第45回国民体育大会バレーボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第45回 国民体育大会バレーボール競技
開始年 1946
主催 日本体育協会
テンプレートを表示

第45回国民体育大会バレーボール競技(だい45かい こくみんたいいくたいかい バレーボールきょうぎ)は、1990年10月に福岡県で開催された第45回国民体育大会(とびうめ国体)のバレーボール競技大会である。

概要[編集]

No. 実施種目 参加チーム数 メイン会場 日程
1 成年男子1部(6人制) 10 久留米総合スポーツセンター体育館 1990年10月22日 - 10月25日
2 成年男子1部(9人制) 10 福岡市民体育館
3 成年男子2部(9人制) 10 福岡市民体育館
4 成年女子1部(6人制) 10 久留米総合スポーツセンター体育館
5 成年女子1部(9人制) 10 福岡市立東体育館
6 成年女子2部(9人制) 10 福岡市立博多体育館
7 少年男子 25 直方市体育館・鞍手高校体育館
8 少年女子 10 直方市体育館

成年男子1部(6人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 北海道教員クラブ
2 東北 山形選抜
3 関東 富士フイルム
4 北信越 金沢教員
5 東海 東レ九鱗会
6 近畿 神戸製鋼
7 中国 JT
8 四国 高知選抜
9 九州 沖縄選抜
10 開催地 住友金属

1回戦[編集]

#101
東レ九鱗会 2 - 0
(15-12)
(16-14)
金沢教員 久留米市総合スポーツセンター体育館
#102
神戸製鋼 2 - 0
(15-10)
(15-3)
北海道教員クラブ 久留米市総合スポーツセンター体育館

準々決勝[編集]

#103
JT 2 - 1
(15-3)
(11-15)
(15-8)
東レ九鱗会 久留米市総合スポーツセンター体育館
#104
沖縄選抜 2 - 0
(15-9)
(15-8)
山形選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館
#105
住友金属 2 - 0
(15-4)
(15-3)
高知選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館
#106
富士フイルム 2 - 1
(13-15)
(15-8)
(15-5)
神戸製鋼 久留米市総合スポーツセンター体育館

5位・7位決定戦[編集]

#107
東レ九鱗会 2 - 0
(15-11)
(15-10)
山形選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館
#108
神戸製鋼 2 - 0
(15-1)
(15-5)
高知選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館

準決勝[編集]

#109
JT 2 - 0
(15-4)
(15-3)
沖縄選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館
#110
富士フイルム 2 - 0
(15-7)
(15-4)
住友金属 久留米市総合スポーツセンター体育館

3位・4位決定戦[編集]

#111
住友金属 2 - 0
(15-12)
(15-0)
沖縄選抜 久留米市総合スポーツセンター体育館

決勝[編集]

#112
富士フイルム 2 - 1
(15-6)
(14-16)
(15-13)
JT 久留米市総合スポーツセンター体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 富士フイルム 関東
準優勝 JT 中国
3 住友金属 開催地
4 沖縄選抜 九州
5 東レ九鱗会 東海
神戸製鋼 近畿
7 山形選抜 東北
高知選抜 四国

富士フイルムは8年ぶり四度目の優勝。

成年男子1部(9人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 幌東クラブ
2 東北 JT山形
3 関東 横河電機
4 北信越 JT金沢
5 東海 岐阜
6 近畿 富士通
7 中国 岡山
8 四国 愛媛選抜
9 九州 沖縄銀行
10 開催地 JT福岡

1回戦[編集]

#201
愛媛選抜 2 - 0
(21-14)
(21-17)
幌東クラブ 福岡市民体育館
#202
沖縄銀行 2 - 0
(21-19)
(21-18)
横河電機 福岡市民体育館

準々決勝[編集]

#203
JT福岡 2 - 0
(21-15)
(21-12)
愛媛選抜 福岡市民体育館
#204
岐阜 2 - 1
(20-22)
(21-13)
(21-16)
JT金沢 福岡市民体育館
#205
岡山 2 - 0
(21-18)
(21-17)
JT山形 福岡市民体育館
#206
富士通 2 - 0
(21-11)
(21-16)
沖縄銀行 福岡市民体育館

