東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
2020 Summer Olympics text logo.svg
事務局がある東京都庁
事務局がある東京都庁
団体種類 公益財団法人
設立 2014年1月24日
所在地 日本の旗 日本 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
北緯35度41分22.2秒 東経139度41分30.3秒 / 北緯35.689500度 東経139.691750度 / 35.689500; 139.691750座標: 北緯35度41分22.2秒 東経139度41分30.3秒 / 北緯35.689500度 東経139.691750度 / 35.689500; 139.691750
法人番号 7011105006239 ウィキデータを編集
主要人物 会長 橋本聖子
活動地域 日本の旗 日本
主眼 2020年東京オリンピック・パラリンピックの準備および運営
ウェブサイト 東京2020組織委員会公式ウェブサイト閉鎖のお知らせ - ウェイバックマシン(2022年6月21日アーカイブ分)
解散 2022年6月30日
テンプレートを表示

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(とうきょうオリンピック・パラリンピックきょうぎたいかいそしきいいんかい、: The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games、略称: TOCOG[1])は、2021年に開催された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の準備および運営を監督していたオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(OCOG)である。通称東京2020組織委員会Tokyo 2020[2]

2014年平成26年)1月24日に発足し、2022年令和4年)6月30日をもって本来の業務を停止して解散、法人消滅の手続きのために活動する清算法人へと移行した。

沿革[編集]

2013年9月の第125次IOC総会において、2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定したことを受け、同競技大会の準備及び運営に関する事業を行うことを目的に、日本オリンピック委員会東京都によって一般財団法人として設立された。2014年1月に両者が1億5千万円ずつを拠出して発足し、同年6月に都は57億円を追加投入した[3][4]

翌2015年1月1日付で、公益財団法人となった[5]

名誉会長は御手洗冨士夫。初代会長[注 1]は2014年1月14日に森喜朗(第85・86代 内閣総理大臣)に正式決定した[7]。日本開催のオリンピック組織委員会で、財界以外からの会長は久しぶりとなった[注 2]。同4月、東京2020組織委員会の「マーケティング専任代理店」として電通が指名された[11][注 3]。大会名誉総裁には天皇徳仁が就いた[13]

2015年1月から開始した大会スポンサー契約では一部、これまでの慣習を破る「同業種の2社契約」も実現した[14][15][16](IOCと協議の上で特例として[17][18][19])。2015年4月の時点で早くも、目標の収入額1500億円[20] を突破したとマーケティング担当者が述べている[21]。「ゴールドパートナー」枠に関しては、1社150億円以上の契約金設定だという[14]

東京2020組織委員会のホームページは2015年11月にサイバー攻撃を受けたため、セキュリティー強化も兼ねて翌2016年2月にリニューアルした[22]

「One Team for Our Dreams」のスピリットを掲げた2015年度(平成27年度)は[23]、約290億円の黒字となった。収入が約407億円で、支出が約116億円だった[24](事業費・管理費の計で、役員報酬が67,470,000円、顧問料が113,136,656円、賃借料が476,808,794円など[25])。

この団体に都庁からの出向者もいる(原則出向期間は3年としてきた[26])が、別途、都には東京都オリンピック・パラリンピック準備局が存在する[27][28]

2015年3月23日、スタッフの増大を見越し虎ノ門オフィスを新設して本部とし、従来の新宿オフィス(東京都庁34階)[29] と並行して業務を進行する[30][31][32]。11月には、事務総長直下に「改革推進室」を設置[22]。2016年度に都庁33階や新宿パークタワー[23][33]、虎ノ門ヒルズの近くの三会堂ビル[34] などにも事務所を置く計画がある。

2016年2月1日時点の職員は461人(11局体制)である。大会時の「7,000人化計画」を目指しているともいう[29][22][35][36]

2016年秋に国際渉外・スポーツ局が、国際渉外局とスポーツ局に分かれ、12局体制に変更となった[37]

2018年頃 https://tokyo2020.jp から https://tokyo2020.org に公式サイトのドメインを変更した。

2019年4月17日、東京都港区虎ノ門虎ノ門ヒルズ森タワーから東京都中央区晴海晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーY棟およびX棟、Z棟に移転。本部はY棟に置かれた。

しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によるオリンピック・パラリンピック開催の1年延期に伴い、一部賃借契約が当初の閉幕タイミングとなる2020年9月に満了し、新たに入居する企業も決まっているため、大半の職員が勤務するY棟からは同月中の転居を計画[38]。その後調整が行われ、大部分の機能を晴海トリトンスクエアに残しつつ、一部機能を江東区青海テレコムセンターに移転することとなった[39]

2021年2月12日、森は日本オリンピック委員会(JOC)の会合で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し批判を招いた責任を取り、会長職を辞することを表明した[40][41]。後任には参議院議員東京オリンピック・パラリンピック担当大臣であった橋本聖子が大臣職を辞任したうえで、同月18日に会長就任となった(参議院議員は辞職せず兼職)[42]

組織[編集]

評議員会が理事会の上部機関として設置され、理事会は重要事項の決定や会長の選定などの権限を持つ[43][44]

評議員[編集]

2020年6月29日現在[45]


役員等[編集]

2021年3月3日現在[46]

