GSS東京サンビームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GSS東京サンビームズ
原語表記 GSS東京サンビームズ
ホームタウン 東京都群馬県安中市
クラブカラー
創設年 2004年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION2
チーム所在地 東京都中央区
体育館所在地
代表者 笛木彰
ホームページ 公式サイト
 表示 

GSS東京サンビームズ(ジーエスエスとうきょうサンビームズ、Green Support Systems Sunbeams)は、東京都中央区を拠点とする女子バレーボールチームである。チーム運営は人材派遣業のグリーン・サポート・システムズ。2022-23シーズンはV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属。

概要[編集]

派遣社員として数名のバレーボール経験者が入社したころに「バレーボールを始めたい」という話がきっかけで[要出典]、2004年3月に創部、東京都バレーボール協会に登録した。2008年V・チャレンジリーグに昇格。

チーム名『サンビームズ』とは、太陽のようにいつも明るく輝きを失わないチームカラーと太陽光線のように速い攻撃を身上として名づけられた[1]。チームロゴに描かれているキャラクターは『サンビームス君』であり、頭に乗せているキャップはゴルフ場のグリーンを表していて、事業の発祥がゴルフ場への人材派遣から始まっていることを表している[1]

ホームゲームは、ホームタウンである東京都や、関連会社があり[2]サブホームタウンである群馬県内の体育館などで開催される。

後援会が設立されている。また、出張バレーボール教室も行われている[3]

バレーボールをしていても東京都の進路先にバレーボールを続けられる会社がないため、それらの選手たちの進路先となり徐々に力をつけたという[4]。バレーボール選手である前に社会人として自立し誰からも信頼される人を目指すのがチームの原点であり、選手が社員として通常勤務をこなしていて十分な練習時間が確保できない中でV・チャレンジリーグに挑んでいる[1]

同社代表取締役社長笛木彰が、監督を務めていた時期もあり、現在は総監督を務める[2][5]

歴史[編集]

2004年3月にグリーン・サポート・システムズ社内にて創部し、東京都バレーボール協会に登録。

同社代表取締役の笛木彰が監督を務め、2006年に地域リーグに参加。2007年、全日本実業団優勝大会に優勝。2008年、第28回地域リーグの1次リーグ及びプレーオフにて準優勝を収め、V・チャレンジリーグ昇格が決定。V・チャレンジリーグ参戦を前にして、チーム名を『GSSサンビームズ』とした。

初参戦となった2008/09V・チャレンジリーグは、なかなか勝利に届かなかったもの、2009年2月1日に柏エンゼルクロスを3-1で破り、V・チャレンジリーグ初勝利を挙げる。しかし、その後勝てずに1勝17敗の最下位で終わる。2009/10V・チャレンジリーグでは、1勝も出来ずに終了。続く2010/11V・チャレンジリーグでも、勝てずに終了となる。

2011年に佐々木雄司を監督に迎える。2011/12V・チャレンジリーグでも、前半戦は勝てずに終えるが、2012年2月25日にBefcoビービースターズをストレートで降し、V・チャレンジリーグで3年ぶりの勝利となり、連敗を61で止めた。翌週には上位のPFUブルーキャッツにもストレートで勝ち、最下位で終わるもの、自己最高の2勝を挙げてシーズンを終えた。しかし、2012/13V・チャレンジリーグでは、リーグを通して1セットも取ることが出来ずに全敗で終わる悔しいシーズンとなった。リーグ終了後、佐々木監督が退任し、笛木が監督に復帰した[6]

2014/15のVチャレンジリーグでは9位となり、リーグ再編に伴いチャレンジリーグIIに組み込まれた。

2016/17シーズンより登録チーム名を「GSS東京サンビームズ」に改称[7]

2018-19シーズン、当年度より始まる新生V.LEAGUEでV2に編入[8]