5位・7位決定戦[編集]

#207
愛媛選抜 2 - 0
(21-19)
(21-12)
JT金沢 福岡市民体育館
#208
沖縄銀行 2 - 0
(21-16)
(21-17)
JT山形 福岡市民体育館

準決勝[編集]

#209
JT福岡 2 - 0
(21-19)
(21-17)
岐阜 福岡市民体育館
#210
富士通 2 - 0
(21-14)
(21-18)
岡山 福岡市民体育館

3位・4位決定戦[編集]

#211
岐阜 2 - 0
(21-18)
(22-20)
岡山 福岡市民体育館

決勝[編集]

#212
富士通 2 - 1
(16-21)
(21-17)
(21-17)
JT福岡 福岡市民体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 富士通 近畿
準優勝 JT福岡 開催地
3 岐阜 東海
4 岡山 中国
5 愛媛選抜 四国
沖縄銀行 九州
7 JT山形 東北
JT金沢 北信越

富士通は初優勝。

成年男子2部(9人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 オール岩見沢
2 東北 青森選抜
3 関東 東京選抜
4 北信越 長野選抜
5 東海 静岡選抜2部
6 近畿 大阪選抜
7 中国 防府
8 四国 愛媛選抜
9 九州 佐世保
10 開催地 福岡

1回戦[編集]

#301
長野選抜 2 - 1
(21-10)
(19-21)
(21-8)
青森選抜 福岡市民体育館
#302
東京選抜 2 - 1
(21-19)
(16-21)
(21-13)
静岡選抜2部 福岡市民体育館

準々決勝[編集]

#303
長野選抜 2 - 1
(20-22)
(21-17)
(21-15)
愛媛選抜 福岡市民体育館
#304
福岡 2 - 0
(21-10)
(21-6)
オール岩見沢 福岡市民体育館
#305
佐世保 2 - 0
(21-19)
(21-19)
防府 福岡市民体育館
#306
東京選抜 2 - 0
(25-23)
(21-13)
大阪選抜 福岡市民体育館

5位・7位決定戦[編集]

#307
愛媛選抜 2 - 0
(21-17)
(21-10)
オール岩見沢 福岡市民体育館
#308
防府 2 - 0
(21-19)
(21-14)
大阪選抜 福岡市民体育館

準決勝[編集]

#309
福岡 2 - 0
(21-14)
(21-12)
長野選抜 福岡市民体育館
#310
佐世保 2 - 0
(22-20)
(21-13)
東京選抜 福岡市民体育館

3位・4位決定戦[編集]

#311
東京選抜 2 - 0
(21-8)
(21-11)
長野選抜 福岡市民体育館

決勝[編集]

#312
福岡 2 - 1
(21-15)
(17-21)
(21-16)
佐世保 福岡市民体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 福岡 開催地
準優勝 佐世保 九州
3 東京選抜 関東
4 長野選抜 北信越
5 防府 ちゅうご
愛媛選抜 四国
7 オール岩見沢 北海道
大阪選抜 近畿

成年女子1部(6人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 たくぎん
2 東北 東北福祉大学クラブ
3 関東 日立
4 北信越 長野県選抜
5 東海 日本電装
6 近畿 ユニチカ
7 中国 クラボウ
8 四国 徳島選抜
9 九州 久光製薬
10 開催地 福岡大学クラブ

1回戦[編集]

#401
久光製薬 2 - 0
(15-3)
(15-6)
東北福祉大学クラブ 久留米総合スポーツセンター体育館
#402
クラボウ 2 - 1
(13-15)
(15-8)
(15-8)
日本電装 久留米総合スポーツセンター体育館

準々決勝[編集]

#403
ユニチカ 2 - 0
(15-2)
(15-8)
久光製薬 久留米総合スポーツセンター体育館
#404
長野県選抜 2 - 1
(15-4)
(13-15)
(15-9)
たくぎん 久留米総合スポーツセンター体育館
#405
福岡大学クラブ 2 - 0
(15-1)
(15-11)
徳島選抜 久留米総合スポーツセンター体育館
#406
日立 2 - 0
(15-6)
(15-13)
クラボウ 久留米総合スポーツセンター体育館

