山本雅道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山本雅道
Masamichi Yamamoto
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 山本雅道
やまもと まさみち
生年月日 (1978-08-04) 1978年8月4日(39歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 64kg
チーム情報
所属 シエルヴォ奈良
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
1998-1999
2000
2001-2007
2008-2011
2015
2016
日本舗道
ミヤタ・スバル
シマノレーシング
ブリヂストン・アンカー
キナン
シエルヴォ奈良
主要レース勝利
ツール・ド・マルティニック 第8ステージ 2008
全日本選手権U23 ロードレース優勝 1999,2000
最終更新日
2016年1月1日

山本 雅道(やまもと まさみち、1978年8月4日 - )は、神奈川県藤沢市出身の自転車プロロードレース選手。171cm、64kg。スプリンター

来歴[編集]

横浜高校在学中、自転車部に所属し活躍。高校の同級生にいずれもプロ野球選手の阿部真宏幕田賢治松井光介らがいる。

卒業後、プロデビューし主にイタリアやフランスで活動。1999年2000年の全日本選手権U-23を連覇。2001年からシマノレーシング(スキル・シマノ)に所属。同年のツアー・オブ・ジャパン大阪ステージで日本人最高位の4位となる。

2006年12月5日、元バレーボール選手でタレントの益子直美と結婚する。

2008年チームブリヂストン・アンカーに移籍。この年の7月にはツール・ド・マルティニック第8ステージで勝利。UCI格付けのレースで念願の初勝利を飾った。

2011年8月、選手を引退することを自身の公式サイトで発表した。

2015年、キナンサイクリングチームで現役復帰。

2016年シエルヴォ奈良に監督兼選手として移籍。

外部リンク[編集]