イエレナ・パブロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イエレナ・パブロワ
Yelena Pavlova
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍  カザフスタン
生年月日 (1978-12-12) 1978年12月12日(39歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 タシュケント
ラテン文字 Yelena Pavlova
身長 186cm
体重 71kg
選手情報
愛称 レーナ
ポジション WS
スパイク 305cm
ブロック 296cm
テンプレートを表示

イエレナ・パブロワ(Yelena Pavlova、女性、1978年12月12日 - )は、ソビエト連邦タシュケント出身(現在のウズベキスタン、当時のウズベク・ソビエト社会主義共和国)の元バレーボール選手。1997年カザフスタン国籍を取得しカザフスタン代表として世界大会で活躍した。2005アジア選手権で日本を破り銀メダルを獲得した時はエースでキャプテンとして活躍した。母親のラリッサ・パブロワもバレーボール選手で1980年モスクワ五輪ではソビエト連邦女子代表として出場し金メダルを獲得している[1]

人物[編集]

逆足の入りから最後は両足で踏み切る独自のスパイクフォームから放たれるスパイクは、打った瞬間のボールの音で迫力が伝わってくるほどである。[要出典]ブロックを力で打ち抜いてしまう事もたびたびある。[要出典]長年チームを牽引するキャプテンとして、国際大会で活躍した。スパイク打数は当時のチームで群を抜いて多い。[要出典]

フランス、スペインなどのリーグを経験し、カザフスタン代表のエースとして2005年のアジア選手権で銀メダル獲得に大きく貢献した。そこから注目を浴び、[要出典]翌年に日本で開催された世界選手権に出場し、強豪国相手に健闘を見せた。

2006年アジア大会ではベストスコアラーに輝く活躍をした。日本では“パブちゃん”の愛称を持つ。2007-2008シーズンに所属していた久光製薬スプリングスでの愛称は“レーナ”である。2007年ワールドグランプリにて初出場した。座右の銘は「勝利あるのみ」でチームを引っ張った。[要出典]2008年は北京オリンピック世界最終予選に主将としてチームを引っ張り北京オリンピックの切符を手にした。

北京オリンピック後に兼ねてから公式に発言していた出産により競技から離れる。同じく北京オリンピックでカザフスタン代表の柔道選手アスハト・ジトケエフと結婚した。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yelena Pavlova FIVBプロフィール