三屋裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三屋 裕子
Yuko Mitsuya
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1958-07-29) 1958年7月29日(60歳)
出身地 福井県勝山市
ラテン文字 Yuko Mitsuya
身長 177cm
体重 61kg
血液型 A型
選手情報
愛称 サイ
ポジション センター
指高 228cm
利き手
スパイク 308cm
ブロック 293cm
 
獲得メダル
オリンピック
女子 バレーボール
1984 バレーボール
テンプレートを表示

三屋 裕子(みつや ゆうこ、1958年7月29日[1] - )は、日本バレーボール協会理事。元バレーボール全日本代表選手。福井県勝山市出身。筑波大学大学院体育学研究科修了。

日本バスケットボール協会会長。株式会社サイファ代表取締役。株式会社テン・アローズ(旧シャルレ)前代表執行役社長、株式会社シャルレ(旧シャルレから分割設立)前代表取締役社長。藤田観光株式会社社外取締役。株式会社パロマ社外取締役。筑波スポーツ科学研究所副所長。株式会社BSフジ番組審議会委員。

来歴 [編集]

中学からバレーボールを始め、八王子実践高校から筑波大学体育専門学群[2]に進学する。1981年日立女子バレーボール部に入部。ユニバーシアードに3度出場し、1979年には銀メダル獲得。日立、全日本代表の主軸選手として活躍し、1983年アジア選手権で優勝。1984年ロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した。

最高到達点308cmという高さを誇り、攻撃型のセンタープレイヤーとして活躍した。現役時代のニックネームは三ツ矢サイダーのサイからとった「サイ」

引退後は、國學院高等学校の教師を経て、1985年から学習院大学助手、1987年に同大学講師に就任した。同大学バレー部の指導をする傍ら、全日本ジュニアチームのコーチを務めた。1990年筑波スポーツ科学研究所主任研究員・非常勤講師に就任。1992年、筑波大学大学院に進学し、その後、筑波スポーツ科学研究所副所長に就任した。

2004年4月、女性下着の訪問販売会社シャルレ(現テン・アローズ)の社会貢献活動に参加していたことがきっかけで同社顧問となり、同年6月29日付で社長に就任。しかし業績悪化や経営方針の違いから創業家と対立、2007年6月27日、テン・アローズ(旧シャルレ)と子会社のシャルレ両社の株主総会にて、両社の社長職を解任される。この時、三屋は記者会見で「1980年モスクワオリンピックで、ボイコットにより出場出来なかった時と同じような気分」と涙ながらに語った。

2006年日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)理事。2007年4月から日本バレーボール協会理事(2013年6月まで)。2013年4月には、同協会の女子育成強化委員会ディレクターに就任した[3]。2014年6月から日本バレーボール協会評議員。2015年5月、日本バスケットボール協会副会長に就任[4]。2016年6月、日本バスケットボール協会会長に就任[5]。2017年5月、国際バスケットボール連盟理事に就任[6]。また、スポーツコメンテーターとして、現在テレビ出演等で活躍している。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
八王子実践高等学校筑波大学日立(1981-1984年)
  • 受賞歴
    • 1981年 - 第15回日本リーグ ベスト6
    • 1982年 - 第16回日本リーグ スパイク賞、ベスト6
    • 1983年 - 第17回日本リーグ スパイク賞、ベスト6

著書[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]