カノアラウレアーズ福岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カノアラウレアーズ福岡
ホームタウン 福岡県田川郡福智町
創設年 2018年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION3
チーム所在地 福岡県田川郡福智町
代表者 森裕介
監督 森田亜貴斗
ホームページ 公式ウェブサイト
一般社団法人カノアスポーツ振興会
種類 一般社団法人
本社所在地 日本の旗 日本
822-1212
福岡県田川郡福智町弁城1300-1
設立 2019年9月11日
業種 サービス業
法人番号 7290005017442
事業内容 バレーボールチーム運営
代表者 森田亜貴斗
テンプレートを表示

カノアラウレアーズ福岡(カノアラウレアーズふくおか、: KANOA Laulea's Fukuoka)は、福岡県福智町を本拠地とする女子バレーボールチームである。2023-24シーズンはV.LEAGUE DIVISION3 WOMEN(V3女子)に所属。

概要[編集]

運営は一般社団法人カノアスポーツ振興会。2018年設立。2023-24シーズンよりV.LEAGUE(DIVISION3 WOMEN)に参入。

ホームタウンは福岡県田川郡福智町。また、田川市行橋市直方市飯塚市糸田町宮若市嘉麻市香春町ともフレンドリータウン協定を締結している[1]

チーム名は、「カノア」とはハワイ語で「自由」、「ラウレア」は同じくハワイ語で「幸福」の意味である。

公式クラブマスコットキャラクターは「カノ福」である[2]

歴史[編集]

2018年、福岡県バレーボール協会支援の下、将来のV.LEAGUE参入を目指し『福岡春日シーキャッツ』として設立[3]。設立準備は福岡市で行われたが、練習場の優先使用などで協力した春日市がホームタウンに選ばれた[4]

初代監督にアトランタ五輪ビーチバレー日本代表で県協会理事を務める高尾和行、コーチに元日本代表の宝来麻紀子が就任[5]。3月18日にトライアウトを実施[3]。3月30日にメンバーが発表され、経営不振でVリーグ機構を退社したフォレストリーヴズ熊本からも3選手が移籍加入した[注釈 1]。4月からチームとして活動開始[3]。春日市総合スポーツセンターで練習を重ねる[4]

同年7月、発足からわずか3か月で全日本6人制クラブカップ女子選手権準優勝を果たす[4]

2020年、1月から2月に開催された第10回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会決勝リーグに初出場し、6勝5敗の成績を挙げた[8][9][10]。しかし、その後チームはコロナ禍により6月まで練習中止を余儀なくされる[11]

2020年6月、元パナソニックパンサーズ森田亜貴斗が監督に就任[12]。元日本代表セッターで地元出身でもある松浦麻琴もコーチに就任した[13]

しかし、続くコロナ禍によりスポンサーからの協賛金が減り苦境に立たされ、ホームゲームでのスタッフ確保など体制面で課題が残ったため、翌シーズン(2021-22シーズン)のV.LEAGUE入りは果たせなかった[11]。また、当時の運営が素人であり、運営資金が枯渇し、運営スタッフが次々と退団する事態に陥り、森田の給与までも無給になる事態に陥った。福岡県内でもクラブの評判は悪くなり、森田の営業も及ばずスポンサーもつかない状態となった[14]

2020年12月7日より、運営資金減額の回復を目指し、クラウドファンディングを1ヶ月間実施し、986,280円の支援総額となった(目標金額は5,800,000円)[15]。結果的には、回復に至らないどころか、スポンサーが20社から4社になり、2021年3月には所属選手が全員退団する事態に陥った[16]

2021年4月15日、チーム名変更がツイッターアカウントより発表され、チーム名が『KANOA福岡』となった[17][18]。KANOAとはハワイ語で「自由」という意味で、自由な発想で新たな価値を生み出すチームを目指すためにつけられた[19]。運営法人も、法人名が『一般社団法人福岡春日シーキャッツ』から『一般社団法人Ichijo』に変更された[20]。シーキャッツ時代にコーチとして在籍していた宝来と松浦も、公式サイトのメンバー一覧に記載されておらず、退団となった模様である[21]。前年より森田がオファーを出していた新卒の選手達が新たに入団した[22][23][16]

2021年7月、運営をV字回復させる実績のある森裕介が球団本部長に就任[24][25]。森の計画により、8月、県内の福智町とのフレンドリータウン協定締結に至った[26]

しかし、2022-23シーズンのV.LEAGUE参入は見送られた[27]

