植木義晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえき よしはる
植木義晴
生誕 (1952-09-16) 1952年9月16日(66歳)
京都府
国籍 日本の旗 日本
出身校 航空大学校
職業 実業家操縦士
片岡千恵蔵

植木 義晴(うえき よしはる、1952年9月16日[1] - )は、日本の実業家操縦士日本航空株式会社会長

略歴[編集]

京都府出身[2]。父は昭和期の剣戟映画の大スターであった俳優片岡千恵蔵[3]で、千恵蔵が49歳の時に生まれた子である。5人兄弟の4番目[4]。実姉に女優植木千恵がいる。1956年からの3年間、『黒田騒動』(1956)『赤穂浪士 天の巻 地の巻』(1956)『大菩薩峠 第二部』(1958)『大菩薩峠 完結篇』(1959)など子役としての映画出演もあるが[5]、演技でうまく泣けなかった時に、千恵蔵から頬を叩かれたのをきっかけに、俳優を辞めた[6]

慶應義塾大学法学部を1年で中退後、航空大学校に入学。1975年昭和50年)に航空大学校卒業し、操縦士として日本航空に入社[2]1994年平成6年)にDC-10機長となり、以後、17年間を機長として乗務した[4]

2008年(平成20年)6月にはジェイエア代表取締役副社長に就任(出向)[7]。以後、JALの執行役員に就任するまでボンバルディア CRJ200の機長を務める。

2010年(平成22年)に日本航空が経営破綻した後、当時の会長の稲盛和夫の下、同年に執行役員運航本部長に就任[4][2]2012年(平成24年)2月15日の臨時株主総会において取締役に選任され、その後開催された取締役会で代表取締役社長に就任した[1][8]。「情の植木」と呼ばれて求心力があり、敵を作らない親分肌の人柄が評価されての起用だった[4]

日本航空では初となる「機長出身の社長」である[4]。「パイロットの資格を持つ航空会社の社長」としては、他にスカイマーク西久保愼一の例があるが「定期便の機長出身の社長」という意味では、国内大手航空会社で初めての例となる。(定期便の機長出身の社長としては他に日本トランスオーシャン航空の社長を務めた巌祥夫の例がある[9] [10]

2018年1月24日4月1日をもって代表取締役社⻑執⾏役員から代表取締役会⻑に異動する人事が発表された[11]。2018年4月1日付けで常務執⾏役員整備本部⻑およびJALエンジニアリング代表取締役社⻑の赤坂祐二が新社長に就任し、現取締役会⻑の大⻄賢は会⻑を退任して取締役となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 当社次期経営体制について (PDF) (日本航空株式会社2012年1月17日付プレスリリース、2012年1月18日閲覧)
  2. ^ a b c “日航次期社長に植木氏 大西氏は会長、グループ戦略課題に”. 日本経済新聞. (2012年1月17日). http://www.nikkei.com/news/jinji/article/g=96958A9C93819696E3E5E29F9B8DE3E5E2E3E0E2E3E08698E2E2E2E2 2012年1月18日閲覧。 
  3. ^ “日航新社長、父はあの大スター片岡千恵蔵”. 読売新聞. (2012年1月18日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120118-OYT1T00153.htm 2012年1月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 「初のパイロット出身社長が誕生 『JALの春』は続くか」『AERA』2012年1月30日号、pp.17-18
  5. ^ 植木義晴 - 日本映画データベース
  6. ^ 「小さな大物302 植木義晴」『文藝春秋』2012年8月号
  7. ^ 役員一覧 植木 義晴”. 2018年1月28日閲覧。
  8. ^ “日航、新体制スタート 中期経営計画も発表”. 共同通信. (2012年2月15日). http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021501001503.html 2012年2月17日閲覧。 
  9. ^ 黒木亮 (2017年1月29日). “島のエアライン/10”. 2017年2月18日閲覧。
  10. ^ Pilotが作る隔月誌 PILOT (PDF)”. 日本航空機操縦士協会. 2017年12月29日閲覧。
  11. ^ “本年4月1日以降の社長の交代等について” (プレスリリース), 日本航空, http://press.jal.co.jp/ja/release/201801/004586.html 2018年1月28日閲覧。 

外部リンク[編集]