バレーボールアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バレーボールアカデミーは、日本バレーボール協会2005年に創立した、世界に通用する女子バレーボール選手を育成する学校。2012年3月をもって解散[1]

概要[編集]

優秀な長身選手を早期に発掘し、大阪府貝塚市JVA貝塚ナショナルトレーニングセンター(トレセン)で最高の指導者の下、長期間にわたってバレーボールの指導を行う。

バレーボールアカデミーのメンバーで編成されたチームはNT貝塚ドリームスと呼ばれる。生徒はトレセンに隣接する寮で共同生活を行っている。

2005年の第19回全国都道府県対抗中学バレーボール大会に特別参加した。

2012年3月、2012年度限りで本アカデミーが解散すると報じられた[2]

なお、国際バレーボール連盟(FIVB)が2009年新潟県南魚沼市に設立した「FIVBバレーボールアカデミー」とは全く別の組織である。

参加資格[編集]

身長172cm以上、ジャンプの最高到達点275cm以上の女子中学生。

主な出身選手[編集]

Vリーグ入りした出身選手は下記の通り[3]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 毎日jp. “バレーボール:貝塚ドリームス解散へ”. 2012年3月9日閲覧。
  3. ^ JVA貝塚ドリームスの今までの動き”. 貝塚市. 2017年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]