篠崎洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠崎 洋子
Yoko Shinozaki
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1945-01-29) 1945年1月29日(74歳)
出身地 埼玉県大宮市(現さいたま市
ラテン文字 Yoko Shinozaki
身長 171cm
体重 67kg
選手情報
ポジション エース
 
獲得メダル
オリンピック
女子 バレーボール
1964 東京 女子
世界選手権
1962 女子バレーボール
1967 女子バレーボール
テンプレートを表示

篠崎 洋子(しのざき ようこ、現姓:田村、1945年1月29日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。1964年東京オリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。東京オリンピックメンバー選考会では、日紡貝塚のサブメンバーであることが評価されてメンバー入りが決定した[1]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
市立宮原中学大宮高校日紡貝塚/ニチボー貝塚(1963-1967年)

脚注[編集]

  1. ^ VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1964年10月号 47ページ

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1965年1月号 72ページ