2019-20シーズン、V2で2部リーグ自己最高となる準優勝を果たした[9](S2ライセンスのためV・チャレンジマッチには出場できず)。

V2準優勝を受けてS1ライセンスを目指すかどうかが注目されたが、2020年7月19日、代表・笛木彰名義で、S2ライセンスを選択し純粋アマチュアチームとしてV2リーグで長く戦い続けることを表明した(ほかに新型コロナウイルス流行の影響やプロ化を目指すV1リーグとの方向性の違いなども理由に挙げている)[10]

2020-21シーズン、新型コロナウイルス感染症の流行による緊急事態宣言を受け、V2の2021年1月以降の試合出場を辞退した[11][12][13][14]

2022年4月より、高校・大学在学中の女子選手を対象としたインターンシップ制度の導入を開始した[15]

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグV.LEAGUE DIVISION2
  • 優勝なし
  • 準優勝1回(2019-20)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
チャレンジ 2008/09 10位 10チーム 10位 18 1 17 -
2009/10 12位 12チーム 12位 11 0 11 5 0 5
2010/11 12位 12チーム 12位 20 0 20 -
2011/12 12位 12チーム 12位 22 2 20 -
2012/13 10位 10チーム 10位 18 0 18 -
2013/14 10位 10チーム 10位 18 0 18 -
2014/15 9位 10チーム 9位 18 4 14 -
チャレンジII 2015/16 3位 5チーム 3位 16 10 6 -
2016/17 5位 6チーム 5位 15 5 10 -
2017/18 3位 6チーム 3位 15 9 6 -

V.LEAGUE[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン 備考
順位 試合 試合
DIVISION2 2018-19 6位 10チーム 6位 18 9 9 5 0 5
2019-20 準優勝 8チーム 2位 21 12 9 -
2020-21 8位 9チーム 8位 10 2 8 -
2021-22 4位 10チーム 4位 17 8 9 3 1 2 レギュラーラウンドは不戦勝4、不戦敗2を含む。

選手・スタッフ(2022-23)[編集]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
3 合屋咲希 GOYA (2000-06-21) 2000年6月21日(22歳) 168 日本の旗 日本 OP 2022年- PFU 移籍加入[16]
5 色摩知巳 SHIKAMA (1989-06-20) 1989年6月20日(33歳) 171 日本の旗 日本 OH 2017年- KUROBE
6 勝見咲子 KATSUMI (1994-09-05) 1994年9月5日(27歳) 170 日本の旗 日本 OH 2017年- 国際武道大学
7 豊田みづき TOYOTA (1993-04-15) 1993年4月15日(29歳) 180 日本の旗 日本 OH 2013-2014年
2018年-
岡山
9 坂垣内里佳 SAKAGAITO (1998-09-27) 1998年9月27日(23歳) 174 日本の旗 日本 MB 2021年- 桜美林大学
10 菊地零 KIKUCHI (1999-01-08) 1999年1月8日(23歳) 172 日本の旗 日本 S 2021年- 大阪国際大学
11 菊野樹奈 KIKUNO (2000-09-13) 2000年9月13日(21歳) 175 日本の旗 日本 MB 2022年- 富山大学 新入団[16]
13 櫻田桃奈 SAKURADA (1998-07-18) 1998年7月18日(24歳) 178 日本の旗 日本 OH 2021年- 東京女子体育大学
14 森田英莉 MORITA (2000-08-23) 2000年8月23日(21歳) 164 日本の旗 日本 L 2022年- 中央大学 新入団[16]
15 伊藤きわ美 ITOU (1996-04-22) 1996年4月22日(26歳) 172 日本の旗 日本 OH 2020年- 群馬銀行 キャプテン
18 及川佑加 OIKAWA (1998-01-20) 1998年1月20日(24歳) 176 日本の旗 日本 MB 2020年- 青山学院大学 副キャプテン
19 槇森有香 MAKIMORI (2001-09-13) 2001年9月13日(20歳) 153 日本の旗 日本 L 2021年- 近江兄弟社高校
21 張心穆意 MUI (1996-03-28) 1996年3月28日(26歳) 202 中華人民共和国の旗 中国 MB 2018年- 至誠館大学
22 小泉海藍 KOIZUMI (2001-03-01) 2001年3月1日(21歳) 170 日本の旗 日本 OH 2021年- 武蔵丘短期大学
23 工藤綾乃 KUDO (1998-06-24) 1998年6月24日(24歳) 152 日本の旗 日本 L 2019年- 青山学院女子短期大学
24 重田美音 SHIGETA (1999-04-18) 1999年4月18日(23歳) 159 日本の旗 日本 S 2022年- 千里金蘭大学 新人[17]
25 河田青空 SORA (1998-04-04) 1998年4月4日(24歳) 173 日本の旗 日本 OH 2022年- 下北沢成徳高校 新入団[16]
26 畠山初音 HATAKEYAMA (1998-03-04) 1998年3月4日(24歳) 165 日本の旗 日本 L 2020年- 北翔大学
27 山本紗貴 YAMAMOTO (1996-04-07) 1996年4月7日(26歳) 173 日本の旗 日本 MB 2019年- 星槎道都大学
28 黒田茉央 KURODA (1997-06-04) 1997年6月4日(25歳) 155 日本の旗 日本 S 2020年- 国際武道大学
出典:チーム新体制リリース[18] チーム公式サイト[19] Vリーグ公式サイト[20]
更新:2022年6月6日

