岩原豊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩原 豊子
Toyoko Iwahara
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1945-05-11) 1945年5月11日(73歳)
出身地 東京都台東区
ラテン文字 Toyoko Iwahara
身長 169cm
体重 62kg
選手情報
愛称 ガン
ポジション セッター
 
獲得メダル
オリンピック
1968 女子
1972 女子
世界選手権
1967 女子バレーボール
1970 女子バレーボール
テンプレートを表示

岩原 豊子(いわはら とよこ、現姓:和田[1]1945年5月11日 - )は、東京都出身の元バレーボール選手、指導者。1968年メキシコオリンピック、1972年ミュンヘンオリンピックバレーボール女子銀メダリスト。

来歴[編集]

疎開先の母の実家(茨城県)で生まれ、東京都台東区育ち。バレーボール強豪校の中村高校に進学し、全日本総合選手権ベスト4などに貢献した。

1964年に実業団のヤシカに入部し、セッターに転向する。1967年に全日本メンバーに選出され、同年の世界選手権優勝、1968年のメキシコオリンピック準優勝などに貢献した。

国内では、1967年度の第1回日本リーグでベスト6およびレシーブ賞を獲得し、チーム準優勝に大きく貢献した。現役引退後もコーチとして後身の指導に当たり、1978年5月のヤシカ廃部までチームのために尽力した。

現在は、バレーボールアカデミー(貝塚ドリームス)のスタッフとして尽力している[2]

球歴[編集]

  • 球歴
台東区立御徒町中学校中村高校ヤシカ(1964-1973年)
  • 受賞歴
    • 1967年 - 第1回日本リーグ レシーブ賞、ベスト6
    • 1968年 - 第2回日本リーグ ベスト6
    • 1969年 - 第3回日本リーグ ベスト6
    • 1972年 - 第6回日本リーグ 敢闘賞、レシーブ賞、ベスト6

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2011年1月号 99ページ
  2. ^ JVA貝塚ドリームス - 選手・スタッフ紹介

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年1月号 38-43ページ

外部リンク[編集]