原邦造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原 邦造(はら くにぞう、1883年6月19日[1] - 1958年3月30日)は、日本経営者

経歴[編集]

兵庫県朝来郡山口村(現在の朝来市)出身[1]1907年京都帝国大学法科経済学部を卒業し、同年に満鉄に入社[1]

第百銀行頭取、愛国生命社長を経て、1930年に愛国生命会長に就任した[1]。その一方で、帝都高速度交通営団総裁、三井銀行取締役、東洋高圧工業取締役、三井生命取締役、東京ガス取締役、王子製紙取締役などを歴任した[1]1949年に室町物産会長に就任し、1954年三井物産相談役に就任した[1]1953年9月に日本航空会長に就任した[2]日本銀行政策委員も務めた[1]

1958年3月30日心筋梗塞のために死去[3]。74歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 人事興信所 1957, は72頁.
  2. ^ 1953年 9月24日 読売新聞 夕刊 p1
  3. ^ 1958年 3月31日 読売新聞 夕刊 p5

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第16版 下』人事興信所、1957年。