西松遙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西松遥から転送)
Jump to navigation Jump to search
にしまつ はるか
西松遙
生誕 (1948-01-05) 1948年1月5日(70歳)
静岡県浜松市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学経済学部
職業 実業家

西松 遙(にしまつ はるか、1948年1月5日 - )は日本航空の元代表取締役社長

経歴[編集]

静岡県浜松市出身。静岡県立浜松北高等学校東京大学経済学部卒業後、1972年日本航空株式会社入社。資金部部長執行役員取締役などを歴任し、2006年株式会社日本航空事業持株会社)と日本航空インターナショナル社長CEOに就任した。

2005年から、運航・整備面に関わるヒューマンエラーが続発する不祥事により引責辞任となった新町敏行の後任として、歴代の中では異例とされた財務部門出身の役員である西松に白羽の矢が立てられた。

就任当初の2006年から収益の低迷による赤字決算予想や、社債の満期償還をめぐる資金の調達懸念といった問題により、経営再建と信用回復が急務であった。同年の株主総会翌日に前触れを出さずに突如公募増資を発表したり、2007年にはJALUXJALカードなどの子会社株式の大半を第三者に売却を打ち出すなど、形振り構わずの資本増強策を行いV字回復を果たした。しかし、2008年以降、原油高や世界金融不況の発生などに起因する赤字決算を余儀なくされる。
2009年に発足した鳩山内閣の意向により、債務超過状態にある日本航空日本航空インターナショナルジャルキャピタル2010年1月19日会社更生法を申請。西松は代表権のある役職から同日退任した。

就任中の年収は960万円であり、同社パイロットの平均年収1954万円の約半分で、また部長級の年収より低く、東証1部上場企業の社長では最低レベルと言われている。専用車も廃止し、スケジュール上無理がある時や来客時以外は基本的に東京隣県の自宅から品川駅を経て天王洲アイルJALビルまで都営バスで通勤し、社員食堂での昼食も貫いている。

2008年の世界金融危機の際には、CNNが当時社長であった西松の出勤風景や社内での行動などを取材。それを放送したところ、アメリカの自動車メーカービッグスリーの経営者達の豪奢な生活ぶりに対する批判が集中していた折でもあったため、彼の質素な生活ぶりがアメリカ国民の反響を呼んでいるとのことである[1]

しかし、同社の経営が傾き、日本航空インターナショナル・ジャルキャピタルが会社更生法の適用を申請した1月19日に社長を引責辞任した。その後、2月1日に財団法人「日航財団」(現 公益財団法人JAL財団)の理事長に就任した。報酬は無報酬としている。

略歴[編集]

役員兼任[編集]

  • 日本航空インターナショナル
    • 取締役会議長
    • 安全対策本部長
    • CS強化推進会議長
    • 企業風土改革推進委員長
    • CSR委員長
    • 地球環境委員長
    • コンプライアンス・リスク管理委員長
  • 日本航空
    • 取締役会議長

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
新町敏行
日本航空(持株会社)社長
第3代: 2006年 - 2010年
次代:
大西賢