植村甲午郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえむら こうごろう
植村 甲午郎 
Kōgorō Uemura.jpg
経団連会長時代の植村甲午郎
生誕1894年3月12日
東京府東京市
死没 (1978-08-01) 1978年8月1日(84歳没)
東京都
出身校東京帝国大学法学部政治学科
職業実業家財界人日本航空会長、フジテレビ会長、ニッポン放送社長、会長、経団連会長

植村 甲午郎(うえむら こうごろう、1894年明治27年)3月12日[注釈 1] - 1978年昭和53年)8月1日[1])は、昭和初期から後期(1920年代 - 1970年代)の財界人官僚札幌オリンピック組織委員会会長。

経済団体連合会(現:日本経済団体連合会)創設に加わり事務局長となるも、公職追放となる。解除後、第3代経済団体連合会(経団連)会長(1968年(昭和43年) - 1974年(昭和49年) )。

来歴・人物[編集]

東京府東京市植村澄三郎の長男として生まれる[2]。父の仕事の関係で、幼少期を札幌で過ごす[3]札幌区創成尋常小学校[4]慶應義塾幼稚舎[5]東京府立一中[6]第一高等学校[7]を経て1918年(大正7年) 東京帝国大学法学部政治学科を卒業[8]

農商務省に入省[9]大臣秘書官[10]資源局調査課長[11]を務めた後、企画院調査部長[12]となり、国家総動員法策定の指揮を執る[12]1940年(昭和15年) 企画院次長[13]

1941年(昭和16年) には九州の石炭王・松本健次郎に請われて、「石炭統制会」の理事長となる(松本が会長)[14]。戦後も松本の引きにより、1945年(昭和20年) 経団連の前身である「日本経済連合委員会」の副委員長[15]兼事務局長となり、1946年(昭和21年) に経団連が発足すると引き続き事務局長に就任した[16]。翌1947年(昭和22年) に公職追放[17]

1951年(昭和26年) 追放が解除されると経団連に復帰し、相談役を経て副会長に就任する[17]1955年(昭和30年) には植村が中心となって「経済再建懇談会」を立ち上げ、これまでの個々の企業による献金から、戦前から岸信介(一高、東大時代の後輩)ら商工省企画院人脈との深い繋がりから、経済界財界から政界自由民主党への今に至る画期的な献金システム、俗にいう奉加帳方式を整備した。また、フジテレビジョン社長、会長、ニッポン放送社長・会長、財団法人日本科学技術振興財団会長、日本航空会長等も務めた。

株式会社フジテレビジョン創設に関わり代表取締役会長、株式会社ニッポン放送の社長や会長を務めたことから、鹿内信隆との関係が深く、信隆の長男・鹿内春雄が彼の秘書を務めていたことがある。

1960年(昭和35年) 、足立正日本商工会議所会頭)らと発起人となり社団法人日韓経済協会を設立。自ら初代会長に就任する。

1968年、石坂泰三の後を継いで経団連会長に就任[1]すると、副会長を5人から7人に増員し、集団指導体制の下で調整力を発揮しながら、石油ショック日米繊維交渉など内外の経済問題に対処していった。業界内・間の調整にその威力を発揮したが、この頃の環境や公害問題への対処に植村の限界があったとも云われている。1974年には会長を土光敏夫に引継ぎ、名誉会長となる。1978年8月1日死去[1]享年84。

その他[編集]

幼少期、慶應幼稚舎→普通部コースでは遊んでしまうのではと親戚や父の知人が心配し、父も賛成したので、府立一中という当時の官立エリートコースへ道を変えることとなる[18]。入学後は、幼稚舎時代の気風を引き摺っていたのか勉学に身が入らなかったが、中学四年次にさすがに将来展望に焦りを感じ、級友らの助けを借り勉学に邁進することとなる[19]。以後、一高受験するも失敗、一年間浪人した[20]。当時、一高入学試験では論作文が出題され思うように書けず、山の手・お坊っちゃん育ちの薄弱な人生経験不足を痛感した。その時に得た教訓として「何事も付け焼刃ではモノにはならない」ということであった[21]と、のちに「私の履歴書」の連載において語っている。

松本清張小説・「深層海流」が植村をモデルにしている。

1968年より1974年頃まで、財団法人サンケイスカラシップ第2代会長として海外留学生公募に携わる。初代会長は吉田茂、第3代は鹿内信隆。

栄典[編集]

家族[編集]

系譜[編集]

  • 植村氏
 
           石坂泰三━石坂泰夫
                 ┃
     中村是公━━━━秀   ┃
             ┃   ┃
             ┣━━章子
             ┃
           ┏富井周
    富井政章━━━┫
           ┗淑
            ┃  ┏植村泰忠
            ┣━━┫
            ┃  ┗和子
         植村甲午郎  ┃
                ┃
   渋沢栄一━━渋沢正雄━━渋沢正一

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際には2月12日生まれ(『私の履歴書』28頁)だが、戸籍上は3月12日生まれ(『こころ、祈り、歌、わが人生』35頁)。
  2. ^ 『官報』の同頁に8月11日付で「故正四位 植村甲午郎 特旨を以て位2級追陞せらる」ともある。 

出典[編集]

  1. ^ a b c 『札幌人名事典』62頁
  2. ^ 『私の履歴書』28頁
  3. ^ 『私の履歴書』28-34頁
  4. ^ 『私の履歴書』33頁
  5. ^ 『私の履歴書』34‐39頁
  6. ^ 『私の履歴書』39‐44頁
  7. ^ 『私の履歴書』44-50頁
  8. ^ 『私の履歴書』50-53頁
  9. ^ 『私の履歴書』53頁
  10. ^ 『私の履歴書』64-69頁
  11. ^ 『私の履歴書』78頁
  12. ^ a b 『私の履歴書』84頁
  13. ^ 『私の履歴書』89頁
  14. ^ 『私の履歴書』92-93頁
  15. ^ 『私の履歴書』104頁
  16. ^ 『私の履歴書』103頁
  17. ^ a b 『私の履歴書』105頁
  18. ^ 『私の履歴書』39頁
  19. ^ 『私の履歴書』40‐43頁
  20. ^ 『私の履歴書』43頁
  21. ^ 『私の履歴書』43-44頁
  22. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日1頁3段目16行目、32頁1段目28行目
  23. ^ 『官報』第11513号14頁「叙位・叙勲」1965年4月30日
  24. ^ 『官報』第13607号13頁「叙位・叙勲」1972年5月4日
  25. ^ 『官報』第15476号13頁「叙位・叙勲」1978年8月15日
  26. ^ 『札幌人名事典』63頁
  27. ^ 植村甲午郞『人事興信録』第8版

参考文献[編集]

  • 日本経済新聞社 編『私の履歴書 第32集』日本経済新聞社、1968年
  • 植村甲午郎伝記編集室 編『人間・植村甲午郎 - 戦後経済発展の軌跡』株式会社サンケイ出版、1979年
  • 奥田良三『こころ、祈り、歌、わが人生』芸術現代社、1989年
  • 札幌市教育委員会 編『札幌人名事典』さっぽろ文庫66、札幌市、1993年

外部リンク[編集]

先代:
石川一郎
日本科学技術連盟会長
第2代: 1970年 - 1977年
次代:
土光敏夫