国際武道大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際武道大学
2号館 道場
2号館 道場
大学設置/創立 1984年
学校種別 私立
設置者 学校法人国際武道大学
本部所在地 千葉県勝浦市新官841番地
北緯35度9分38.85秒 東経140度19分15.79秒 / 北緯35.1607917度 東経140.3210528度 / 35.1607917; 140.3210528座標: 北緯35度9分38.85秒 東経140度19分15.79秒 / 北緯35.1607917度 東経140.3210528度 / 35.1607917; 140.3210528
キャンパス 勝浦(千葉県勝浦市)
学部 体育学部
研究科 武道・スポーツ研究科
ウェブサイト 国際武道大学公式サイト
テンプレートを表示

国際武道大学(こくさいぶどうだいがく、英語: International Budo University)は、千葉県勝浦市新官841番地に本部を置く日本私立大学である。1984年に設置された。大学の略称は国武大。

概要[編集]

柔道の有段者で、東海大学創立者の松前重義日本武道館関係者とのパイプを持つ山口吉暉(やまぐちよしてる)元勝浦市長(在任1967年 - 1999年)が「学園都市構想」の一環として誘致し、市有地を提供して1984年に開学、山口元市長も長い間大学の理事職に就いていた。また同じ勝浦市内には日本武道館の研修センターも、山口元市長の誘致により開設された。

高校以前からの武道経験者が学生に多いが、近年はプロ野球選手も度々輩出し、硬式野球部は強豪として知られつつある。また読売ジャイアンツ監督の原辰徳が、硬式野球部監督の岩井美樹体育学科教授と東海大学硬式野球部の後輩であった関係などから、2009年4月より客員教授に就任した。

武道体育スポーツに関する教育・研究を中心とする私立大学体育大学)である。また東海大学系列の姉妹校である。

沿革[編集]

  • 1984年昭和59年)4月 - 国際武道大学開学、体育学部(武道学科、体育学科)を設置
  • 1994年平成6年)
    • 4月 - 留学生別科を開設[1]
    • 9月 - 国際交流会館を開設[2]
  • 1996年(平成8年)4月 - 大学院 武道・スポーツ研究科を開設
  • 2001年(平成3年)4月 - スポーツトレーナー学科、国際スポーツ文化学科を増設
  • 2013年(平成25年)10月 - 創立30周年記念式典、祝賀会を挙行

学部[編集]

大学院[編集]

  • 武道・スポーツ研究科

対外関係[編集]

  • 2015年2月 千葉県勝浦市と「勝浦市と国際武道大学との連携に関する包括協定」を締結。

他大学の協定[編集]

国内[編集]

  • 千葉県私立大学短期大学間単位互換協定

国外[編集]

国際・学術交流等協定校

主な卒業生[編集]

格闘家[編集]

野球[編集]

バレーボール[編集]

サッカー[編集]

ラグビー[編集]

ハンドボール[編集]

バスケットボール[編集]

その他スポーツ[編集]

芸能[編集]

研究[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “祖国で武道振興を 留学生対象の別科新設 国際武道大”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 15. (1994年4月19日) 
  2. ^ “国際交流会館 武道大に完成 創設者の精神を継承 留学生へ対応整う”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 15. (1994年9月22日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

外部リンク[編集]