就任
名誉会長 御手洗冨士夫 日本経済団体連合会名誉会長、キヤノン代表取締役会長兼社長・最高経営責任者 (14.3)[47]
会長 橋本聖子[48] 参議院議員(元自由民主党)、前東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣、オリンピアン(スピードスケート、自転車) *[注 4]
副会長 遠藤利明 衆議院議員(自由民主党)、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟幹事長、日本スポーツ協会副会長 *[注 5]
津賀一宏 パナソニック代表取締役社長 16.1[50]
河野一郎 筑波大学名誉教授、日本アンチ・ドーピング機構顧問・元会長 *
山下泰裕 国際オリンピック委員会委員、日本オリンピック委員会会長、国際柔道連盟理事、オリンピアン(柔道) 19.7[51]
山脇康 日本郵船代表取締役副会長、元日本パラリンピック委員会委員長、国際パラリンピック委員会理事、日本障がい者スポーツ協会理事 *
多羅尾光睦[注 6] 東京都副知事 19.7[51]
荒木田裕子 国際オリンピック委員会オリンピックプログラム委員会委員、オリンピアン(バレーボール) *[注 7]
専務理事(事務総長) 武藤敏郎 財務事務次官大和総研名誉理事 *
常務理事(副事務総長)[注 8] 布村幸彦 文部科学省スポーツ・青少年局 *
理事 秋元康 作詞家 *
麻生泰 麻生セメント代表取締役会長、麻生太郎副総理の弟 *
泉正文 日本スポーツ協会副会長兼専務理事 16.4[52]
王貞治 福岡ソフトバンクホークス取締役会長、世界少年野球推進財団理事長 16.9[37]
大日方邦子 電通パブリックリレーションズオリンピック・パラリンピック部シニアコンサルタント、日本パラリンピアンズ協会会長、日本障がい者スポーツ協会理事、パラリンピアン(アルペンスキー) 21.3
河野雅治 政府代表、元外務審議官 *
小山有彦 東京都議会議員(都民ファーストの会) 17.11
齋木尚子 外務省国際法局長、東京大学公共政策大学院客員教授、日本スケート連盟副会長、日本ラグビーフットボール協会理事 21.3
佐々木かをり イー・ウーマン代表取締役社長、ユニカルインターナショナル代表取締役社長 21.3
白石弥生子 元東京都議会局長、元東京都保健医療公社理事長、東京都障害者スポーツ協会会長 21.3
白波瀬佐和子 東京大学大学院人文社会系研究科教授 21.3
高島直樹 東京都議会議員(自由民主党) *
高橋尚子 日本オリンピック委員会理事、日本陸上競技連盟理事、オリンピアン(マラソン 21.3
高橋治之 電通専務取締役、コモンズ代表取締役会長 14.6
田嶋幸三 日本オリンピック委員会副会長、日本サッカー協会会長、国際サッカー連盟カウンシルメンバー 19.7[51]
田中理恵 オリンピアン(体操) *
谷本歩実 オリンピアン(柔道) *
豊田周平[注 9] トヨタ紡織代表取締役会長、元欧州トヨタ自動車代表取締役社長 18.3[54]
中村倫治 東京都オリンピック・パラリンピック準備局長 19.9[55]
中森邦男 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会参事 *
成田真由美 パラリンピアン(水泳) *
蜷川実花 写真家、映画監督 *
芳賀美津枝 登別アシリの会代表 21.3
馳浩 衆議院議員(自由民主党)、元文部科学大臣、オリンピアン(レスリング) 19.924[49]
林いづみ 名古屋地方検察庁検事、桜坂法律事務所パートナー弁護士 21.3
東村邦浩 東京都議会議員(公明党) 17.11
日比野暢子 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部教授、ウースター大学スポーツエクササイズ学部名誉教授 21.3
松本正義 住友電気工業代表取締役会長、関西経済連合会会長、日本陸上競技連盟評議員 *
室伏広治 東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンター長・教授、スポーツ庁長官、元組織委スポーツディレクター、オリンピアン(ハンマー投) *[注 10]
籾井圭子 文部科学省広報室長、日本オリンピック委員会常務理事 21.3
矢野晴美 国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター副センター長・教授 21.3
ヨーコ・ゼッターランド 日本女子体育大学体育学部准教授、日本スポーツ協会常務理事、オリンピアン(バレーボール) *[注 11]
横川浩 通商産業省生活産業局長、日本陸上競技連盟会長 *
來田享子 中京大学スポーツ科学部教授 21.3
渡邉守成 国際オリンピック委員会委員、国際体操連盟会長 18.10
監事 塗師純子[注 12] 日本オリンピック委員会監事/弁護士、元警察官僚 (19.7)
佐藤敦[注 13] 東京都会計管理局長 (19.7)

電通は、国内の協賛企業獲得などを行なう同東京2020組織委員会員会マーケティング専任代理店[56][57]

理事会[編集]

2014年3月17日の第2回の評議員会にて、東京2020組織委員会が定款で定める理事数の上限を35名(決議前は25名以内)とした[58]。この日、33名(会長を含めると34名)の就任が決まり[47]、これまで数名変更がある。番号順も設定されている[59][60](2と3、17から32で変更が発生している[61])。

2021年3月3日の評議員会にて、理事人数の定款変更を決議して上限を45名に変更し、女性のみ12人の新理事を選任した[59]。橋本聖子新会長が就任時に掲げた、理事会の女性比率40%以上という目標が達成された(20.6%から計19人の42.2%へ向上)[62]

IOCの規則により、開催都市を抱える国のIOC委員、及び国内オリンピック委員会と国内パラリンピック委員会からオリンピック組織委員会の理事に加わることが規定されている。

理事に就任している東京都政の関係者は、OBを含めても5人であり、もっぱら競技の計画・運営主体になるとみられる。

理事会構成メンバーの多くは競技経験者、実業家、自由民主党出身者である。

過去の理事会メンバー[編集]


清算人[編集]

2022年6月30日付で組織委員会が解散後清算法人に移行し、評議員会で選出された以下の清算人4人が清算手続きにあたった[66]