2021-22シーズン、皇后杯は、ブロックラウンドで出場チームの出場辞退により無条件でファイナルラウンド出場となる[28][29]。ファイナルラウンド1回戦でヴィクトリーナ姫路に敗れ敗退[30][31]。しかし、第12回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会西部決勝リーグでは4戦全勝で優勝を果たした(東部上位と対戦するグランドチャンピオンマッチは中止)[32][33][34]

2022年4月1日、フレンドリータウン協定を締結していた福智町を新たにホームタウンとした(ホームタウン協定を締結)[35]。それに因み、福智町の「地域おこし協力隊」に選手2人、スタッフ1人が着任した[36][37]。同時にチーム名とチームロゴも変更され、チーム名が『カノアラウレアーズ福岡』となった。チーム名に新たに加えられた「ラウレア」はハワイ語で「幸福」の意味で、バレーボールを通じて「自由」に羽ばたき、観ていただく方々に感動と幸福を与えられるようなチームを目指すと発表した[38]。2022-23シーズン新体制も発表され、監督の森田が代表理事も務めると発表した[39]

2022年10月6日、チーム運営会社の社名が「一般社団法人Ichijo」から「一般社団法人カノアスポーツ振興会」に変更になったと発表した[40]

2022年10月12日、V.LEAGUES3ライセンス取得が決定したと発表された。それにより、2023-24シーズンのV.LEAGUE参入が内定した[41][42]

2023-24シーズンは、V.LEAGUEのDIVISION3 WOMEN(V3女子)所属となった[43]。しかし、2024-25シーズンからのリーグ再編により、新リーグ参入に資金が必要となったため、森裕介はうなぎ屋の事業設立を決断。所属選手である熊本比奈が社長を引き受けた。クラブの資金調達だけでなく、町おこし、選手のセカンドキャリアも視野に入れたものである。リーグ編成後の1部リーグに相当するS-V.LEAGUE入りも視野に入れ、森は、そのためには5つくらいの事業設立が必要だと見解を述べた[44]

成績[編集]

主な成績[編集]

V.LEAGUE DIVISION3 WOMEN
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会
  • 西部決勝リーグ優勝 1回(2021年度)
全日本6人制クラブカップ女子選手権準
  • 準優勝 2回(2018年、2022年)

年度別成績[編集]

V.LEAGUE[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
DIVISION3 2023-24 -

選手・スタッフ(2023-24)[編集]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
1 大西風歌 OHNISHI (2000-08-31) 2000年8月31日(23歳) 155 日本の旗 日本 S 2023年- 帝塚山大学 新人[45]
2 賀谷明日光 GAYA (1995-11-16) 1995年11月16日(28歳) 174 日本の旗 日本 MB 2023年- 東京スリジエ 移籍加入[46]
3 栗下詩子 KURISHITA (1999-03-25) 1999年3月25日(24歳) 173 日本の旗 日本 MB 2021年- 神戸親和女子大学
4 山田真実 YAMADA (1999-11-26) 1999年11月26日(24歳) 172 日本の旗 日本 S 2022年- 姫路獨協大学
5 三浦優 MIURA (1998-08-07) 1998年8月7日(25歳) 165 日本の旗 日本 OH 2021年- 中京大学
6 鎌田葉月 KAMATA (1997-09-10) 1997年9月10日(26歳) 167 日本の旗 日本 S 2023年- バサジィ大分 移籍加入[47]
7 原田栞里 HARADA (1998-10-26) 1998年10月26日(25歳) 170.5 日本の旗 日本 OH 2023年- アランマーレ 移籍加入[46]
8 上地野乃香 UECHI (1997-02-24) 1997年2月24日(26歳) 163 日本の旗 日本 L 2023年- 群馬銀行 新加入[48]
9 宮崎愛里 MIYAZAKI (1998-07-28) 1998年7月28日(25歳) 179 日本の旗 日本 MB 2023年- 大野石油 移籍加入[48]
10 松永歩未 MATSUNAGA (1998-06-04) 1998年6月4日(25歳) 177 日本の旗 日本 MB 2021年- 大阪国際大学
11 熊本比奈 KUMAMOTO (1995-12-02) 1995年12月2日(28歳) 174 日本の旗 日本 OH 2021年- 浜松 キャプテン
12 湊ひかり MINATO (1998-11-05) 1998年11月5日(25歳) 174 日本の旗 日本 OP 2021年- 大阪国際大学
13 山本輝 YAMAMOTO (1999-07-16) 1999年7月16日(24歳) 174 日本の旗 日本 OP 2022年- 帝塚山大学
15 横田希歩 YOKOTA (2001-03-11) 2001年3月11日(22歳) 180 日本の旗 日本 OH 2023年- 帝塚山大学 新人[45]
20 阿羅田安莉 ARATA (2002-03-05) 2002年3月5日(21歳) 164 日本の旗 日本 L 2024年- 龍谷大学 内定選手[49]
21 宇田川真奈 UDAGAWA (2001-05-09) 2001年5月9日(22歳) 164 日本の旗 日本 L 2024年- 至誠館大学 内定選手[50]
出典:チーム公式サイト[51] Vリーグ公式サイト[52]
更新:2023年12月20日

