航空大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
航空大学校
Civil Aviation College
帯広分校で使用されているビーチクラフトA36
帯広分校で使用されているビーチクラフトA36
大学校設置 1954年
大学校種別 省庁大学校
設置者 独立行政法人航空大学校
本校所在地 宮崎県宮崎市大字赤江字飛江田652-2
キャンパス 宮崎(宮崎県宮崎市)
帯広(北海道帯広市
仙台(宮城県岩沼市
研修課程 宮崎学科課程
帯広フライト課程
宮崎フライト課程
仙台フライト課程
ウェブサイト 航空大学校公式サイト

航空大学校(こうくうだいがっこう、Civil Aviation College)は、固定翼機パイロットを養成する教育訓練機関である。略称は『航空大[1]または『航大』。

第二次世界大戦後の日本では民間航空が禁止されていたが、1954年に再開された後も民間パイロットの養成が途絶えていたため人材は外国に頼っていた。このため国主導で日本人パイロットを養成すべく1954年に運輸省付属機関として設立された。2001年4月1日に独立行政法人化され、国土交通省所管の独立行政法人となった。当初は宮崎本校のみであったが、志願者の増加と共に、フライト課程を宮崎のみで行うことが困難になったため、仙台分校と帯広分校を設置し、訓練を分散化させた。全寮制で全てのキャンパスに学生寮が整備されている。

無料ではないが民間のパイロットスクールや大学の操縦専攻課程と比較すれば、格段に安価[2]なことに加え、募集人数が72名程度と少ないこと、学力試験や航空身体検査が厳しいこともあり、入学試験の倍率は高い。特に安全面への配慮から、1度身体検査で不合格になった受験者は、生涯の受験資格を失う。

入学・費用[編集]

受験資格は、短期大学高等専門学校専修学校専門課程の卒業者(見込み含む)か、4年制大学に2年以上在学し規定の単位を修得した者である。全寮制であるため大学生は中退・休学するか通信課程に転籍する必要がある。外国籍の者であっても所定の手続きを取れば入校可能。

省庁大学校ではあるが気象大学校防衛大学校などとは違い、在校中の身分は国家公務員ではないため給与は支給されず、授業料などとして200万円前後の授業料と諸経費が必要となる。またアルバイトは禁止されている。

他の省庁大学校とは違い、精密な身体検査が必要なため、1次試験が7月、2次試験(身体検査)が9月、2次試験(脳波検査)が11月、3次試験(面接)が1月、入学が6月と変則的なスケジュールである。入校時の航空身体検査は航空医学研究センターが受託している[3]

カリキュラム[編集]

練習機による操縦訓練の他、パイロットに必要な航空力学や気象に関する座学も行う。なお航空特殊無線技士航空無線通信士無線従事者免許証が取得出来なけれな2年生に進級できないが、取得については個人で行う必要がある。学位は取得できない。

在学中は先輩後輩の2名が同室となる。全寮制ではあるが在校生用の駐車場があり自家用車の所有が可能であり、外出も許可されるなど自由度が高い[4]

取得できるのは固定翼機の事業用操縦士(陸上ピストンの単発と多発)と計器飛行証明である。タービン機水上機回転翼機は機材が無いため取得できない。なお1989年から2001年までは ヒューズ 269Cによる訓練が行われていた。

進路[編集]

卒業後の進路は、民間航空会社のパイロット(一部の機種は転換訓練が必要となる)、官公庁(自衛隊・海上保安庁以外)が運用する航空機のパイロットとしての就職が主流である。ただし資格を取得し卒業できても就職は確約されておらず、就職活動が必要である。

設立当初は民間航空会社の養成システムが不十分だったため、エアラインパイロットとしての採用が多かったが、日本航空全日本空輸などの大手は初等訓練から自社で養成できる体制を整えてから自前の人材を優先しているため、現在の就職先は地方路線をメインとする中小が主流である。

機材[編集]

機材の整備は整備課で行っている。

現行[編集]

初等訓練用。
中等訓練用。

過去[編集]

初等訓練用。
初等訓練用。
中等訓練用。
中等訓練用。
回転翼機。

沿革[編集]

  • 1954年 - 運輸省(現・国土交通省)の付属機関として宮崎県宮崎市に設置・開校(宮崎空港に隣接)
  • 1958年 - 専修科を廃止
  • 1968年 - 入学資格者を高等学校卒に引き下げ
  • 1969年 - 仙台分校を開校(仙台空港に隣接)
  • 1972年 - 帯広分校を開校(帯広空港に隣接)
  • 1978年 - 回転翼操縦士の飛行訓練を開始
  • 1987年 - 入学資格者を大学2年修了(同等)以上に引き上げ
  • 2001年 - 独立行政法人に移行

課程[編集]

宮崎学科課程
5ヶ月、航空力学や英語など、航空機の操縦に必要な知識について学ぶ。
帯広フライト課程
6ヶ月、英語や計器飛行などの学科のほか、初等訓練機を使ってフライト訓練を行う。
操縦演習時間77時間。
宮崎フライト課程
6ヶ月、英語などの学科のほか、初等訓練機を使ってフライト訓練を行う。
操縦演習時間78時間、計器飛行演習20時間。
仙台フライト課程
7ヶ月、航空管制などの学科のほか、中等訓練機を使ってフライト訓練を行う。
操縦演習時間65時間、計器飛行演習25時間。

著名な関係者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]