この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

吉澤智恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉澤 智恵
Chie Yoshizawa
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-09) 1983年7月9日(34歳)
出身地 東京都荒川区
ラテン文字 Chie Yoshizawa
身長 173cm
体重 65kg
選手情報
愛称 チエ
ポジション WS
指高 225cm
利き手
スパイク 294cm
ブロック 287cm
テンプレートを表示

吉澤 智恵(よしざわ ちえ、女性、1983年7月9日 - )は、日本の元バレーボール選手。東京都荒川区出身。ニックネームはチエ

来歴

ママさんバレーの選手だった母親の影響で、小学校4年生より地域スポーツクラブの東金町ビーバーズでバレーボールを始める。共栄学園高校では1年からエースとして活躍し、2000年春高バレーでベスト4の成績を収めた。同年アジアジュニア選手権では準優勝を経験。

2002年に全日本代表に初選出され、日米対抗に出場。同年武富士バンブーに入団。173cmと小柄ながら身体能力の高さを生かした強烈なスパイクと守備力を武器に活躍。第9回(2002-03)、第10回(2003-04)Vリーグではリベロとして出場、第11回(2004-05)Vリーグはリーグ最低身長のエースとして全試合全セットに出場。

2005年、3年ぶりに全日本代表に選出される。同年ワールドグランプリ初戦のポーランド戦で、スタメン出場し10得点を挙げる活躍をした。同年11月のグラチャンに出場した。

2009年5月、武富士バンブーが廃部。同年8月、スペイン1部リーグのテネリフェ・マリシャルに移籍[1]

2010年に5年ぶりに全日本へ復帰し[2]、同年のモントルーバレーマスターズワールドグランプリなどに出場した。同年8月、JTマーヴェラスに移籍[3][4]

2011年、2010-11Vプレミアリーグ第60回黒鷲旗大会で初優勝した。2012/13年シーズンで出場試合が230試合なり、Vリーグ栄誉賞の資格を得た[5]

2013年4月22日、マーヴェラスや日本代表チームでも同僚であった大友愛と共に2012-2013シーズン限りで現役を引退することがチームより発表された[6]

2015年4月から嘉悦大学バレーボール部コーチとなり現在に至っている[7]

人物・エピソード

キャッチコピー

球歴

  • 所属チーム履歴
尾久宮前小(東金町ビーバーズ)→共栄学園中学校共栄学園高等学校武富士バンブー(2002-2009年)→スペインの旗テネリフェ・マリシャル(2009-2010年)→JTマーヴェラス(2010-2013年)
  • 全日本代表
    • 2005年、2010年

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 吉澤智恵 スペイン1部リーグ テネリフェに移籍 ご報告”. DELIGHT Corporation (2009年8月27日). 2009年8月28日閲覧。
  2. ^ 月刊バレーボール 2010年7月号 20ページ
  3. ^ 吉沢智恵 スペイン・テネリフェからJTへ移籍”. スポニチweb版 (2010年7月30日). 2010年8月2日閲覧。
  4. ^ 吉澤智恵選手入部のお知らせ”. JTマーヴェラス (2010年7月30日). 2010年8月2日閲覧。
  5. ^ 月刊バレーボール 2013年6月号 86ページ
  6. ^ 谷口雅美選手、大友愛選手、吉澤智恵選手、西山慶樹選手退部のお知らせ JTマーヴェラスオフィシャルサイト 2013年4月22日付
  7. ^ tapiのブログ(2015年4月15日)

外部リンク