5位・7位決定戦[編集]

#407
久光製薬 2 - 0
(15-2)
(15-9)
たくぎん 久留米総合スポーツセンター体育館
#408
クラボウ 2 - 0
(15-6)
(15-11)
徳島選抜 久留米総合スポーツセンター体育館

準決勝[編集]

#409
ユニチカ 2 - 0
(15-8)
(15-3)
長野県選抜 久留米総合スポーツセンター体育館
#410
日立 2 - 0
(15-5)
(15-8)
福岡大学クラブ 久留米総合スポーツセンター体育館

3位・4位決定戦[編集]

#411
福岡大学クラブ 2 - 1
(15-11)
(12-15)
(15-3)
長野県選抜 久留米総合スポーツセンター体育館

決勝[編集]

#412
ユニチカ 2 - 1
(14-16)
(15-13)
(15-9)
日立 久留米総合スポーツセンター体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 ユニチカ 近畿
準優勝 日立 関東
3 福岡大学クラブ 開催地
4 長野県選抜 北信越
5 クラボウ 中国
久光製薬 九州
7 たくぎん 北海道
徳島選抜 四国

ユニチカは15年ぶり5度目の優勝。

成年女子1部(9人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 江別雅会
2 東北 山形しあわせ銀行
3 関東 群馬銀行
4 北信越 セイコーエプソン塩尻
5 東海 岐阜
6 近畿 三菱電機神戸
7 中国 日立金属安来
8 四国 百十四銀行
9 九州 琉球銀行
10 開催地 西日本銀行

1回戦[編集]

#501
山形しあわせ銀行 2 - 0
(21-10)
(21-19)
三菱電機神戸 福岡市立東体育館
#502
岐阜 2 - 0
(21-16)
(21-18)
百十四銀行 福岡市立東体育館

準々決勝[編集]

#503
群馬銀行 2 - 0
(21-12)
(21-15)
山形しあわせ銀行 福岡市立東体育館
#504
日立金属安来 2 - 1
(16-21)
(21-15)
(21-18)
琉球銀行 福岡市立東体育館
#505
西日本銀行 2 - 0
(21-8)
(21-10)
江別雅会 福岡市立東体育館
#506
セイコーエプソン塩尻 2 - 0
(21-16)
(21-16)
岐阜 福岡市立東体育館

5位・7位決定戦[編集]

#507
琉球銀行 2 - 0
(21-10)
(21-12)
山形しあわせ銀行 福岡市立東体育館
#508
岐阜 2 - 0
(21-7)
(21-16)
江別雅会 福岡市立東体育館

準決勝[編集]

#509
群馬銀行 2 - 0
(21-7)
(21-14)
日立金属安来 福岡市立東体育館
#510
西日本銀行 2 - 0
(21-11)
(21-4)
セイコーエプソン塩尻 福岡市立東体育館

3位・4位決定戦[編集]

#511
日立金属安来 2 - 1
(21-8)
(19-21)
(21-16)
セイコーエプソン塩尻 福岡市立東体育館

決勝[編集]

#512
群馬銀行 2 - 0
(21-7)
(21-14)
西日本銀行 福岡市立東体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 群馬銀行 関東
準優勝 西日本銀行 開催地
3 日立金属安来 中国
4 セイコーエプソン塩尻 北信越
5 岐阜 東海
琉球銀行 九州
7 江別雅会 北海道
山形しあわせ銀行 東北

群馬銀行は五年ぶり三度目の優勝。

成年女子2部(9人制)[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 札幌友の会
2 東北 全岩手
3 関東 千葉選抜
4 北信越 福井Mクラブ
5 東海 岐阜クラブ
6 近畿 大阪
7 中国 鳥取いなば
8 四国 愛媛選抜
9 九州 別府ドーターズ
10 開催地 福岡

1回戦[編集]

#601
大阪 2 - 1
(17-21)
(21-13)
(21-15)
鳥取いなば 福岡市立博多体育館
#602
福井Mクラブ 2 - 0
(21-16)
(21-17)
愛媛選抜 福岡市立博多体育館

準々決勝[編集]

