿レポートを務め[1]、イトーヨーカドーアシスタントコーチを務めた後、1993年に退社、タレントに転身。1996年にはテレビ朝日アトランタオリンピック関連のメインキャスターを務めた[2]NHKの『トップランナー』の司会をアーティストの大江千里とともに長らく務めるなど幅広い芸能活動をこなし、現在に至る。

2015年9月17日、淑徳大学千葉キャンパスにて同大学バレーボール部監督就任契約の調印式を行い、10月から就任。23年ぶりの現場復帰となった[3]。6部リーグから低迷したチームを2年で4部リーグに浮上した[4]。そんな中2017年4月に心臓手術を受けていたことを告白した[4]

私生活

2002年にテレビ番組の取材で知り合った12歳年下の自転車ロードレーサー・山本雅道と、約1年半の交際期間を経てプロポーズを受け、2006年12月5日に婚姻届を提出し40歳で結婚[5]。自身のホームページ(下記外部リンク参照)上で報告した。挙式・披露宴は12月23日に行った。夫の山本について「年下なのですが、とってもしっかりしていて、頼りがいがあります」と語り、「40まで待ってて本当によかったなあ」と語っている[5]。夫の地元である神奈川県藤沢市で生活し[6]、2013年6月には同市内に夫とともにサイクル・プロショップを開店した[7]

42歳の時子宮ポリープの切除手術を受けたのを機に不妊治療に挑み、自身の45歳の誕生日となる2011年5月20日をもって不妊治療を「卒業」した[6]

50歳を迎えて少しの運動で息切れを感じるようになったことで、2017年3月半ばに病院を受診して不整脈の一種である心房細動と診断を受け、重篤な症状ではないものの脳梗塞心筋梗塞を引き起こす危険性があることから手術を決断。同年4月13日にカテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)による手術を受けた[8][9]。手術は無事に終了し、2か月後には淑徳大学バレーボール部の監督に復帰している[10]

人物

  • 過去に歌手としてCDを発売したことがある。当時はTBSテレビニュースの森』に出演していて、番組のエンディングテーマ曲になった。
  • ねるとん紅鯨団』に出演、ナインティナイン岡村隆史に「このお姉ちゃんがいい」と腕を掴まれ告白されたが断り、岡村は「ほなね」と捨て台詞を吐き走り去った事がある。これがきっかけとなりナインティナインの知名度が上がったという。
  • 左右の眼球を別々に動かすことができる。
スパイクの決定率を上げるにはどうすれば良いか悩んだ末、「ボールとコートの開いている場所を同時に見る」ことが目的だった。地道な努力により獲得した能力だったが、実際にはスパイクする際にボールに焦点が合わず生かすことができなかった。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
金町中→共栄学園高等学校イトーヨーカドー(1985-1992年)
  • 受賞歴
    • 1986年 - 第19回日本リーグ 新人賞
    • 1990年 - 第23回日本リーグ ベスト6

バレーボール通算記録

  • 通算スパイク決定本数  1937本
  • 通算スパイク得点  623点
  • 通算スパイク打数  4573本
  • 通算スパイク決定率  42.4%(1937本/4573本)
  • 通算得点  812点

著書

写真集

写真集はいずれも選手引退後に撮影・発売されたもので、上記の3タイトルのみである。

映像作品

  • Rhapsody [DVD] (ケイエスエス)

映画

音楽

シングル

 c/w「だって日曜日」 作詞:石川優子/作曲:石川優子/編曲:岩本正樹

メディア出演

テレビ

ラジオ

脚注

  1. ^ 日本焼肉協会(平成17年11月号)
  2. ^ 講演依頼.com(益子直美)
  3. ^ スポーツニッポン(2015年9月17日)
  4. ^ a b スポーツニッポン(2017年8月21日)
  5. ^ a b “益子直美、12歳年下自転車レーサーと結婚/復刻〈日刊スポーツ:2006年12月28日付〉”. 日刊スポーツ. (2016年12月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1755401.html 2018年3月12日閲覧。 
  6. ^ a b “元バレー益子直美さん 不妊治療45歳で卒業 「笑顔が見たい」夫の言葉で”. デイリースポーツ online. (2017年4月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/17/0010105794.shtml 2018年3月12日閲覧。 
  7. ^ 茶利坊主(金子正夫) (2013年6月29日). “「BICYCLE FACTORY YAMAMOTO」探訪レポート 山本雅道さんと益子直美さんの夢が詰まったプロショップ 神奈川・藤沢にオープン”. cyclist supported by SANSPO.COM (産経デジタル). https://cyclist.sanspo.com/79764 2018年3月12日閲覧。 
  8. ^ “益子直美さん、心臓手術受けていた「心房細動」診断で決断”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年4月16日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/16/kiji/20170416s00070000164000c.html 2018年3月12日閲覧。 
  9. ^ “益子直美さん 「心房細動」に悩む人と連携呼びかける ブログの激励に感謝もで”. デイリースポーツ online. (2017年4月21日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/21/0010117007.shtml 2018年3月12日閲覧。 
  10. ^ “益子直美が心臓手術後の経過報告「かなり元気に」”. 日刊スポーツ. (2017年8月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1875869.html 2018年3月12日閲覧。 

外部リンク