藤吉久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじよし くみこ
藤吉 久美子
本名 坪倉久美子(旧姓:藤吉)
生年月日 1961年8月5日(55歳)
出生地 日本の旗 福岡県久留米市
身長 160cm
血液型 AB型
ジャンル 女優、タレント
活動期間 1982年 - 現在
配偶者 坂東正之助(1987年 - 1992年)
太川陽介(1995年 - )
著名な家族 長男
主な作品
テレビドラマ
よーいドン
温泉へ行こう』シリーズ

藤吉 久美子(ふじよし くみこ、1961年8月5日 - )は、日本女優ナレーター。戸籍名:坪倉久美子(旧姓:藤吉)。血液型はAB型。劇団青年座映画放送所属。夫は太川陽介。3人兄妹(兄1人、妹1人)の長女。

来歴・人物[編集]

福岡県久留米市大善寺町出身。久留米市立大善寺小学校卒業、久留米市立城南中学校卒業、福岡女学院高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。

実家産婦人科医院。医師の藤吉昭男は実父。福岡女学院高等学校時代にモダンダンスに魅了され、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科に進学、大学では、舞踏を専攻する。のち演劇を志して劇団☆新感線に入団するも、大学在学中に、NHK連続テレビ小説」の公募に応じ、568人の応募者の中から賀来千香子を負かしてヒロインに選ばれる。1982年10月から半年間放送された連続テレビ小説『よーいドン』で、波乱万丈な人生を生き抜く健気なヒロインを演じた。朝ドラのヒロインに選ばれた事もあり、大学は中退し、劇団☆新感線も退団した。

1985年テレビドラマ『しのぶ』に出演、『おやじのヒゲ2』(1987年)では、一転してコミカルな役柄を演じた。その後も、『正しい結婚』(1993年)など、数々の作品への出演を果たした。殊にTBSの昼ドラ『温泉へ行こう』(1999年 - 2005年)では、持ち前のバイプレーヤーぶりを発揮し、第1 - 第5シリーズにそれぞれ出演している。

2004年4月2日から2008年3月28日まで、TBSの情報番組『はなまるマーケット』に金曜レギュラーとして出演。同番組でのコーナー「今ドキ!」(2004年4月 - 2005年3月)、「ふじよし洋品店」(2005年4月 - 2006年3月)、「ふじよし洋品店デラックス」(2006年4月 - 12月)を担当した。

私生活では、雑誌「フライデー」(講談社1987年5月8日号)で、「よーいドン」で共演した歌舞伎役者の坂東正之助(現・四代目河原崎権十郎)との抱擁現場をスクープされ、翌年、正之助と結婚。しかし1992年、価値観の相違、梨園になじめないことなどを理由に離婚。1995年タレントで俳優の太川陽介と再婚。現在、芸能界おしどり夫婦として知られ、夫婦での仕事も多い。

2001年、39歳で初産を迎え、高齢出産タレントとしても注目を集めた。ちょうど妊娠中に皇太子徳仁親王妃雅子が懐妊したため、同じ高齢出産組としてスポーツ紙を通じてアドバイスを行った。藤吉自身の出産は帝王切開を行うなど難産であったが、長男が誕生した。

食育に造詣が深く、2004年に開催された「第1回・食を考える国民フォーラム」ではパネリストとして参加。「正しい食生活を子供に身につけさせるのは親の責任」と、独自の食への考えを語った。藤吉自身はタイ料理が好物。タイ好きが高じて本を上梓したほどである。しかし太川は辛い料理が大嫌いだという。また、ワインにもはまっているという。

エピソード[編集]

  • 人付き合いがよく、芸能界入りした後も、芸能人以外の友人も多い。女優の黒木瞳と仲が良い。高校の創立記念式典の司会を務めたり、大学の記念式典にお祝いメッセージを送るなど、マメに活動している。
  • 小学生のとき、夏休み自由研究海草標本を作製。しかし、作製方法に問題があり、強烈な腐敗臭が発生してしまい、大変困惑したという逸話がある。
  • 2005年12月30日に放送された『年忘れ超豪華版!はなまるマーケット大感謝祭スペシャル』(TBS系)では、「目指せ大逆転!クイズ★イントロドン!」というコーナーで、太川陽介の大ヒット曲「Lui-Lui」をピンク・レディーの「渚のシンドバッド」と答えてしまった。その直後に天野ひろゆきが正解して、ようやく自分の夫の曲であることに気付くという珍事が起きた。ちなみに「Lui-Lui」と「渚のシンドバッド」はどちらも都倉俊一の作曲・編曲である。
  • 所属事務所の大先輩であった沢村貞子を心の師のように思っており、沢村から言われた「生きることを大事にしなさい」「きちんとした生活があるから、きちんとした仕事ができる」という言葉を自身の心の拠り所にしているという[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ(連続)[編集]

テレビドラマ(ゲスト出演・単発)[編集]

舞台[編集]

バラエティ・生活情報番組等[編集]

他多数

ラジオ[編集]

CM・広告[編集]

主な著書・論文・手記[編集]

  • 「タイのこと、私のこと」(求龍堂)
  • 「もう一度、愛を信じてみよう―傷ついた心を溶かしてくれた人」(『婦人公論』2001年8月7日号、中央公論新社)
  • 「人に教えたくない店」(『プレジデント』2006年1月16日号、プレジデント社
  • 「今年は私も年賀状ソフトデビュー」(『女性セブン』2005年12月8日号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 絆ストーリー:女優 藤吉久美子さん 『ゆうちょ銀行』LETTER for LINKS TOKYO-FM