飯田高子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯田 高子
Takako Iida
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1946-02-03) 1946年2月3日(71歳)
出身地 愛知県海部郡弥富町(現弥富市
ラテン文字 Takako Iida
身長 174cm
体重 69kg
選手情報
愛称 イイチョン
ポジション MB
利き手
 
獲得メダル
Flag of Japan.svg 日本
オリンピック
1972 女子バレーボール
1976 女子バレーボール
世界選手権
1970 女子バレーボール
1974 女子バレーボール
ワールドカップ
1973 女子バレーボール
テンプレートを表示

飯田 高子(いいだ たかこ、現姓:神白(かじろ)、1946年2月3日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。

来歴[編集]

愛知県海部郡弥富町(現:弥富市)出身。中学3年次よりバレーボールを始める。名古屋女子商業高校を経て、実業団の帝人名古屋に入部したが、1965年に同チームが廃部となる。

体育教師を目指して、中京大学に入学する。在学中にユニバーシアード代表メンバーに選出される。1970年ヤシカに入社し、同社の女子バレーボール部でセンターとして日本リーグで活躍。バレーボール全日本女子チームにも選ばれ、1972年ミュンヘン五輪ではヤシカのチームメイトである浜恵子とともに銀メダル、1976年モントリオール五輪では主将としてチームをまとめ金メダルを獲得した。帰国後現役を引退。

2006年、NPO法人バレーボール・モントリオール会を設立し、代表理事に就任[1]。現在は同法人顧問、草加市バレーボール連盟副会長。

2017年、生涯スポーツ功労者賞を受賞[2]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
弥富町立弥富中学校名古屋女子商業高校帝人名古屋中京大学ヤシカ(1970-1976年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1971年 - 第4回日本リーグ ベスト6
    • 1972年 - 第5回日本リーグ 敢闘賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1973年 - 第6回日本リーグ 殊勲賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1974年 - 第7回日本リーグ 敢闘賞、スパイク賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1975年 - 第6回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞、ブロック賞、ベスト6

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1967年9月号 34-37ページ