この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

群馬銀行グリーンウイングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

群馬銀行グリーンウイングス
ホームタウン 群馬県前橋市
クラブカラー グリーン
創設年 1975年
所属リーグ V.LEAGUE Division2
チーム所在地 群馬県前橋市
代表者 佐藤直之
監督 石原昭久[1]
ホームページ 公式サイト
 表示 

群馬銀行グリーンウイングス(ぐんまぎんこうグリーンウイングス)は、群馬県前橋市を本拠地とする女子実業団バレーボールチームである[2]。運営主体は群馬銀行。2019年10月現在、V.LEAGUE Division2に所属。

概要

1975年に9人制バレーボール部として創部[3]全日本9人制バレーボール総合選手権において、1981年の初優勝以来11回の優勝を誇る[3][4]。また、全日本9人制バレーボール実業団選手権で優勝11回、桜田記念9人制バレーボール実業団選抜優勝大会において優勝9回、国民体育大会において優勝13回を果たした強豪チームとなった(全国9人制タイトル優勝 計44回は、歴代最多記録である)[3][5]

2015年1月に群馬銀行は、同年4月から活動の主体を6人制に移行することを発表した[3][1]国民体育大会バレーボール競技において、2010年をもって9人制種目が廃止され、国民体育大会に出場するためには6人制への移行が不可欠との判断による[3]

同年3月5日、日本バレーボールリーグ機構は、群馬銀行バレーボール部の準加盟内定とともに、2015/16シーズンから新設されるV・チャレンジリーグIIに参戦することを発表した[6]

同年6月29日、群馬銀行はチーム名称を「群馬銀行グリーンウイングス」とすることを発表した[7]。初参戦となった2015/16シーズンでは4位に甘んじた[8]

2017/18シーズンでは、チャレンジリーグIIで初優勝を果たした[9]。また、翌シーズンより始まる新生V.LEAGUEのS2ライセンスを取得し、これをもってVリーグ正会員(正式入社)内定となった。V.LEAGUE初年度はV2に編入[10]

2018-19シーズン、V2リーグで3位となり、V・チャレンジマッチ出場まであと一歩の成績を残した[11]。2019-20シーズン、V2リーグで初優勝を果たし、V・チャレンジマッチ出場を決めた[12][13]。しかし、V・チャレンジマッチではヴィクトリーナ姫路に2試合ともストレートで敗れ、V1昇格はならなかった[14]

成績

主な成績

全日本総合(9人制)
  • 優勝 11回(1981年、1982年、1985年、1986年、1994年、1995年、1999-2002年、2004年)
  • 準優勝 4回(1983年、1987年、1996年、1997年)
全日本9人制バレーボール実業団選手権
  • 優勝 11回(1982-1985年、1988-1990年、1997年、1998年、2000年、2001年)
  • 準優勝 6回(1993年、1995年、1999年、2002年、2006年、2009年)
桜田記念全日本9人制バレーボール実業団選抜優勝大会
  • 優勝 9回
国民体育大会(9人制)
V.LEAGUE DIVISION2
  • 優勝 1回(2019-20)
  • 準優勝 なし
V・チャレンジリーグII
  • 優勝 1回(2017/18
  • 準優勝 なし

年度別成績

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
チャレンジII 2015/16 4位 5チーム 4位 16 7 9 -
2016/17 3位 6チーム 3位 15 9 6 -
2017/18 優勝 6チーム 1位 15 13 2 -

V.LEAGUE

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
DIVISION2 2018-19 3位 10チーム 3位 18 14 4 5 4 1
2019-20 優勝 8チーム 1位 21 18 3 -