シニアチーム[編集]

[67]

12局の各局長[注 21]

2016年秋に国際渉外・スポーツ局(村里敏彰局長)が、国際局(国際渉外局)とスポーツ局に分かれ、12局体制となった[37]

2018年度、輸送局を新設[87]

  • 神田昌幸 - 輸送局長
過去のメンバー

参与[編集]

2014年6月13日現在[23]武藤敏郎事務総長に助言する立場として置かれた[93]

顧問会議[編集]

2020年10月6日現在[95]。議員は大多数が自民党公明党の議員と財界人やタレント。

名誉最高顧問

最高顧問

特別顧問(五十音順)

顧問(五十音順)

旧メンバー

青山幸恭、飯田德昭、石黒克巳、石毛博行、石﨑孟、石澤義文、市川一徳、伊藤俊典、井上弘、岩城眞佐子、上杉雅彦、上田清司上田良一、浮田秀則、大久保満男、大野博、大橋明、岡下勝彦、岡田啓、岡野俊一郎、小野力、尾上浩一、柿沼トミ子、鎌田長明加山俊夫、清原正義、古賀伸明小林栄三、小林哲也、近藤遒、坂本すが、佐藤祐文、里見進、嶋崎秀彦、白石興二郎杉田久雄、杉田ひろし、杉野学、鈴木和也、清家篤関美津子、髙橋哲夫、髙橋基之、髙橋幹、髙水永雄、伊達忠一、田中明彦、張富士夫筒井孝尚、寺本充、東福寺一郎、時任基清、富田昌孝、長島美保子、中野英則、仲野弥和、並木心西川太一郎根津嘉澄、野中博、林正夫、針谷了、藤沢薫藤原忠彦、堀竹充、松岡敬明、松山良一馬渕明子黛まどか(辞任)、宮本久也籾井勝人森民夫、森保彦、師岡伸公、矢崎昭盛、山口範雄、山崎登美子、山科透、山田啓二、山本樹育、吉田和憲、蓬清二

委員会[編集]

[96]

アスリート委員会[編集]

2017年2月21日現在[97]

以下は、委員(五十音順)



旧メンバー

文化・教育委員会[編集]

2019年12月6日現在[99]

以下は、委員(五十音順)

旧メンバー

メディア委員会[編集]

2016年7月4日現在[100]。( )は入れ替え、★は新規参加メンバー、どちらも2016年。

  • 日枝久 - 委員長
  • 石川聡 - 副委員長

以下は、委員(五十音順)

  • 佐野慎輔
  • 柴田岳(3)
  • 白川美紀
  • 関根英生(4)
  • 平一彦
  • 高橋憲治
  • 高橋剛
  • 東実森夫
  • 冨重圭以子
  • 夏野剛[注 29]
  • Peter Langan(5)
  • 長谷部剛
  • 樋口昌之
  • 檜原真紀
  • 福地献一
  • 藤丸真世(6)
  • 前川万美子
  • 丸山実子
  • 三雲薫
  • 宮嶋泰子
  • 村松佐和子
  • 本橋春紀
  • 結城和香子
  • 豊吹雪
  • 吉田直人★

旧メンバー

  • 上田修(2)、久保田智子(6)、斉藤清人(4)、James Simms II(5)、永原伸(3)、丸山昌宏(1)

ブランドアドバイザリーグループ[編集]

2017年2月13日現在[101][注 34]

旧メンバー

マスコット審査会メンバー[編集]

2018年4月27日現在[103]

大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォームデザイン選考委員会[編集]

2018年11月8日現在[104]

  • 原由美子
  • 矢ケ崎紀子
  • 山田敦郎
  • 山本悦子
  • ボランティア経験者(11名)

ネーミング選考委員会[編集]

大会スタッフ・都市ボランティアのネーミングを決定する委員会[105]

公式アートポスター アーティスト選定委員会[編集]

[106]

聖火リレー検討委員会[編集]

2018年1月16日現在[107]

  • 布村幸彦 - 委員長
  • 泉ピン子
  • 井上惠嗣
  • 今里讓
  • 上治丈太郎
  • 潮田勉

街づくり・持続可能性委員会[編集]

2019年4月1日現在[108]

  • 崎田裕子
  • 杉元宣文
  • 関正雄
  • 竹本和彦
  • 田中暢子
  • 中林一樹
  • 中村由行
  • 藤野純一
  • 細田衛士

経済・テクノロジー委員会[編集]

2019年4月1日現在[109]

  • 深沢和広
  • 宮川美津子
  • 宮部義幸
  • 村井純
  • 矢ケ崎紀子

仮設会場整備のアドバイザリー委員会[編集]

2016年1月12日現在[110]

  • 富田裕 - 委員長

テクノロジー諮問委員会[編集]

2016年3月9日現在[111]

過去のメンバー[編集]

委員会は、それぞれのセクションも参照。

[98]

東京2020種目追加検討会議[編集]

当大会からできた制度、オリンピック組織委員会が推薦するオリンピックの追加種目について、東京2020組織委員会がIOCに提案する種目を検討する会議。

メンバー

オブザーバー

沿革

東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム[編集]

2018年7月30日の第27回理事会にて、外部登用ではなく以下の8人が従来のまま4式典の演出企画を担当することが決定された[91][120][121]。☆は、2016年リオオリンピック閉会式フラッグハンドオーバーセレモニー検討メンバー("安倍マリオ"の企画・演出担当)の全4名だった[122][123]