スタッフ[編集]

役職 名前 備考
代表理事兼監督 森田亜貴斗
球団本部長 森裕介
エグゼクティブディレクター 中村恭輔
事務局長兼部長補佐 池田道雄
コーチ 秋田陸希 新任[53]
アシスタントディレクター 染川遥香
アシスタントディレクター 大篭駿
強化マネージャー 高坂麻耶
フロントマネージャー 桐山詩菜
フロントマネージャー 密本歩惟
マーケター 市岡元気
デザイナー 塩見光珠
名誉監督 黒土孝司 福智町町長
専属カメラマン 吉田直史
専属ヘアメイク・プロデュース 成良花凜
柔道整復師 岡部圭佑 新任[54]
出典:チーム公式サイト[51] Vリーグ公式サイト[52]
更新:2023年11月9日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 熊本から移籍した3選手は、今門璃穂、岸川聖奈、角野僚架である[6][7]。熊本は後に活動再開し2020-21シーズンよりV.LEAGUE参入。

出典[編集]

  1. ^ 香春町とのフレンドリータウン協定 締結のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2024年1月12日). 2024年1月12日閲覧。
  2. ^ カノ福”. カノアラウレアーズ福岡. 2023年5月11日閲覧。
  3. ^ a b c 福岡県バレーボール協会の2月2日のFacebook投稿 - Facebook
  4. ^ a b c “福岡からVリーグつかむ 女子バレーチーム発足3か月で全日本クラブ杯準V”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2018年12月6日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/471014/ 2021年1月3日閲覧。 
  5. ^ “元バレー全日本の宝来麻紀子さん、新クラブのコーチに”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2018年3月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL3L71WSL3LTIPE019.html 2021年2月10日閲覧。 
  6. ^ 福岡県バレーボール協会の3月30日のFacebook投稿 - Facebook
  7. ^ フォレストリーヴズ熊本チーム登録選手(2018年3月時点)”. Vリーグ機構. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月10日閲覧。
  8. ^ 地域リーグ(第10回6人制バーボールリーグ)”. 福岡春日シーキャッツ. 2021年2月10日閲覧。
  9. ^ 2019年度 第10回 「全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会」 決勝リーグ” (PDF). 公益財団法人日本バレーボール協会. 2021年1月3日閲覧。
  10. ^ 第10回 全国6人制バレーボール総合男女優勝大会 決勝リーグ 女子 星取表” (PDF). 公益財団法人日本バレーボール協会 (2020年3月1日). 2021年2月10日閲覧。
  11. ^ a b 帖地洸平 (2021年1月19日). “Vリーグ目指す女子バレーチームがコロナ禍でピンチ コーチは元代表セッター”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/682726/ 2021年2月10日閲覧。 
  12. ^ 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)福岡春日シーキャッツ、2020年5月13日https://seacats.jp/archives/61002020年6月27日閲覧 
  13. ^ 市長の動き(令和2年度7月) → 福岡春日シーキャッツが表敬訪問(令和2年7月21日)”. 春日市 (2020年7月). 2021年2月10日閲覧。
  14. ^ 【 第2話 】森田、腹を括る”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月14日). 2023年5月11日閲覧。
  15. ^ クラウドファンディングを実施します”. 福岡春日シーキャッツ (2020年12月7日). 2021年4月16日閲覧。
  16. ^ a b 【 第5話 】悪評のひとり歩き。そして、熊本比奈の入団”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月13日). 2023年5月11日閲覧。
  17. ^ 福岡春日シーキャッツの2021年4月15日のツイート2021年4月16日閲覧。
  18. ^ 亜貴斗の2021年4月15日のツイート2021年4月16日閲覧。
  19. ^ TEAM”. KANOA福岡. 2021年7月10日閲覧。
  20. ^ KANOA福岡公式サイト”. KANOA福岡. 2021年6月22日閲覧。
  21. ^ PLAYER&STAFF”. KANOA福岡. 2021年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月3日閲覧。
  22. ^ 【 第3話 】「福岡で、バレーやらへんか?」(1)(#10松永歩未&#2岡留倫子)”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月11日). 2023年5月11日閲覧。
  23. ^ 【 第4話 】「福岡で、バレーやらへんか?」(2) (#3栗下詩子&#5三浦優&#12湊ひかり)”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月12日). 2023年5月11日閲覧。
  24. ^ 【 第7話 】多額の借金。森田、貯金を切り崩す日々”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月15日). 2023年5月11日閲覧。
