古賀伸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こが のぶあき
古賀 伸明
生誕 1952年 (61–62歳)
日本の旗 日本 福岡県
出身校 宮崎大学工学部卒業
職業 連合会長
テンプレートを表示

古賀 伸明(こが のぶあき、1952年(昭和27年) - )は、日本労働運動家日本労働組合総連合会会長。福岡県出身。宮崎大学工学部卒業。

経歴[編集]

1975年、松下電器産業に入社。松下電器産業労働組合産業中部支部分会執行委員、中部支部執行委員を経て中部支部書記長。

1986年7月、中央執行委員、書記長、副中央執行委員長を経て1996年7月、中央執行委員長。

2000年7月、全松下労働組合連合会(全松下労連)会長。

2005年、日本労働組合総連合会(連合)事務局長。

2009年、6代目連合会長。

人物[編集]

  • 座右の銘は「フェスティナレンテ(ゆっくりと、しかし、確実に)」。
  • 一貫して民主党を支持しており、2009年には政権交代の原動力にもなった。
  • 選択的夫婦別姓制度に賛同する。民法改正運動を行っているmネットの呼びかけ人でもある[1]
  • 「賃上げすれば必ず消費は上向く」という思想のもと、労働者の賃上げを主張する。[2]
  • 2013年3月7日の定例記者会見で、「安倍政権の要請に応える」という理由でボーナスを積み増している企業が増えている事について、この賃上げが「政権への親和性が強い企業の動きだ」と述べ[3]、連合側には喜ぶ気配がないと報道された[4]
  • 2013年8月23日、消費増税について「粛々とやるべきだ」と述べ、予定通り税率を2014年4月に8%、15年10月には10%にそれぞれ引き上げるべきだとの認識を示した[5]

脚注[編集]

  1. ^ mネット
  2. ^ 「賃金復元で消費は上向く」 古賀連合会長
  3. ^ (日本語) 「政権要請」の賃上げ、評価避ける 連合・古賀会長”. 朝日新聞 (2013年3月7日). 2013年8月24日閲覧。
  4. ^ (日本語) 連合会長、賃上げになぜか評価避ける 「わけわかんない」と疑問相次ぐ”. J-CASTニュース (2013年3月8日). 2013年8月24日閲覧。
  5. ^ (日本語) 消費増税「粛々とやるべきだ」=1%ずつ上げる案は反対-連合会長”. 時事通信 (2013年8月23日). 2013年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

その他の役職
先代:
高木剛
日本労働組合総連合会長
第6代:2009 -
次代:
(現職)