  • 野村萬斎 - チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(東京2020総合チーム)
  • 山崎貴 - エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(オリンピック クリエーティブチーム)
  • 佐々木宏☆ - 電通出身。エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(パラリンピック クリエーティブチーム)。渡辺直美への容姿侮辱行為を報じられ2021年3月引責辞任[124]
  • 東京2020総合チーム クリエーティブ・ディレクター
椎名林檎☆、川村元気栗栖良依菅野薫(電通出身)☆、MIKIKO

2020年12月23日、組織委員会は開閉会式企画・演出チームの新体制発表会見を行い、野村萬斎率いる7人のチームを解散し、パラリンピックの演出統括だったクリエイテイブディレクター佐々木宏を新体制の総合統括に任命したことを発表。山崎貴、MIKIKO、椎名林檎、川村元気、栗栖良依は22日付で活動を終えた[125]
それまでの企画・演出チームの実質的な仕切り役は、山崎貴、野村萬斎、MIKIKOと移り変わったが、上述のように2020年12月23日に佐々木宏が総合統括に就いた(上述の理由により2021年3月に引責辞任)。この間、佐々木宏と電通同期入社組の髙田佳夫(電通代表取締役。日大法を経て1977年電通入社)により、MIKIKOが2020年12月に辞職に追い込まれる恰好で企画・演出チームは解散する形となり、佐々木宏に一本化する新体制に変更された経緯があった[126][127][128]。同時期、パラリンピック開会式の演出担当が予定されていたケラリーノ・サンドロヴィッチも退任した[129]

東京2020オリンピック競技大会開会式および閉会式制作・演出チーム[編集]

[130][131]

プロデュースチーム
  • エグゼクティブプロデューサー:日置貴之(東京2020組織委員会)[132]
  • エグゼクティブプロデューサー補佐:マルコ・バリッチ
  • エグゼクティブプロデューサー補佐:ピアース・シェパード
クリエーティブチーム
  • 開会式・閉会式 ショーディレクター:小林賢太郎(解任)
  • 開会式・閉会式 振付ディレクター:平原慎太郎
  • 音楽ディレクター:田中和之
  • 舞台美術デザイナー:種田陽平
  • 舞台美術:冨澤奈美
  • アートディレクター:浜辺明弘
  • ライター:樋口卓治
  • ヘアメイクデザイナー:冨沢ノボル
  • 作曲家:徳澤青弦
  • 作曲家:原摩利彦
  • 作曲家:景井雅之

諸問題[編集]

五輪エンブレム盗作問題[編集]

職員の新型コロナウイルス感染[編集]

  • 2020年4月22日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、同委員会の30代の男性職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。当該職員は軽症につき自宅療養中であるという。組織委は当該職員が勤務していた区域の閉鎖・消毒を実施し、当該職員と接触のあった同僚を自宅待機とする措置を取った[133]

大会運営費のピンハネ問題[編集]

小山田圭吾の起用問題[編集]

2021年7月14日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、開会式閉会式クリエイティブチームメンバーなどを発表[130]。ほどなくして、メンバーのひとりである小山田圭吾の90年代インタビュー記事がTwitterを中心に話題となり、“障害者に対するいじめ自慢をしている人物を五輪開会式の楽曲担当者にふさわしいのか”というような意見が集まった。武藤事務総長は世論を無視して続投を表明したものの、海外メディアが続々と本件について報じ始めた[138]

7月19日、小山田は楽曲担当の辞任を組織委に申し出たことを表明[139]。前述の組織委のリスト記事からも名前が削除された[131]。同夜に武藤事務総長は、小山田の担当部分は開会式オープニングの4分間程度だったと明かし、この楽曲を使用しないと語った[140]

のぶみの辞退問題[編集]

小林賢太郎の解任問題[編集]

公式ライセンス商品を巡る不正疑惑[編集]

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の高橋治之元理事が在任中に大会スポンサーであるAOKIホールディングスとの間でコンサル契約を結んだ上で同社から4500万円超を受け取っていた疑いがあるとして東京地検特捜部が捜査していることが2022年7月に報じられた。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は東京五輪・パラリンピック特別措置法に基づき、理事はみなし公務員と規定されているため、職務に関して金品などを受領した場合は刑法収賄罪に抵触する可能性があるとしている[141]。同月、組織委員会の清算法人に東京地検特捜部が家宅捜索に入った[142]

2022年8月17日、高橋が受託収賄容疑で、青木拡憲前会長らAOKIホールディングスの幹部3名が贈賄容疑で特捜部に逮捕された[143]

