鈴木日葵

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 日葵
Hibiki Suzuki
埼玉上尾メディックス  No.4
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-12-13) 1997年12月13日(24歳)
出身地 日本の旗 千葉県船橋市
ラテン文字 Hibiki Suzuki
身長 183cm
体重 63kg[1]
血液型 A型
選手情報
所属 埼玉上尾メディックス
愛称 ヒビキ
ポジション MB
指高 237cm[1]
利き手[2]
スパイク 286cm[1]
テンプレートを表示

鈴木 日葵(すずき ひびき、女性、1997年12月13日 - )は日本バレーボール選手である。V.LEAGUE DIVISION1の埼玉上尾メディックスに所属している。

来歴

千葉県船橋市出身[3]。12歳の頃、友達に誘われたのをきっかけにバレーボールを始める[3][2]

市立船橋高等学校を経て、2015年に群馬銀行グリーンウイングスの内定選手となり2016年入団(チームは当時V・チャレンジリーグII所属で2018年よりV.LEAGUE DIVISION2所属)[1]

2019-20シーズン2020-21シーズンに、V.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)で2シーズン連続のスパイク賞を受賞[4][5]。しかし、さらに自分自身のスキルを伸ばしたいと思い、さらにレベルの高い環境(V1リーグ)でのプレーを求め、2020-21シーズン終了をもって、引退も覚悟の上で移籍希望を出した[6][7]

2021年、V1リーグの埼玉上尾メディックスからオファーが届き、同チームに移籍した[8][9][7]群馬銀行の前監督で鈴木の恩師でもある石原昭久もスカウトとして埼玉上尾に入団した[8]。2021年10月23日、V1リーグJTマーヴェラス戦で第4セット途中から出場しV1デビューを果たした[10]

所属チーム

受賞歴

脚注

  1. ^ a b c d 鈴木 日葵”. Vリーグ機構. 2021年6月21日閲覧。
  2. ^ a b 「群馬銀行グリーンウイングス」『2020-21 V.LEAGUE公式プログラム チームの顔 女子 2020年12月号』、日本文化出版、2020年12月、 104頁、 ASIN B08KH3VJQC
  3. ^ a b 鈴木日葵”. 埼玉上尾メディックス. 2021年6月21日閲覧。
  4. ^ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年3月25日). 2021年6月21日閲覧。
  5. ^ 2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 群馬銀行が2年連続の優勝”. Vリーグ機構 (2021年3月6日). 2021年6月21日閲覧。
  6. ^ 退団選手のお知らせ”. 群馬銀行グリーンウイングス (2021年5月14日). 2021年6月21日閲覧。
  7. ^ a b “夢のV1飛躍誓う 船橋出身の鈴木日葵選手”. FUNAYOMI ONLINE (船橋よみうり新聞社). (2021年8月22日). http://funayomi.com/2021/08/22/4182/ 2021年8月25日閲覧。 
  8. ^ a b 埼玉上尾メディックス2021年度新体制のお知らせ”. 埼玉上尾メディックス (2021年6月1日). 2021年6月21日閲覧。
  9. ^ “埼玉上尾 鈴木日葵と冨田直人コーチが加入”. 月バレ.com (日本文化出版). (2021年6月3日). https://www.getsuvolley.com/210603_saitama_ageo 2021年6月21日閲覧。 
  10. ^ 試合結果速報 2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・レギュラーラウンド 埼玉上尾メディックス VS JTマーヴェラス”. V.LEAGUE (2021年10月23日). 2021年10月26日閲覧。

外部リンク