この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山口かなめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 かなめ
Kaname Yamaguchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-11-06) 1989年11月6日(30歳)
出身地 兵庫県川西市
ラテン文字 Kaname Yamaguchi
身長 170cm
体重 67kg
血液型 B型
選手情報
愛称 クウ
ポジション S
指高 221cm
利き手
スパイク 293cm
テンプレートを表示

山口 かなめ(やまぐち かなめ、女性、1989年11月6日 - )は、日本の元バレーボール選手である。ニックネームはクウ。現在は解説者として活動[1]

来歴

兵庫県川西市出身。小学3年次に実姉の影響でバレーボールを始める。四天王寺高校3年次には主将を務め、春高バレーインターハイなどで活躍した。

2008年、東海大学に進学すると近江あかり吉村志穂らとともに1年生カルテットとして、春季2部リーグ準優勝[1]し、同年12月の全日本インカレ準優勝[2]までチーム躍進の原動力となった。

2011年7月、第26回ユニバーシアード代表に選出された[2]。同年12月、全日本インカレにおいて悲願の優勝を果たし、自らも大会MVPに輝いた[3]。同月、JTマーヴェラスへの入団内定が発表された[4]

2013年7月、第27回ユニバーシアード代表に選出された[5]

2014年5月、JTを退団し[6]NECレッドロケッツに移籍した[7]。NECではスタメンセッターとして活躍、チーム10年ぶりとなる優勝に貢献し、自らもベスト6に選出された[8]

2016/17シーズン、NEC優勝に貢献し再びベスト6に選出された[9]。2017年5月に開催されたFIVB世界クラブ女子バレーボール選手権2017神戸大会 サロンパスカップでも着実なセットアップを披瀝してベストセッターに耀いた[10]

2018/19シーズンをもって現役引退[11]

球歴

  • ユニバーシアード代表 - 2011年、2013年

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[12]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2011/12 JT 11 1 0 0 0.0% % 0 0.00 1 0 0.00% 0.0% 0 0.0% 0
2012/13 28 110 79 42 53.2% % 23 0.21 369 8 2.17% 9.5% 2 50.0% 73
2013/14 28 22 3 1 33.3% % 1 0.05 38 1 2.63% 11.2% 0 0.0% 3
2014/15 NEC 21 61 34 18 52.9% % 9 0.15 193 7 3.63% 10.5% 0 0.0% 34
2015/16 21 84 47 32 68.1% % 23 0.27 271 8 2.95% 12.9% 2 0.0% 63
2016/17 21 75 51 28 54.9% % 11 0.15 296 4 % 8.2% 2 0.0% 43
2017/18 21 47 8 3 37.5% % 2 0.04 113 14 % 19.7% 1 0.0% 19
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ 矢田部ゆか (2019年10月1日). “矢田部ゆか(アナウンサー)のツイート”. 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会「第26回ユニバーシアード競技大会全日本メンバー」
  3. ^ 全日本インカレ2011[リンク切れ]
  4. ^ JTマーヴェラス. “山口かなめ選手の入部が内定しました!”. 2011年12月27日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会「第27回ユニバーシアード競技大会全日本メンバー」
  6. ^ JTマーヴェラス. “千葉智枝美選手、山口かなめ選手、ディララ・ビルゲ選手、石川友紀選手、石井美樹選手、早坂梢依選手、橋本直子選手退部のお知らせ”. 2014年5月30日閲覧。
  7. ^ NECレッドロケッツ. “NECレッドロケッツ 2014年度新加入選手のお知らせ”. 2014年6月23日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2014/15V・プレミアリーグ女子大会 個人賞表彰選手”. 2015年4月5日閲覧。
  9. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年5月28日閲覧。
  10. ^ ワクフバンク・イスタンブールが2度目の女子クラブ王者! FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ”. 日本バレーボール協会. 2017年5月28日閲覧。
  11. ^ 2018/19シーズン勇退選手・スタッフのメッセージ・現役選手からの贈る言葉”. NECレッドロケッツ (2019年5月24日). 2019年10月27日閲覧。
  12. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月20日閲覧。

参考文献

  • 月刊バレーボール 2011年4月号 75ページ

外部リンク