さらに、その後の特捜部の調べで、2022年9月には、AOKIと同じオフィシャルサポーターであったKADOKAWAのスポンサー選定にも高橋が関与していた疑いが明らかになり[144]、高橋の高校・大学の後輩にあたる芳原世幸KADOKAWA顧問ら、さらにKADOKAWA会長の角川歴彦も逮捕された[145][146]。KADOKAWAからの賄賂については、高橋の電通時代の後輩である深見和政経営する東京都中央区のコンサルティング会社「コモンズ2名義預金口座を通して、計7600万円が支払われていたとされ、深見も収賄容疑で2022年9月6日に逮捕されている[147]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 任期2年で、2017年に森は3期目に突入[6]
  2. ^ 1964年東京は政治家の津島壽一が辞任し[8][9]安川第五郎、1972札幌は植村甲午郎、1998長野は斎藤英四郎[10]
  3. ^ 過去に2020年大会招致委員会でも、スポンサー集めの専任代理店契約を締結していた[12]
  4. ^ 2019年9月に理事辞任[49]。2021年2月に理事復帰し、会長となる[37]
  5. ^ 2016年9月に理事復帰[37]
  6. ^ 東京都副知事(前任は猪熊純子、その前は山本隆、さらに前は秋山俊行)。
  7. ^ 2021年3月に副会長就任。
  8. ^ a b 他に、理事職ではない副事務総長もいる(#シニアチームを参照)。
  9. ^ 前任は小林耕士[53]
  10. ^ 鈴木大地に代わって理事復帰[37]
  11. ^ 日本名・堀江陽子(ほりえ ようこ)。
  12. ^ 前任は黒川光隆。
  13. ^ 前任は土渕裕。その前は武市敬東京都財務局長。さらに前は長谷川明。
  14. ^ 2015年12月21日、自ら退任[63]
  15. ^ スポーツ・コーディネーション・オフィサー。
  16. ^ 理事から昇格。
  17. ^ 前任は、常務理事だった河野博文。
  18. ^ 前任は宇陀栄次。
  19. ^ a b たかはし みちやす、文部科学省スポーツ・青少年局長
  20. ^ 前任は室伏広治[76][77]
  21. ^ 当初は6部署で[79]、10局体制になり、大会準備運営局が、大会準備運営第一局と大会準備運営第二局に分かれた[30]
  22. ^ 2015年2月時点、チーフ・コンプライアンス・オフィサーも務めていた[30]
  23. ^ 前任は中村英正
  24. ^ 前任は小野日子、前々任は藤澤秀敏
  25. ^ 前任者は、同じく東京2020組織委員会の「マーケティング専任代理店」である電通から出向していた槇英俊[81][82]
  26. ^ 前任は室伏広治
  27. ^ 前任の今井勝典は在職中に死去。
  28. ^ a b 参与で、文化・教育委員会メンバー。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東京2020エンブレム委員会メンバー。
  30. ^ 2016年5月16日付就任。
  31. ^ 前任は、伊吹文明
  32. ^ 前任は、伊達忠一
  33. ^ 前任は、宮田亮平
  34. ^ 多くが、東京2020大会マスコット選考検討会議委員、マスコット審査会メンバーにも就いた[102]
  35. ^ a b 元・文化・教育委員会委員長。
  36. ^ a b c d e f g h マスコット審査会、ユニフォームデザイン選考委員会。
  37. ^ 石井幹子の長女で照明器具デザイナー。
  38. ^ ミライトワとソメイティのデザイナーで、2018年2月28日に選ばれて以降、審査会に参加。
  39. ^ 途中から参加。

出典[編集]

