柳田光綺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳田 光綺
Mizuki Yanagita
NECレッドロケッツ  No.4
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-03-26) 1996年3月26日(23歳)
出身地 東京都葛飾区
ラテン文字 Mizuki Yanagita
身長 168cm
体重 61kg
血液型 B型
選手情報
所属 NECレッドロケッツ
愛称 ライ
ポジション WS
指高 220cm
利き手
スパイク 300cm
テンプレートを表示

柳田 光綺(やなぎた みずき、女性、1996年3月26日 - )は、日本バレーボール選手。ニックネームはライ。ポジションはウィングスパイカーV.LEAGUE Division1のNECレッドロケッツに所属している[1]

来歴[編集]

東京都葛飾区出身[2]。実姉の影響で小学3年次からバレーボールを始めた[2]文京学院大女中を経て文京学院大女高では春高バレーなどで活躍。

文京学院大女高では1年時からポイントゲッターとして活躍。

2013年1月の 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)では、2年生ながらエースアタッカーとして活躍し、ベスト8進出。

2013年8月の世界ユース選手権の初戦、対中国戦で36得点をマークし、勝利の原動力となった。同年10月に開催された国民体育大会では東京都代表として出場し[3]、東京都に11年ぶりとなる優勝をもたらした[4]

2014年2月、NECレッドロケッツへの入団が内定[5]。同年5月の第63回黒鷲旗大会でデビューを果たした。同年7月に台北で開催されたアジアジュニア選手権(U-19)では全日本ジュニアの主将を務め、銀メダルを獲得した[6]

2014/15Vプレミアリーグではファイナルの久光製薬戦でチーム最多の21得点をあげる活躍を見せ[7][8]、NECを10年ぶりのリーグ制覇に導き、自身も最優秀新人賞を受賞した[9]2016年9月にフィリピンで開催されたアジアクラブ選手権で優勝し、自身もベストオポジット賞を受賞した[10]2016/17Vプレミアリーグで2季ぶりの優勝に大きく貢献した。2017/18シーズンよりNECで主将を務める[11]

球歴[編集]

  • 全日本ユース代表 - 2012-2013年
  • 全日本ジュニア代表 - 2014年

所属クラブ[編集]

受賞歴[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[14]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2013/14 NEC 1 0 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0 内定選手
2014/15 21 44 226 89 39.4% % 7 0.16 70 3 4.29% 11.6% 27 51.4% 99
2015/16 6 21 114 29 25.4% % 3 0.14 50 3 6.00% 16.3% 2 50.0% 35
2016/17 21 69 521 179 34.4% % 13 0.19 203 17 % 18.8% 8 87.5% 209
2017/18 21 67 593 194 32.7% % 13 0.19 192 14 % 13.5% 82 49.4% 221
2018/19 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ NECレッドロケッツ. “柳田光綺”. 2018年8月20日閲覧。
  2. ^ a b 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 65ページ
  3. ^ 第68回国民体育大会バレーボール競技公式プログラム 90ページ
  4. ^ 日本バレーボール協会. “バレーボール競技結果 - 少年女子”. 2014年2月9日閲覧。
  5. ^ NECレッドロケッツ. “NECレッドロケッツ 2014年度内定選手のお知らせ”. 2014年2月3日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ [3]
  9. ^ [4]
  10. ^ [5]
  11. ^ [6]
  12. ^ 東金町ビーバーズ. “OB情報”. 2014年7月16日閲覧。
  13. ^ [7]
  14. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]