#603
大阪 2 - 1
(21-16)
(19-21)
(21-11)
岐阜クラブ 福岡市立博多体育館
#604
千葉選抜 2 - 0
(21-15)
(21-15)
別府ドーターズ 福岡市立博多体育館
#605
福岡 2 - 0
(21-11)
(21-3)
札幌友の会 福岡市立博多体育館
#606
福井Mクラブ 2 - 0
(21-18)
(21-15)
全岩手 福岡市立博多体育館

5位・7位決定戦[編集]

#607
岐阜クラブ 2 - 0
(21-10)
(21-10)
別府ドーターズ 福岡市立博多体育館
#608
全岩手 2 - 0
(21-14)
(21-11)
札幌友の会 福岡市立博多体育館

準決勝[編集]

#609
大阪 2 - 0
(24-22)
(21-13)
千葉選抜 福岡市立博多体育館
#610
福岡 2 - 0
(21-18)
(21-17)
福井Mクラブ 福岡市立博多体育館

3位・4位決定戦[編集]

#611
千葉選抜 2 - 0
(21-15)
(21-4)
福井Mクラブ 福岡市立博多体育館

決勝[編集]

#612
福岡 2 - 0
(21-19)
(21-11)
大阪 福岡市立博多体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 福岡 開催地
準優勝 大阪 近畿
3 千葉選抜 関東
4 福井Mクラブ 北信越
5 全岩手 東北
岐阜クラブ 東海
7 札幌友の会 北海道
別府ドーターズ 九州

少年男子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック 都道府県名 (チーム名)
1 北海道 北海道 東海大四高
2 東北 青森県
3 宮城県
4 山形県
5 関東 埼玉県
6 千葉県 市立船橋高校
7 東京都
8 神奈川県 藤沢商業高校
9 北信越 石川県
10 長野県 岡谷工業高校
11 東海 静岡県
12 愛知県
13 近畿 京都府 全京都
14 大阪府
15 兵庫県
16 中国 岡山県
17 広島県 広島ジュニア
18 山口県 宇部商業高校
19 四国 徳島県
20 愛媛県
21 九州 長崎県
22 熊本県 熊本
23 宮崎県 都城工業高校
24 沖縄県
25 開催地 福岡県 福岡

チーム名なきは選抜チーム

1回戦[編集]

#701
全京都 2 - 0
(15-7)
(15-7)
石川選抜 岩見沢スポーツセンター
#702
藤沢商 2 - 0
(15-11)
(15-11)
沖縄選抜 岩見沢スポーツセンター
#703
兵庫選抜 2 - 1
(17-15)
(12-15)
(16-14)
宇部商 岩見沢スポーツセンター
#704
山形選抜 2 - 1
(13-15)
(15-10)
(15-7)
愛媛選抜 岩見沢スポーツセンター
#705
静岡選抜 2 - 1
(15-4)
(12-15)
(15-9)
長崎選抜 岩見沢スポーツセンター
#706
広島ジュニア 2 - 0
(15-12)
(15-2)
大阪選抜 岩見沢スポーツセンター
#707
埼玉選抜 2 - 1
(12-15)
(15-11)
(15-13)
熊本 岩見沢スポーツセンター
#708
青森選抜 2 - 1
(15-9)
(7-15)
(15-8)
都城工 岩見沢スポーツセンター
#709
東海大四 2 - 0
(15-9)
(15-7)
徳島選抜 岩見沢スポーツセンター

2回戦[編集]

#710
全京都 2 - 0
(15-1)
(15-6)
市立船橋 岩見沢スポーツセンター
#711
藤沢商 2 - 0
(15-13)
(15-7)
兵庫選抜 岩見沢スポーツセンター
#712
福岡 2 - 0
(15-13)
(15-10)
山形選抜 岩見沢スポーツセンター
#713
静岡選抜 2 - 0
(15-6)
(15-13)
岡山選抜 岩見沢スポーツセンター
#714
広島ジュニア 2 - 1
(10-15)
(15-2)
(15-11)
東京選抜 岩見沢スポーツセンター
#715
埼玉選抜 2 - 1
(8-15)
(15-12)
(15-12)
宮城選抜 岩見沢スポーツセンター
#716
愛知選抜 2 - 1
(15-6)
(1-15)
(15-6)
青森選抜 岩見沢スポーツセンター
#717
岡谷工 2 - 0
(15-13)
(17-16)
東海大四 岩見沢スポーツセンター

