吉川正博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉川 正博(よしかわ まさひろ、1963年1月21日-)は、日本バレーボール元選手・指導者。神奈川県出身。元バレーボール全日本女子監督。

来歴[編集]

中学校からバレーボールを始める。藤沢商業高等学校(現:藤沢翔陵高等学校)から東海大学を経て、1985年NEC入社。全日本ジュニア、アトランタオリンピックのバレーコーチを経て、1997年にはNECレッドロケッツの監督に就任。同年開催の黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会ではチームを初優勝へと導いた。

2001年全日本女子バレーボールチーム監督に就任。同年開催のグラチャンバレーで銅メダルを獲得した。しかし、続くアジア選手権では中国、韓国に及ばず3位決定戦で地元のタイに敗れ、日本女子バレー史上初のアジア選手権メダル無しという結果に終わった。2002年世界選手権でも予選落ち13位という結果に終わり、大会終了後責任を取る形で辞任した。

2004年7月、NECレッドロケッツの監督に再び就任。第11回Vリーグではチームを優勝へ導き、最優秀監督賞を受賞した。2005年以降は6位、5位、6位と振るわず、上位4チームによる決勝リーグへ進出することが出来なかった。

2008年5月、NEC監督を退任して社業に専念することが発表された。

その他[編集]

  • 2002年に元バレーボール選手の津雲博子と結婚。
  • 2003年、FNS春高バレーコーチングキャラバンに初参加し、北陸高等学校へ派遣された。
  • 現在はFNSで放送される試合を中心に解説者も行っている。