坂本清美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂本 清美
Kiyomi Sakamoto
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-10-12) 1969年10月12日(49歳)
出身地 大阪府豊中市
ラテン文字 Kiyomi Sakamoto
身長 174cm
体重 65kg
血液型 B型
選手情報
ポジション レフト
指高 224cm
利き手
スパイク 304cm
ブロック 287cm
テンプレートを表示

坂本 清美(さかもと きよみ、1969年10月12日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。

来歴[編集]

大阪府豊中市出身。小学5年から「なんとなく」バレーボールを始める。四天王寺高等学校を経て、1988年に実業団リーグの東洋紡(当時)に入部。 ジュニア代表として、アジアジュニア選手権(優勝)や世界ジュニア選手権(3位)などに貢献。1990年、全日本に初めて選出され、世界選手権に出場した。 ダイエー移籍後の1996年には、アトランタオリンピックに出場した。

東洋紡では鈴木晶子と共に2枚看板として活躍、チームを支えた。スター軍団的チームであったダイエーに移籍後は控えに回る事が増えたが、要所で起用される等、チームに欠かせない戦力であった。

1998年、ダイエー休部騒動の中で優勝を果たした第4回Vリーグを最後に現役引退。その後は仕事の傍ら、バレーボール教室やテレビ中継の解説等、バレーボールに携わる活動も続けている。

球歴[編集]

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

  • 1991年 - 第24回日本リーグ 猛打賞

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール1992年2月号臨時増刊 '92チームの顔 166ページ(日本文化出版刊)