  1. ^ 2020 年東京オリンピック開催における「組織間関係」について −IOC,東京都,JOC,TOCOG の関係性は− (pdf)”. 日本オリンピック・アカデミー (2019年5月9日). 2020年7月26日閲覧。 “2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)”
  2. ^ UNITY UNDERLINED IN EFFORTS TO DELIVER SUCCESSFUL OLYMPIC GAMES”. スイス: 国際オリンピック委員会 (2019年11月1日). 2019年11月11日閲覧。
  3. ^ 都政改革本部の提言に関する報道について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  4. ^ 組織委、57億円返還を検討 都の監督警戒か - 産経ニュース、2016年9月26日
  5. ^ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  6. ^ 東京五輪組織委、森会長が再任 3期目へ - サンケイスポーツ、2017年6月27日
  7. ^ 森氏が組織委員会会長に就任 正式に受諾 - 産経新聞、2014年1月14日
  8. ^ 参議院会議録情報 第043回国会 オリンピック東京大会準備促進特別委員会 第2号
  9. ^ JOC年表 1961 - 1970
  10. ^ 安倍首相と猪瀬都知事 東京五輪大会組織委人事で足並みに乱れ - スポニチ、2013年10月12日
  11. ^ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が マーケティング専任代理店として電通を指名 - 電通、2014年4月17日
  12. ^ 16年五輪招致委の借金 20年委がスポンサー収入で清算 - 東京新聞、2012年2月7日
  13. ^ 天皇陛下が五輪・パラの名誉総裁に パラでの就任は初:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年7月22日). 2021年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月10日閲覧。 “これまで国内で五輪が開かれた際、時の天皇が名誉総裁に就任してきたが、パラリンピックの名誉総裁に就任するのは初めて。”
  14. ^ a b 【経済インサイド】五輪「国内最高位スポンサー」激烈バトル「富士通×NEC」 異例「2社契約」の水面下 - 産経ニュース、2015年3月27日
  15. ^ 武藤・五輪事務総長(1)「オールジャパンで挑む」 - 毎日新聞「経済プレミア」、2015年6月8日
  16. ^ 【ビジネスの裏側】リオ五輪射止めたアシックス、ミズノ、デサントは場外戦で意地、本当の勝負はこれから - 産経ニュース、2016年2月19日
  17. ^ 株式会社みずほフィナンシャルグループ及び株式会社三井住友フィナンシャルグループとの東京2020スポンサーシップ契約について TOKYO 2020(2015年4月14日)
  18. ^ 全日本空輸株式会社及び日本航空株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について TOKYO 2020(2015年6月15日)
  19. ^ 東京五輪のエアラインのオフィシャルパートナーは異例の2社共存 ニュースイッチ(日刊工業新聞 2015年6月16日)
  20. ^ 全国紙は一律15億円! 金集めだけ抜かりがない東京五輪組織委員会の錬金術 週刊新潮 2015年9月17日号
  21. ^ 東京五輪協賛額、12社で1500億円超し最高に - 日本経済新聞、2015年4月14日
  22. ^ a b c We・東京五輪・パラリンピック:組織委員会ってナンだ?/4止 職員の結束が成功の鍵 理念・価値観を共有化 /東京 - 毎日新聞 2016年3月27日 地方版
  23. ^ a b c d e 第13回理事会資料 - Tokyo 2020、2015年6月13日
  24. ^ 15年度は290億円黒字=20年東京五輪組織委 - 時事ドットコム、2016年6月13日
  25. ^ 財務諸表等(正味財産増減計算書内訳表 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで) - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  26. ^ 小池都知事の謀略人事? 「森元総理」側近が叩きつけた辞表 - 週刊新潮 2017年3月23日号
  27. ^ 2016年7月22・29日号 - 週刊ポスト
  28. ^ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式サイトが2つ? 組織委員会と準備局のサイトの違いを都の担当者に聞いてみた - 稲富滋のWebマスター探訪記、2017年12月21日
  29. ^ a b We・東京五輪・パラリンピック:組織委員会ってナンだ?/2 大会運営に「52の使命」 機能や業務、各局が分担 /東京 - 毎日新聞 2016年3月13日 地方版
  30. ^ a b c 編集長インタビュー 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 雑賀真氏 - 三菱UFJリサーチ&コンサルティング シンクタンクレポート 季刊 「政策・経営研究」 2015 vol. 2・3
  31. ^ 理事会の開催結果について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、2015年3月31日
  32. ^ 東京五輪組織委が移転 新オフィス虎ノ門ヒルズで業務開始 - スポニチ、2015年3月23日
  33. ^ 副事務総長に古宮氏 組織委、事務所2カ所増設 - サンスポ、2016年6月13日
  34. ^ 小池都知事の参謀・若狭氏「賃料高すぎる」、五輪組織委事務所の引っ越し示唆 - スポーツ報知、2016年8月16日
  35. ^ a b We・東京五輪・パラリンピック:組織委員会ってナンだ?/1 大会時は職員7000人に 多様な出身母体から結集 /東京 - 毎日新聞 2016年3月6日 地方版
  36. ^ We・東京五輪・パラリンピック:組織委員会ってナンだ?/3 多くの声集め3ビジョン 史上最も革新的な大会に /東京 - 毎日新聞 2016年3月20日 地方版
  37. ^ a b c d e f 20年五輪組織委 王貞治氏の新理事就任を承認 - 日刊スポーツ、2016年9月30日
  38. ^ “五輪組織委まさか延期で退居へ 延長不可で新居探し”. 日刊スポーツ. (2020年4月3日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202004020000572.html 2020年8月28日閲覧。 
  39. ^ “延期の五輪会場、横浜や鹿島スタジアムと交渉難航”. 日刊スポーツ. (2020年6月13日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202006120000847.html 2020年12月28日閲覧。 
  40. ^ 森会長が辞任表明 川淵氏は一転辞退、五輪組織委” (日本語). 日本経済新聞 (2021年2月12日). 2021年2月12日閲覧。
  41. ^ a b 組織委が訂正 森氏は12日時点で辞任 すでに会長、理事から退く - デイリースポーツ、2021年2月18日
  42. ^ 会長就任の橋本聖子氏、記者会見 森氏の後任 - 朝日新聞デジタル 2021年2月18日
  43. ^ 森会長発言 組織委 12日にも有識者から意見求める方針 NHK2021年2月9日
  44. ^ 森喜朗会長、進退議論か 五輪組織委12日にも異例の臨時会合 スポニチ2021.2.9 05:04
  45. ^ 評議員名簿 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  46. ^ 役員等名簿 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  47. ^ a b c d 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、2014年3月17日
  48. ^ NHKニュース
  49. ^ a b c 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 第34回理事会議事録 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年9月25日
  50. ^ https://tokyo2020.org/ja/news/news-20160114-01-ja