準々決勝[編集]

#718
全京都 2 - 0
(15-7)
(15-11)
藤沢商 岩見沢スポーツセンター
#719
静岡選抜 2 - 0
(15-9)
(15-10)
福岡 岩見沢スポーツセンター
#720
広島ジュニア 2 - 0
(15-9)
(17-15)
埼玉選抜 岩見沢スポーツセンター
#721
岡谷工 2 - 1
(15-5)
(13-15)
(15-10)
愛知選抜 岩見沢スポーツセンター

5位・7位決定戦[編集]

#722
藤沢商 2 - 0
(15-7)
(15-6)
福岡 岩見沢スポーツセンター
#723
埼玉選抜 2 - 0
(15-12)
(15-8)
愛知選抜 岩見沢スポーツセンター

準決勝[編集]

#724
全京都 2 - 0
(15-2)
(15-6)
静岡選抜 岩見沢スポーツセンター
#725
広島ジュニア 2 - 1
(12-15)
(15-5)
(15-5)
岡谷工 岩見沢スポーツセンター

3位・4位決定戦[編集]

#726
岡谷工 2 - 0
(15-12)
(16-14)
静岡選抜 岩見沢スポーツセンター

決勝[編集]

#727
広島ジュニア 2 - 0
(15-13)
(15-5)
全京都 岩見沢スポーツセンター

最終結果[編集]

順位. 都道府県名 (チーム名)
優勝 広島県 広島ジュニア
準優勝 京都府 全京都
3 長野県 岡谷工業高校
4 静岡県
5 埼玉県
神奈川県 藤沢商業高校
7 愛知県
福岡県(開催地) 福岡

少年女子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 妹背牛商業高校
2 東北 宮城選抜
3 関東 全東京
4 北信越 高岡龍谷高校
5 東海 岐阜選抜
6 近畿 大阪選抜
7 中国 三田尻女子高校
8 四国 徳島選抜
9 九州 扇城高校
10 開催地 福岡選抜

1回戦[編集]

#801
全東京 2 - 0
(15-11)
(15-2)
宮城選抜 直方市体育館
#802
徳島選抜 2 - 0
(15-6)
(15-6)
岐阜選抜 直方市体育館

準々決勝[編集]

#803
全東京 2 - 0
(15-10)
(15-8)
扇城 直方市体育館
#804
大阪選抜 2 - 0
(15-9)
(15-9)
三田尻女子 直方市体育館
#805
福岡選抜 2 - 0
(15-11)
(15-9)
高岡龍谷 直方市体育館
#806
徳島選抜 2 - 1
(9-15)
(15-6)
(15-7)
妹背牛商 直方市体育館

5位・7位決定戦[編集]

#807
扇城 2 - 1
(15-11)
(11-15)
(15-13)
三田尻女子 直方市体育館
#808
妹背牛商 2 - 1
(7-15)
(15-9)
(15-6)
高岡龍谷 直方市体育館

準決勝[編集]

#809
全東京 2 - 0
(17-15)
(15-8)
大阪選抜 直方市体育館
#810
福岡選抜 2 - 0
(15-13)
(15-6)
徳島選抜 直方市体育館

3位・4位決定戦[編集]

#811
大阪選抜 2 - 0
(17-16)
(15-4)
徳島選抜 直方市体育館

決勝[編集]

#812
全東京 2 - 0
(15-10)
(15-13)
福岡選抜 直方市体育館

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 全東京 関東
準優勝 福岡選抜 開催地
3 大阪選抜 近畿
4 徳島選抜 四国
5 妹背牛商業高校 北海道
扇城高校 九州
7 高岡龍谷高校 北信越
三田尻女子高校 中国

全東京は全日本ジュニアのメンバー多治見麻子八王子実践)・大貫美奈子共栄学園)らを擁し、他チームを圧倒した。

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1990年12月号 84-87、169-170ページ 日本文化出版刊
  • 『国民体育大会五十年のあゆみ』 競技記録編215ページ 1998年3月20日 編集・発行:日本体育協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]