坂本久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂本 久美子
Kumiko Sakamoto
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-12-13) 1972年12月13日(44歳)
出身地 福岡県糟屋郡粕屋町
ラテン文字 Kumiko Sakamoto
身長 177cm
体重 63kg
血液型 B型
選手情報
愛称 ユウ
ポジション WS
指高 232cm
利き手
スパイク 309cm
ブロック 287cm
テンプレートを表示

坂本 久美子(さかもと くみこ、1972年12月13日- )は、日本の元バレーボール選手。

来歴[編集]

福岡県糟屋郡出身。博多女子高校時代は春高バレー3位。1990年、17歳で全日本代表入りし世界選手権に出場した。

1991年ダイエー・オレンジアタッカーズに入部。10年に一人の逸材として期待され一年目よりレギュラーを獲得し活躍したが、その後外国人選手や佐々木みきらとのポジション争いに敗れ、怪我などもありで長らく控え選手に甘んじた。1999年、オレンジアタッカーズ退部。同年デンソー・エアリービーズに入団。2001年現役引退。

春高コーチングキャラバンコーチ等で後進の指導に当たった。母校である博多女子高校バレー部のコーチを4年間務めたあと、2011年9月から監督として後輩の指導にあたっている[1]

2015年より、神戸市のダイエーオレンジアタッカーズ練習拠点であった  ダイエー厚生年金スポーツセンター跡地に隣接する  流通科学大学バレーボール部監督に就任。(前任は元ダイエーオレンジアタッカーズ夏田由美

経歴[編集]

  • 所属チーム履歴
博多女子高等学校ダイエー/オレンジアタッカーズ(1991-1999年)→ デンソー・エアリービーズ(1999-2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2012年5月号 100ページ