  51. ^ a b c d 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 第33回理事会議事録 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年7月30日
  52. ^ 東京五輪、協議会議長に岡崎氏 組織委と団体調整役 日刊スポーツ 2016年4月25日
  53. ^ a b 2018年2月14日付で辞任。【東京五輪】トヨタ紡織の豊田周平会長が理事に 東京五輪組織委員会 - 産経ニュース、2018年3月28日
  54. ^ 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 第25回理事会議事録 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年3月28日
  55. ^ 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 第38回理事会議事録 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2020年11月10日
  56. ^ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会がマーケティング専任代理店として電通を指名 電通、2014年4月17日
  57. ^ 電通15年3月売上高、東京五輪と「妖怪ウォッチ」で増収に 販促会議 、2015年04月10日
  58. ^ 五輪組織委理事に電通元専務 高橋氏、35人目 - JOC、2014年6月5日
  59. ^ a b 定款の変更について
  60. ^ a b c 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事等役員一覧 2016年1月25日
  61. ^ 第16回理事会資料
  62. ^ 組織委の新理事に高橋尚子さんら女性12人 幅広い人選に - ABEMA TIMES、2021年3月3日
  63. ^ トヨタ社長、五輪組織委「突然辞任」のワケ 「愛想尽かし」の見立てに、疑心暗鬼の経済界 - J-CASTニュース、2016年1月10日
  64. ^ a b c 役員等 2016年3月23日時点 アーカイブ
  65. ^ 五輪組織委/常務理事に佐藤元副知事/理事は25人から35人体制へ - 都政新報
  66. ^ 武藤敏郎氏ら清算人4人が選任 東京五輪組織委解散後、未払い可能性のある債権者らの対応行う日刊スポーツ2022年6月27日18時47分
  67. ^ 組織図・名簿 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  68. ^ 第23回理事会資料 2017年11月29日
  69. ^ a b 【東京五輪】五輪スポークスパーソンに小野氏 - 産経ニュース 2015年12月18日
  70. ^ 東京五輪組織委が組織改編、GDOに中村英正氏就任 - 日刊スポーツ、2018年6月11日
  71. ^ a b 「暑さ」「安全」削減だけではダメ/中村英正 - 300人リレーコラム - 日刊スポーツ、2017年8月16日東京本社版掲載
  72. ^ 東京五輪・パラリンピック組織委員会新理事に渡辺IOC委員 - SANSPO.COM、2018年10月23日
  73. ^ 「選手エスコートなど子供参画へ=小中高生が対象-東京五輪」 時事通信2019年03月26日20時00分
  74. ^ 「福嶌氏を外国政府調整役に 要人対応、東京五輪組織委」 サンスポ2019.8.9 17:54
  75. ^ 小谷実可子氏のスポーツディレクター就任について - 東京2020オリンピック競技大会公式サイト、2020年9月30日
  76. ^ スポーツディレクター室伏広治の就任を発表 東京五輪組織委 東京新聞、2014年6月25日
  77. ^ 室伏広治SDの後任に小谷実可子さん…五輪・パラ大会組織委 - 読売新聞オンライン、2020年9月30日
  78. ^ a b c 五輪組織委の広報局長に小林氏 - 朝日新聞デジタル、2017年8月15日
  79. ^ 東京五輪「顧問会議」首相、堤氏ら170人 - 日刊スポーツ、2014年6月5日
  80. ^ 「ワールドマスターズゲームズ2021関西 シンポジウム「みるスポーツからするスポーツへ~オリンピックからつながる、世界最大級の生涯スポーツの祭典~」」 日本経済新聞
  81. ^ 五輪エンブレム 公募前に一部に参加要請 審査との関係調査へ AdverTimes 宣伝会議 編集部 2015年9月28日
  82. ^ 五輪・新エンブレムで体制も新たに 担当局長とCDを出向解除 AdverTimes 販促会議 編集部 2015年10月2日
  83. ^ 「2020東京 組織委の村里国際局長インタビュー 盛岡市出身」 2017/11/08 17:00 岩手日報
  84. ^ 東京五輪組織委が組織改編、GDOに中村英正氏就任 - 日刊スポーツ、2018年6月11日
  85. ^ 山本隆氏を五輪副事務総長に起用へ 都との連携強化 - 日刊スポーツ、2017年11月21日
  86. ^ 「【講演録】国際的大規模イベントのセキュリティ対策公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 警備局長 岩下剛氏2018/9/11 14:0012/11 12:14updated©株式会社新建新聞社」
  87. ^ 2018年度 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 事務局・組織概要 東京2020 第25回理事会資料 2018年3月28日
  88. ^ DIGITAL CONTENT EXPO 2016シンポジウム「オリンピック・パラリンピックにおけるコンテンツ技術の可能性」(後編)~東京2020公認プログラム(経済・テクノロジー)/2016.10.27 日本科学未来館 NTT SPORTS BRAIN SCIENCE PROJECT
  89. ^ a b 森喜朗氏、開かれた体制を強調、スポークスパーソンに小野日子氏など…東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会理事会 CYCLE、2015年12月18日
  90. ^ 「訃報 東京2020組織委員会警備局長の今井勝典氏が死去「オールジャパンの危機管理体制」構築に尽力」 2018/04/18
  91. ^ a b 東京五輪の開閉会式演出、野村萬斎が総合統括に就任 日刊スポーツ、2018年7月30日
  92. ^ https://gtimg.tokyo2020.org/image/upload/production/f3h5zuiqg99ixxepvxb5.pdf
  93. ^ 飯島勲氏の参与就任見送り 20年東京五輪組織委員会 - スポニチ、2015年9月28日
  94. ^ 第4回街づくり・持続可能性委員会議事録 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、2016年7月20日
  95. ^ 顧問会議 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  96. ^ 東京2020アクション&レガシープラン 2016 ~東京2020大会に参画しよう。そして、未来につなげよう。~ 中間報告 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、2016年1月
  97. ^ 第4回アスリート委員会を開催 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  98. ^ a b 平成28年度 事業計画書 2016年3月24日
  99. ^ 文化・教育委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  100. ^ メディア委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  101. ^ ブランドアドバイザリーグループ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  102. ^ マスコット選考検討会議メンバー - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  103. ^ マスコット審査会メンバー 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  104. ^ 大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォームデザイン選考委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  105. ^ 第28回理事会資料