スタッフ[編集]

役職 名前 備考
代表兼総監督 笛木彰
部長 長澤忠広
GM 岡野實
監督
コーチ 松浦未波 新任[21]
コーチ 平岩沙紀 新任[21]
マネージャー 米津正義
マネージャー 市川瑞姫
トレーナー 坂本信昭
出典:チーム新体制リリース[18] Vリーグ公式サイト[20]
更新:2022年5月7日

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c チーム概要”. GSSサンビームズ. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ a b 会社概要”. グリーン・サポート・システムズ. 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ 出張バレーボール教室のご案内”. GSSサンビームズ. 2013年10月27日閲覧。
  4. ^ 月刊バレーボール』、日本文化出版、2009年4月、 107頁。
  5. ^ メンバー紹介”. GSSサンビームズ. 2017年8月14日閲覧。
  6. ^ 新体制”. GSSサンビームズ公式ブログ (2013年5月10日). 2013年10月27日閲覧。
  7. ^ チーム概要”. Vリーグ機構. 2016年7月17日閲覧。
  8. ^ 2018-19 V.LEAGUEの編成について”. Vリーグ機構 (2018年3月24日). 2020年2月17日閲覧。
  9. ^ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年2月9日). 2020年2月17日閲覧。
  10. ^ 2020年10月現在、公式サイトのトップページにアクセスすると、数秒後にその旨のメッセージが表示される。
  11. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 中止試合のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年1月12日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21843 2021年1月29日閲覧。 
  12. ^ GSS東京サンビームズの2021年1月13日のツイート2021年1月29日閲覧。
  13. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 2チームの参加辞退についてのお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年1月27日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21871 2021年1月29日閲覧。 
  14. ^ GSS東京サンビームズの2021年1月27日のツイート2021年1月29日閲覧。
  15. ^ 「GSS東京サンビームズ・インターンシップ制度」創設のご案内”. GSS東京サンビームズ (2022年3月). 2022年4月6日閲覧。
  16. ^ a b c d GSS東京サンビームズのツイート”. Twitter (2022年5月31日). 2022年5月31日閲覧。
  17. ^ 重田 美音”. V.LEAGUE. 2022年4月8日閲覧。
  18. ^ a b 2022-23 シーズン新体制のお知らせ (PDF)”. GSS東京サンビームズ (2022年4月19日). 2022年4月20日閲覧。
  19. ^ チーム・選手”. GSS東京サンビームズ. 2022年6月6日閲覧。
  20. ^ a b GSS東京サンビームズ”. V.LEAGUE. 2022年6月6日閲覧。
  21. ^ a b GSS東京サンビームズのツイート”. Twitter (2022年5月7日). 2022年5月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]