健祥会レッドハーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
健祥会レッドハーツ
原語表記 健祥会レッドハーツ
ホームタウン 徳島県徳島市
クラブカラー 赤、黒
創設年 2004年
チーム所在地 徳島県吉野川市
体育館所在地 徳島県徳島市
代表者 田村修司
監督 谷口由美恵
 表示 

健祥会レッドハーツ(けんしょうかいレッドハーツ)は、徳島県吉野川市徳島市を拠点とする、社会福祉法人健祥会の女子バレーボールチームである。

概要[編集]

2003年11月に健祥会によって徳島県のスポーツ振興、バレーボールの普及、社会貢献事業の一環として創部された[1]。2004年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。V・チャレンジリーグ優勝1回。2011年Vリーグ機構退社。

チーム名『レッドハーツ』とは、健祥会の福祉への取り組み気構え「福祉は心、人は心」より、「心」をチームネームに取り入れ、燃える心で勝利を目指してほしいなどの想いが込められている[2]

練習場は健祥会の近くにある多目的ホール健祥会パートナーであり[2][3]、V・チャレンジリーグのホームゲームもそこでよく開催されていた。

歴史[編集]

2003年11月、健祥会徳島県に創部。

2004年、第24回地域リーグに参加し、1回目の出場で優勝。V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)出場決定入替戦で2位に入りV1リーグに昇格した。

初参戦となる2004/05シーズンの第7回V1リーグでは1勝しかできず最下位となるもの、入替戦で栗山米菓(後にBefcoビービースターズ)に連勝し残留。2005/06シーズンの第8回V1リーグでは、5位に順位を上げる。2006/07V・チャレンジリーグ(V1リーグより改称)でも5位に入った。

そして、2007/08 V・チャレンジリーグでは、佐々木充監督の下、元Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)選手の谷口由美恵三崎栄子田巻由貴子高橋めぐみ長野友紀を中心としたチーム作りが結実、悲願の初優勝を達成した[1]。V・チャレンジマッチ(入替戦)では日立佐和リヴァーレ(現・日立リヴァーレ)から1セットも奪えず連敗し、V・プレミアリーグ昇格はならなかった。

以降は、思うようには波に乗れず、中位に甘んじた。

2011年6月、Vリーグ代表として、AVCアジアクラブ選手権に出場した[4]

2012年、2011/12シーズンをもって、Vリーグ機構を退社した。退社理由は、「諸般の事情で、V・チャレンジリーグ出場のために必要なチーム運営体制の維持が難しくなった」としている[5]。以降については、健祥会が、チームをクラブチームとして再編し、地域交流・地域貢献を図りたいとしている[6]

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ(実業団リーグ/V1リーグ)
  • 優勝1回(2008年)
  • 準優勝なし
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V1リーグ 第7回 (2004/05) 8位 8チーム 14 1 13
第8回 (2005/06) 5位 8チーム 14 5 9
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 5位 8チーム 14 6 8
2007/08シーズン 優勝 8チーム 14 12 2
2008/09シーズン 6位 10チーム 18 8 10
2009/10シーズン 4位 12チーム 16 9 7
2010/11シーズン 6位 12チーム 20 10 10
2011/12シーズン 7位 12チーム 22 11 11

選手・スタッフ[編集]

2012年4月のVリーグ機構退社時の選手・スタッフは次の通り[1]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 谷口由美恵 TANIGUCHI 日本の旗 日本 WS 主将・監督兼任
3 巳之口祐美 MINOKUCHI 日本の旗 日本 WS
4 津野里織 RIO 日本の旗 日本 S
5 長野仁美 HITOMI 日本の旗 日本 MB
6 萩生田弘美 HAGIUDA 日本の旗 日本 S
7 田巻由貴子 TAMAKI 日本の旗 日本 MB
10 定別當彩 AYA 日本の旗 日本 L
11 松田直子 MATSUDA 日本の旗 日本 L
12 長野友紀 NAGANO 日本の旗 日本 WS
15 滝沢ひとみ TAKIZAWA 日本の旗 日本 L

スタッフ[編集]

役職 名前 国籍
部長 田村修司 日本の旗 日本
副部長 岩野匡美 日本の旗 日本
監督兼選手 谷口由美恵 日本の旗 日本
トレーナー 大段淳義 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ a b チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ 健祥会パートナー”. 健祥会グループ. 2013年10月27日閲覧。
  4. ^ 2011アジアクラブ女子選手権大会 出場メンバー12名発表”. 日本バレーボール協会 (2011年6月10日). 2013年10月27日閲覧。
  5. ^ 【プレスリリース】健祥会レッドハーツの退社について”. Vリーグ機構 (2012年4月2日). 2012年4月3日閲覧。
  6. ^ 健祥会レッドハーツ Vリーグ機構からの退社について”. 健祥会グループ (2012年4月2日). 2012年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]