リガーレ仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リガーレ仙台
原語表記 Ligare Sendai
総称 リガーレ仙台
ホームタウン 宮城県仙台市
クラブカラー
創設年 2018年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION2
チーム所在地 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2丁目7-30
代表者 遠藤健三
監督 佐藤あり紗
ホームページ 公式ウェブサイト
 表示 
一般社団法人ネオバレーボールクラブ仙台
種類 一般社団法人
本社所在地 日本の旗 日本
980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2丁目7-30
設立 2018年3月
業種 サービス業
法人番号 8370005009422
事業内容 バレーボールチーム運営
代表者 遠藤健三(宮城県バレーボール協会理事長)
テンプレートを表示

リガーレ仙台(リガーレせんだい)は宮城県をホームタウンとする女子バレーボールの社会人クラブチームである。2021-22シーズンはV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属。

概要[編集]

運営は「一般社団法人ネオバレーボールクラブ仙台」で、宮城県バレーボール協会理事長の遠藤健三が代表を務める[1]

2018年8月発足[2]。2021-22シーズンよりV.LEAGUE DIVISION2参戦[3]

ホームタウンを宮城県仙台市、サブホームタウンを同県富谷市とする[1]

チーム名「リガーレ」は、ラテン語で「つなぐ」、「結ぶ」の意味で、たくさんのつながりを生み出し強い絆で結ばれるチームになるという想いが込められている[1]

来歴[編集]

2018年8月、宮城県仙台市で昨年6月まで活動していた仙台ベルフィーユの関係者が中心となって同市に設立された[4][2]。当年度新たに開幕されるV.LEAGUEへの参入を目指すチームとして設立され、ベルフィーユが経営悪化で解散した経験を活かし、宮城県バレーボール協会役員が代表理事となり一般社団法人を設立し、透明性のある運営母体を目指すとした[4]。元日本代表女子監督でベルフィーユの監督を務めていた葛和伸元がチーム責任者を務め、同氏がトヨタ車体クインシーズの監督を務めていた時期に同チームでプレーしていた船崎恵視が監督に就任[4]。そして、仙台出身の元日本代表で2016年リオネジャネイロ五輪でも正リベロとしてプレーした佐藤あり紗日立リヴァーレより移籍加入した[2][4]

2019年3月30日ユニフォーム、新加入選手をエスパル仙台店で発表[5][6]

6月、福井県で開催された全日本6人制女子バレーボールクラブカップ選手権優勝[7]

9月、結成から監督を務めた船崎恵視がチームの方向性の違いを理由に退任。主将で日本代表経験ある佐藤あり紗が選手兼任監督となる[8][9]。同月、岩手県一関市で開催された天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会東北ブロック準優勝する。

12月2日、2020-2021年シーズンのV.LEAGUE参入のためのVリーグライセンス審査委員会の審査が通らずV.LEAGUE参入が見送られた[10][9]

2020年3月31日、雨堤みなみ、今野理子、荻野雅子の退団を発表。

2020年10月16日にS3ライセンスを取得し、2021-22シーズンからのV.LEAGUE参入が内定した[3][11]

2021年、2021-22シーズンよりV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に参入[12]