選手・スタッフ

選手

2019年10月版[15][16]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 栗田楓 KURITA 日本の旗 日本 S
2 吉岡みなみ YOSHIOKA 日本の旗 日本 L キャプテン
3 鈴木日葵 SUZUKI 日本の旗 日本 MB
4 小林愛里 KOBAYASHI 日本の旗 日本 OH
5 田中瑠奈 TANAKA 日本の旗 日本 OH
6 古市彩音 FURUICHI 日本の旗 日本 S 副キャプテン
7 寺坂茜 TERASAKA 日本の旗 日本 OH
8 斉藤千佳 SAITO 日本の旗 日本 MB 副キャプテン
9 上地野乃香 UECHI 日本の旗 日本 L
10 新井祥 ARAI 日本の旗 日本 OH
11 坂本陽菜 SAKAMOTO 日本の旗 日本 OH
12 土屋智菜実 TSUCHIYA 日本の旗 日本 OH 副キャプテン
13 愛宕諒子 ATAGO 日本の旗 日本 OH
14 伊藤きわ美 ITO 日本の旗 日本 OH
15 石川梨奈 ISHIKAWA 日本の旗 日本 MB
16 安福若菜 YASUFUKU 日本の旗 日本 MB

スタッフ

2019年10月版[15][16]

役職 名前 国籍
部長 佐藤直之 日本の旗 日本
副部長 石川剛志 日本の旗 日本
シニアアドバイザー 永田幸雄 日本の旗 日本
監督 石原昭久 日本の旗 日本
コーチ 須崎杏 日本の旗 日本
コーチ兼アナリスト 丸山佳穂 日本の旗 日本
トレーナー 熊谷大志 日本の旗 日本
アシスタントトレーナー 千野葉子 日本の旗 日本
事務局 萩原佐知子 日本の旗 日本

関連項目

脚注

  1. ^ a b 東京新聞. “女子バレー部6人制に 群馬銀行 Vリーグへ準加盟を申請”. 2015年1月7日閲覧。
  2. ^ 群馬銀行. “バレーボール部活動”. 2015年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e 群馬銀行. “群馬銀行バレーボール部の6人制への移行とVリーグ機構への加盟申請について”. 2015年1月18日閲覧。
  4. ^ 日本バレーボール協会. “[http://archive.jva.or.jp/in_japan/games/9alljapan-women/honours.html 全日本9人制バレーボール総合女子選手権大会 優勝チーム一覧]”. 2015年1月18日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “全日本9人制バレーボール実業団女子選手権大会 優勝チーム一覧”. 2015年1月18日閲覧。
  6. ^ Vリーグ機構. “2015/16V・チャレンジリーグⅡに参戦する準加盟内定チームのお知らせ”. 2015年3月5日閲覧。
  7. ^ 群馬銀行. “群馬銀行バレーボール部のチーム名称およびロゴマークの決定について”. 2015年6月30日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2015/16V・チャレンジリーグⅠ女子,2015/16V・チャレンジリーグⅡ女子全日程終了、最終結果のお知らせ”. 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ 2017/18V・チャレンジリーグⅡ女子 最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ”. Vリーグ機構. 2018年2月26日閲覧。
  10. ^ 2018-19 V.LEAGUEの編成について”. Vリーグ機構 (2018年3月24日). 2020年2月17日閲覧。
  11. ^ 2018-19 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル6最終結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2019年3月17日). 2020年2月17日閲覧。
  12. ^ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年2月9日). 2020年2月17日閲覧。
  13. ^ V2リーグ初優勝と入替戦出場決定のお知らせ”. 群馬銀行グリーンウイングス (2020年1月27日). 2020年2月17日閲覧。
  14. ^ “ヴィクトリーナ姫路がV1残留決定! ~2019-20V.LEAGUE V・チャレンジマッチ 最終結果~” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年2月23日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21653 2020年3月27日閲覧。 
  15. ^ a b 選手・スタッフ紹介”. 群馬銀行グリーンウイングス. 2019年11月22日閲覧。
  16. ^ a b 群馬銀行グリーンウイングス”. Vリーグ. 2019年11月22日閲覧。

外部リンク