  25. ^ 【 第8話 】福智町との出会い”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月16日). 2023年5月11日閲覧。
  26. ^ 福智町との「フレンドリータウン協定書」締結にともなう調印式について”. KANOA福岡 (2021年8月19日). 2022年4月8日閲覧。
  27. ^ 【 第9話 】Vリーグ申請に落ちる──“ここで、辞めたら”。”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年11月16日). 2023年5月11日閲覧。
  28. ^ 【お知らせ】天皇杯・皇后杯 九州グループ代表の決定について”. KANOA福岡 (2021年9月14日). 2022年4月8日閲覧。
  29. ^ 九州ブロックラウンド(女子)” (PDF). 日本バレーボール協会. 2022年4月8日閲覧。
  30. ^ 試合結果”. KANOA福岡 (2021年12月10日). 2022年4月8日閲覧。
  31. ^ WOMEN ファイナルラウンド” (PDF). 日本バレーボール協会. 2022年4月8日閲覧。
  32. ^ 第12回 全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会(3月26日)”. KANOA福岡 (2022年3月26日). 2022年4月8日閲覧。
  33. ^ 第12回 全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会(3月27日)”. KANOA福岡 (2022年3月27日). 2022年4月8日閲覧。
  34. ^ 2021年度 第12回「全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会」決勝リーグ試合結果” (PDF). 日本バレーボール協会. 2022年4月8日閲覧。
  35. ^ 福智町との「ホームタウン協定書」締結にともなう調印式について”. KANOA福岡 (2022年3月30日). 2022年4月8日閲覧。
  36. ^ 地域おこし協力隊 辞令交付式”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年4月1日). 2022年4月8日閲覧。
  37. ^ 福智町地域おこし協力隊”. 福智町. 2022年4月8日閲覧。
  38. ^ チーム名称・チームロゴ変更のお知らせ”. KANOA福岡 (2022年3月26日). 2022年4月8日閲覧。
  39. ^ 2022年度 新体制について”. KANOA福岡 (2022年3月30日). 2022年4月8日閲覧。
  40. ^ 社名変更のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年10月6日). 2022年10月13日閲覧。
  41. ^ 2023-24シーズン V.LEAGUE ライセンス交付結果について”. Vリーグ機構 (2022年10月12日). 2022年10月13日閲覧。
  42. ^ カノアラウレアーズ福岡 S3ライセンス取得のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2022年10月12日). 2022年10月13日閲覧。
  43. ^ 2023-24 V.LEAGUEは57チーム6カテゴリーで編成 ~現行の「V.LEAGUE」最後のシーズンが10月より開幕~”. V.LEAGUE (2023年6月22日). 2023年7月15日閲覧。
  44. ^ 中野謙二「現役Vリーガーが来春「うなぎ屋」開業 背に腹は代えられない懐事情」『産経新聞』、2023年11月29日。2023年12月4日閲覧。
  45. ^ a b 2023年度内定選手及びスタッフのお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年1月26日). 2023年7月15日閲覧。
  46. ^ a b 2023年度 新加入選手のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年4月10日). 2023年7月15日閲覧。
  47. ^ 2023年度 新加入選手のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年2月13日). 2023年7月15日閲覧。
  48. ^ a b 2023年度 新加入選手のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年5月8日). 2023年7月15日閲覧。
  49. ^ 阿羅田 安莉選手 新規選手契約のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年12月1日). 2023年12月4日閲覧。
  50. ^ 宇田川真奈選手 新規選手契約のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年12月1日). 2023年12月4日閲覧。
  51. ^ a b PLAYER&STAFF”. カノアラウレアーズ福岡. 2023年11月9日閲覧。
  52. ^ a b カノアラウレアーズ福岡”. V.LEAGUE. 2023年12月20日閲覧。
  53. ^ 秋田陸希氏 コーチ契約合意のお知らせ”. カノアラウレアーズ福岡 (2023年11月7日). 2023年11月9日閲覧。
  54. ^ 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト” (PDF). V.LEAGUE (2023年9月28日). 2023年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]