宗内徳行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗内徳行(むねうち のりゆき、1931年7月[1] - )は山口県徳山市出身の元バレーボール全日本女子監督、日本体育大学名誉教授である。

人物[編集]

  • 日本体育大学卒業後、山口県立光高等学校教諭となる[1]。1961年に同高等学校を退職後[1]、日本体育大学専任講師、日本体育大学助教授を経て、1971年には日本体育大学教授となる。2002年には定年と退職して日本体育大学名誉教授となる。
  • 1985年神戸ユニバーシアード女子日本代表監督 男女アベック優勝時の優勝監督。
  • 1989年にはバレーボール全日本女子監督となるが、バレーボールワールドカップ終了後わずか1年で退任した。

著書[編集]

  • 『雑草チームの挑戦』(叢文社

脚注[編集]

  1. ^ a b c ローチケHMV