この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

宝来麻紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝来 麻紀子
Makiko Horai
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-01-06) 1979年1月6日(39歳)
出身地 山口県宇部市
ラテン文字 Makiko Horai
身長 187cm
体重 68kg
血液型 B型
選手情報
所属 福岡春日シーキャッツ
愛称 マホ
役職 コーチ
ポジション WSMB
利き手
スパイク 312cm
ブロック 300cm
テンプレートを表示

宝来 麻紀子(ほうらい まきこ、1979年1月6日 - )は、日本の元女子バレーボール選手、指導者。山口県宇部市出身。ニックネームはマホキコ ウライから)。

来歴

母親がママさんバレーをやっていたこと背が高かったことから、小学校4年生からバレーボールを始める。中学時代、さわやか杯に出場したのをきっかけに、バレーボールに本格的に打ち込む。三田尻女子高校(現・誠英高等学校)時代には、国体準優勝を経験[1]

1998年、日立ベルフィーユに入団。2001年に廃部となり、JTマーヴェラスに移籍。2002年、チームはV1リーグ(現・チャレンジリーグ)に降格するが、この年復帰した竹下佳江と共に、翌年のVリーグ再昇格に貢献。

全日本代表として世界選手権(2002年)、ワールドカップ(2003年)、ワールドグランプリ(2001-2003年、2005年)などの国際大会には度々出場したが、2004年アテネオリンピック世界最終予選直前に代表メンバーから外れ、アテネオリンピック出場は果たせなかった。

2005年のワールドグランプリではライトのポジションではなく、センターで起用された。また同年、登録名を本名の麻紀子から眞紀子に改名[2]。姓名判断において「消極的なところがある、波が激しい、崩れやすい」と言われたためである。ただし、この登録名は2005年の一年間のみで翌年からは本名に戻している[2]

2006年、世界選手権に出場。

2009年5月31日、JTを退社し、現役を引退。ビーチバレーへの転向を発表。

2010年1月、諸事情により、ビーチバレー転向を断念。ミズノなどの支援を受け、3年でプロゴルファーを目指すこととなる。ソフトボールから転向した岡本綾子を目標にしたいという[3][4]

2011年6月16日、諸事情により、プロゴルファー転向を断念することを発表[5]

2015年秋に元全日本男子バレーボール選手の前田悟と結婚[6]

2018年3月、高尾和行が監督を務める福岡春日シーキャッツのコーチに就任[7]

人物・エピソード

  • 幼少時は保母になることを夢見ていた[8]
  • 非常にが細く、自分もこのことを気に入っている。JTマーヴェラスの公式ホームページ内では自分のチャームポイントとして、「細い目」とあげている。
  • 2006年ドーハアジア大会で、オフの自主練習中に板が降ってきて右足の親指・人差し指・中指を痛め、人差し指にヒビが入り、他の選手から「看板娘」とあだ名をつけられた。

球歴

  • 所属チーム履歴
三田尻女子高校(現・誠英高等学校)日立ベルフィーユ(1998-2001年)→JTマーヴェラス(2001年-2009年)

脚注

  1. ^ 準決勝で対戦した古川商業高等学校(現・古川学園高等学校)には、元チームメイトの菅山かおるがいた。
  2. ^ a b 漢字 - 宝来麻紀子オフィシャルブログ(2010年6月22日)
  3. ^ 日刊スポーツ、2010年1月20日p25
  4. ^ asahi.com(朝日新聞社):バレー元代表の宝来プロゴルファー転身へ
  5. ^ ご報告 - 宝来麻紀子オフィシャルブログ(2011年6月16日)
  6. ^ 宝来麻紀子、今秋結婚!元バレー日本代表同士 ビッグベイビー期待”. スポニチ (2015年8月23日). 2015年8月24日閲覧。
  7. ^ 元バレー全日本の宝来麻紀子さん、新クラブのコーチに”. 朝日新聞 (2018年3月18日). 2018年3月19日閲覧。
  8. ^ JT女子バレー部 選手プロフィール Profile 宝来 眞紀子”. 2008年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月8日閲覧。

外部リンク