2019年9月皇后杯バレーボール大会東北ブロックより

選手・スタッフ(2021-22)[編集]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
1 杉浦文香 AYAKA (1998-07-31) 1998年7月31日(23歳) 172 日本の旗 日本 MB 2021年- 愛知学院大学 新人[13]
2 小松泉穂 MIZUHO (1998-05-09) 1998年5月9日(23歳) 163 日本の旗 日本 S 2021年- 東北公益文科大学 新人[13]
3 宮田あかり AKARI (1998-09-09) 1998年9月9日(23歳) 173 日本の旗 日本 MB 2021年- 松蔭大学 新人[13]
4 小澤史苑 SHION (1997-03-17) 1997年3月17日(24歳) 170 日本の旗 日本 OH 2019年- 日本体育大学
5 佐藤あり紗 ARISA (1989-07-18) 1989年7月18日(32歳) 166 日本の旗 日本 L 2018年- 日立
6 清和真奈美 SEIWA (1998-03-16) 1998年3月16日(23歳) 165 日本の旗 日本 OH 2020年- 東北学院大学 新人[13]
7 大貫菜生 ONUKI (1996-04-07) 1996年4月7日(25歳) 171 日本の旗 日本 MB 2019年- 東海大学
8 高野唯 TAKANO (1996-10-08) 1996年10月8日(24歳) 162 日本の旗 日本 OH 2019年- 東海大学
9 加藤優奈 KATO (1996-05-09) 1996年5月9日(25歳) 159 日本の旗 日本 S 2019年- 尚絅学院大学
10 渡邉優 WATANABE (1996-05-08) 1996年5月8日(25歳) 171 日本の旗 日本 OH 2019年- 東北福祉大学
11 末永真由 SUENAGA (1996-06-25) 1996年6月25日(25歳) 175 日本の旗 日本 OH 2019年- 仙台大学
12 江川優貴 ICHI (1994-04-13) 1994年4月13日(27歳) 171 日本の旗 日本 OH 2020年- アランマーレ
出典:チーム公式サイト[14] Vリーグ公式サイト[15]
更新:2021年7月10日

スタッフ[編集]

役職 名前 備考
部長 遠藤健三
監督 佐藤あり紗
コーチ 渡辺将嵩
トレーナー 小松愛美
事業部長 佐藤信幸 新任[16]
広報担当 藤原拓司 新任[16]
コンプライアンス担当 荒谷敏 新任[16]
財務担当 鷲尾克昭 新任[16]
セキュリティ担当 高野輝夫 新任[16]
出典:チーム公式サイト[14] Vリーグ公式サイト[15]
更新:2021年8月6日

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c クラブプロフィール”. リガーレ仙台. 2021年2月8日閲覧。
  2. ^ a b c “仙台 Vリーグ目指し女子の新チーム「リガーレ仙台」発足”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2018年8月5日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/08/05/kiji/20180804s00070000434000c.html 2021年2月8日閲覧。 
  3. ^ a b Vリーグ2021-2022シーズンライセンス取得について”. リガーレ仙台 (2020年10月16日). 2020年10月17日閲覧。
  4. ^ a b c d “「リガーレ」で盛り上が~れ”. 河北新報 (河北新報社). (2018年8月4日) 
  5. ^ 佐藤あり紗が涙「チームとしてやっと始動」リガーレ仙台の全12選手お披露目”. スポーツ報知 (2019年3月31日). 2020年1月27日閲覧。
  6. ^ <リガーレ仙台>ユニホーム、新加入選手発表”. 河北新報 (2019年3月31日). 2020年1月27日閲覧。
  7. ^ <リガーレ仙台>全日本クラブ選手権初V 市・県に報告”. 河北新報 (2019年8月30日). 2020年1月10日閲覧。
  8. ^ 船崎恵視監督辞任のお知らせ”. リガーレ仙台 (2019年9月16日). 2020年1月27日閲覧。
  9. ^ a b リガーレ仙台 Vリーグ参入へ 簡単には進まない夢への道のり…選手たちの苦悩”. FNN.jpプライムオンライン (2019年12月25日). 2019年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  10. ^ Vリーグライセンス審査結果のお知らせ”. リガーレ仙台 (2019年12月2日). 2020年1月10日閲覧。
  11. ^ “2021-22シーズン V.LEAGUE ライセンス交付結果について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年10月16日), https://vleague.or.jp/news/detail/165 2021年2月8日閲覧。 
  12. ^ 2021-22 DIVISION2女子、DIVISION3男子 大会日程・対戦カード決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2021年6月23日). 2021年7月10日閲覧。
  13. ^ a b c d 2021年 内定選手のお知らせ”. リガーレ仙台 (2021年2月19日). 2021年7月4日閲覧。
  14. ^ a b メンバー”. リガーレ仙台. 2021年7月10日閲覧。
  15. ^ a b リガーレ仙台”. Vリーグ機構. 2021年8月6日閲覧。
  16. ^ a b c d e 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE. 2021年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]