  106. ^ 第33回理事会資料 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  107. ^ 聖火リレー検討委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  108. ^ 街づくり・持続可能性委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  109. ^ 経済・テクノロジー委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  110. ^ 仮設会場整備のアドバイザリー委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  111. ^ テクノロジー諮問委員会 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  112. ^ “東京五輪で野球・ソフト復帰有力 開催都市に競技提案権”. 朝日新聞. (2014年12月9日). オリジナルの2014年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141211112917/http://www.asahi.com/articles/ASGD862CYGD8UTQP029.html 2014年12月15日閲覧。 
  113. ^ “野球・ソフト復活に道=20年東京五輪で追加可能に-IOC臨時総会”. 時事通信. (2014年12月8日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120800845&g=spo 2014年12月15日閲覧。 [リンク切れ]
  114. ^ 東京2020種目追加検討会議を開催”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2015年2月10日). 2019年8月3日閲覧。
  115. ^ 東京2020種目追加検討会議を開催”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2015年4月28日). 2019年8月3日閲覧。
  116. ^ a b 東京2020オリンピック競技大会の追加種目について (PDF)”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2015年10月6日). 2019年8月3日閲覧。
  117. ^ 26団体が東京五輪に応募”. 全日本空手道連盟 (2015年6月12). 2019年8月11日閲覧。
  118. ^ “東京五輪:応募26競技から18連盟落選落胆「なぜ…」”. 毎日新聞. (出典提示者が配信日を未記載). オリジナルの2015年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150623050516/http://mainichi.jp/sports/news/20150623k0000m050089000c.html 2015年6月23日閲覧。 
  119. ^ [1] 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会[リンク切れ]
  120. ^ 2017年12月20日当時は、第24回理事会資料開会式・閉会式について p.32 東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム 名簿(Tokyo 2020、2017年12月20日)を参照。
  121. ^ 第27回理事会資料
  122. ^ 佐々木宏氏、菅野薫氏、リオ五輪閉会式での東京引継ぎ式メンバーに #ブレーン | AdverTimes、2016年1月27日
  123. ^ 佐々木宏・菅野薫・椎名林檎・MIKIKOがタッグを組んだ、リオ五輪・東京パフォーマンス”. AdverTimes(アドタイ) (2016年8月22日). 2016年8月23日閲覧。
  124. ^ 式典責任者が渡辺直美さん侮辱 文春報道、辞意を表明―東京五輪 時事通信、2021年03月18日
  125. ^ 佐々木宏が五輪開閉会式の新たな総合統括に就任 日刊スポーツ、2020年12月23日
  126. ^ 五輪開閉会式演出チーム、これまでも不協和音で迷走…” (日本語). 産経新聞 (2021年3月18日). 2021年3月26日閲覧。
  127. ^ 「このやり方を繰り返す怖さ」五輪開会式前責任者・MIKIKO氏が電通幹部に送った“悲痛メール”” (日本語). 文春オンライン. 週刊文春編集部(週刊文春4月1日号) (2021年3月24日). 2021年3月26日閲覧。
  128. ^ 「森会長はボケてる」女性演出家を排除 黒幕は電通No.2 MIKIKO氏「日本は終わってしまう」” (日本語). 文春オンライン. 週刊文春編集部(週刊文春4月1日号) (2021年3月25日). 2021年3月26日閲覧。
  129. ^ 「民意なき五輪」 発信続けるケラリーノ・サンドロヴィッチさん 毎日新聞
  130. ^ a b 東京2020大会開閉会式4式典共通コンセプトならびに東京2020オリンピック開閉会式コンセプトを発表(2021年7月18日アーカイブ)
  131. ^ a b 東京2020大会開閉会式4式典共通コンセプトならびに東京2020オリンピック開閉会式コンセプトを発表(2021年7月19日アーカイブ)
  132. ^ 五輪パラ開閉会式統括、組織委日置貴之氏が共通コンセプトに込めた思いとは 日刊スポーツ 2021年7月14日
  133. ^ 東京五輪・パラ組織委の30代男性職員がコロナ感染 職場を閉鎖・消毒”. 読売新聞 (2020年4月22日). 2020年4月28日閲覧。
  134. ^ MIKIKO氏辞任理由は/橋本・武藤両氏一問一答 2021年3月18日 日刊スポーツ - ウェブアーカイブウェイバックマシン、2021年8月25日)
  135. ^ 《話題の開会式記事全文を無料公開》森・菅・小池の五輪開会式“口利きリスト” 白鵬、海老蔵、後援者… 2021年7月28日 週刊文春編集部 - ウェブアーカイブ(ウェイバックマシン、2021年8月25日)
  136. ^ JOCはショック! 経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪とカネ」 2021年6月8日 日刊ゲンダイDigital - ウェブアーカイブ(ウェイバックマシン、2021年6月8日)
  137. ^ 「東京五輪の日当は35万円」 国会で暴露された東急エージェンシー、パソナへの“厚遇” 今西憲之 2021年5月30日 AERA.dot - ウェブアーカイブ(ウェイバックマシン、2021年7月31日)
  138. ^ “小山田圭吾さんの「いじめ告白」、海外メディアも報じる。開会式続投を問題視する声も紹介”. ハフポスト日本版 (ハフポスト). (2021年7月18日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60f390b0e4b022142cf917b7 2021年7月20日閲覧。 
  139. ^ corneliusjapanのツイート(1417064399303413762)
  140. ^ 組織委、小山田圭吾さん楽曲「五輪開会式で使用しない」と発表 パラ担当も辞任 - 東京新聞
  141. ^ 五輪組織委元理事、大会スポンサーAOKIから4500万円受領か…東京地検捜査”. 読売新聞 (2022年7月20日). 2022年7月25日閲覧。
  142. ^ 日本放送協会. “五輪組織委元理事の収賄疑い 組織委清算法人などを捜索|NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2022年7月27日閲覧。
  143. ^ “東京五輪組織委元理事を逮捕 スポンサー選定で収賄の疑い 東京地検”. 朝日新聞デジタル. (2022年8月17日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ8K4K51Q7XUTIL01W.html?iref=sptop_7_01 2022年8月17日閲覧。 
  144. ^ KADOKAWAも仲介か 元理事、知人会社7000万円受領―スポンサー選定めぐり・五輪汚職” (日本語). 時事通信 (2022年9月3日). 2022年9月3日閲覧。
  145. ^ 五輪汚職、元理事を再逮捕 KADOKAWA側も2人逮捕日本経済新聞2022年9月6日 10:00
  146. ^ KADOKAWA会長を逮捕 6900万円贈賄容疑、東京地検” (日本語). 共同通信 (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  147. ^ KADOKAWAの五輪スポンサー料2・8億円、高橋容疑者が決定か…知人側への資金提供案も” (日本語). 読売新聞 (2022年9月8日). 2022年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]